ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


K1(戦車)


ヨミ: ケーイチ
掲示板をミル!
103カキコ!

 K1とは、韓国陸軍が運用している戦車である。ここでは改造であるK1A1も扱う。世代としては第2.5~3世代に当たる。


概要「韓国国産兵器の実力」野木恵一 軍事研究2008年4月号


一時期「88戦車」とも呼ばれていたが、1988年に開催されたソウルオリンピックに絡めたもので、別に1988年に制式化されたわけではない。

韓国独自の戦車構想は1970年代に始まり、1980年アメリカクライスラー・ディフェンス社(クライスラー社は1982年に防衛事業を切り離してジェネラルダイナミックス社に売却、ジェネラルダイナミックス・ランドシステムズとなった)と開発契約を結んだ。試作XK1は1983年アメリカ完成してテストを受け、1984年中に生産開始の決定を受けて量産1号1985年完成している。韓国では専用工場を新設して生産を行った。

M1 エイブラムスを設計した会社による設計なので外見は似ているが、全体の寸法はM1より一回り小さくなっており、戦闘重量はM155.7tに対して51.1tとなっている。

装甲防御については推測するしかないが、体との正面には複合装甲が用いられているものの、側面は中装甲であるとも言われている。アメリカ側がM1と同準の複合装甲を提供したかどうかも不明。

は在来ディーゼルエンジンで、ドイツMTU社の1200エンジンが使用されている。油気圧式懸架装置(ハイドニューティック・サスペンション)も使用されており、片側転輪6つのうち前2つと一番後ろの合計3輪がハイドニューティック、中央3輪が在来のトーションバースプリング方式になっている。これによって体を前後に傾斜させられる。左右傾斜には対応していない。

M1と同じ口径105mmのM68A1ライフルを搭載している。北朝鮮T-62T-55といった古い世代の戦車であり、有効射程、貫いずれにおいてもT-62115mmを上回ると判断された。

1996年に試作1号完成したK1A1では120mm滑腔の採用に踏み切った。戦闘重量は53.2tに増大している。エンジンは外の設計ではあるものの、K1A1自体の開発は基本的に韓国内で行われたはずである。


開発までの経緯


ベトナム戦争半ばの1969年に発表された「ニクソン・ドクトリン」は、それまでアメリカが直接米軍兵して同盟の防衛を行っていたものを軍事技術や情報、資面での支援のみに切り替え、同盟自身に自防衛を担わせアメリカの負担を軽減するという宣言だった。これを受けて在米軍1971年までに約2万人が引き上げられ、代わりに韓国軍韓国の防衛を一挙に担う事となった。また、このような状況は同時にそれまで米軍から貸与・供与された兵器ばかりだった韓国に独自の兵器開発の必要性をめる事となった。これに合わせて政府1975年土防衛に必要な財を確保することを的とした「防衛税」を新設し、軍戦増強計画である「事業」がスタート、各種産武器・兵器の研究開発がスタートした。

K1戦車もこのような経緯から開始された。
1970年代初頭、当時劣悪であった韓国軍して、北朝鮮は既に独自の戦車生産を備えただけではなく、T-55T-62などの戦後第1世代戦車1600台以上保有していると見積もられていた。朝鮮戦争において北朝鮮軍T-34/85に「戦車ショック」と呼ばれるほどの恐怖と衝撃を与えられていた韓国軍は、この状況を打開するためすぐさま新戦車関連事業をスタートさせた。


開発の開始と苦悩


1976年12月韓国防部内に新戦車開発を担当する戦車事業事業団が設置された。しかし、当時の韓国戦車の開発はおろか、ライセンス生産すらしたことがなく、新戦車の独自開発など夢のまた夢であった。

戦車開発が遅延することを予測した韓国軍北朝鮮機甲戦への暫定的な対応策として、既存のM48105mmライフル、新FCS、ディーゼルエンジンなどを装備す性良事業を計画。これはM48A3K及びA5Kとして実行・配備される事となる。このM48良事業は、防部戦車事業管理団が管理し、科学研究所の支援の下、現代精工(現 現代ロテム)が導した。この良事業自体は新戦車と直接的な関連はかったものの、新戦車の生産に必要な技術の蓄積という大きな役割を果たした。

また、このM48良事業と並行してアメリカ政府M60戦車の供与及びライセンス生産の要請がなされたが、北朝鮮現実的な脅威が低い」という理由で拒否されてしまった。アメリカライセンス生産を拒否された韓国は、ドイツから技術援助を受けて開発を進めようと考えていた丁度その頃、ドイツ連邦軍で西側初の戦後第3世代であるレオパルト2の開発・配備されることとなった。韓国としてもレオパルト2は非常に魅的であったが、NATO以外への輸出が可なのか不透明な状況であったため、「もうレオパルト1のでも開発・生産してお茶を濁そうや…」という半ば諦めムードの中、韓国戦車の開発路線は決定した。

ドイツとの契約締結直前、これに驚いたアメリカが突如として新戦車名乗りを上げ韓国の防衛は私たちが責任を負う(ドヤァと言い放ち、「ROKIT(Republic Of Korea Indigenous Tank=韓国次期戦車)」を提案した。結果的に、M60の輸出を拒否された事が巡り巡って新戦車開発に繋がった訳である。まさに塞翁がそして
これがいわゆる韓国軍釣り伝説の1つである。


実際のところどうよ


いろいろ問題ありげ。にK1A1。

とまぁこんな有様である。なお、いろいろこき下ろしてはいるが元々のK1は機動性を重視した戦車として攻守のバランスも悪くはない、当時の韓国陸軍を支えた重要な戦である。

問題は、体のキャパシティ視した改造と後継の開発遅延による陳腐化であるといっていい。北朝鮮と隣接しているのだから、アジアパワーバランスのためにもXK-2の開発も含めもうちょっと防に気を使ってもらいたいものである。


関連動画



■sm21221920[ニコ動]


関連コミュニティ


■co1088


関連項目



最終更新日: 18/02/25 19:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ