ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


KAIKO


ヨミ: カイコ
掲示板をミル!
70カキコ!

KAIKOとは、KAITOのパラメータ(GEN値)などを変化させて女声化し、それに伴って女装女体化など、ビジュアル面での表現もあわせて行われた状況のKAITO亜種VOCALOIDす。  


概要



総説


KAIKOの名称がはじめて用いられたのは以下の動画

■sm1745986[ニコ動]


ただし、音として使われたのは当時KAITO質的に似ているといわれた槙原敬之のピッチ変更であり、KAITOではない。

KAIKOについてはうp主視聴者によって見解が異なり、一意的な設定は存在しない。
KAITO女装している
KAITO女体化している
KAITOとは別の女性亜種キャラKAITOなど)
そのため、KAIKOの性別(女装した男性なのか、女性なのか)については、しばしば論議を呼ぶことがある。

また、KAITO女声化=KAIKOとする意見もあるが、中島みゆきユーミンなど、女性ボーカリストカバーなどではクオリティの高い女声化が行われていてもKAIKOと呼ばれる事は少なく、高音KAITOタグが付いている。

IGASIO氏が調声を担当し、氏が「らぶデス」の3Dエンジンを用いてアイドルマスター如月千早ゴシックプリンセス)のコスチュームを着せた3D映像を付けたチームfndsによる動画のKAIKOが、最初に広まったKAIKO像となっている。
また、mmdを中心としてKAITOベースにした着用のKAIKOも大幅に勢を拡大している。中にはこちらのイメージが定着している人もいるだろう。→始音カイコ


概要補足


別の観点からの説明を試みる。
KAIKOには二種類の捉え方がある。

第一は、ソフトウェアKAITO」とれから出された音信号が表現するキャラクターKAITO並びにKAIKOを「KAITO」と同一視するものである。

もう一方は「KAITO」を単なるプラットフォームと看倣して、「KAITO」≠KAITO,KAIKOと認識するものであり、当然の事としてKAITO及びKAIKOは、KAITO≠KAIKOの別人物とされる。


男声ソプラノと女声との差異についての資料


■sm5085975[ニコ動]


関連動画(In Order of Appearance)



系統Ⅰ(キャラクター性の追求)


■sm1971131[ニコ動]
■sm2402925[ニコ動]
■sm2843612[ニコ動]

 


系統Ⅱ(技術的観点からの参照を要とすべきもの)


■sm3885934[ニコ動]
■sm3948684[ニコ動]
■sm4332153[ニコ動]
■sm4273819[ニコ動]
■sm5217247[ニコ動]
■sm5468966[ニコ動]

 


「KAIKOの本気」タグより抜粋


■nm4733604[ニコ動]
 ■sm6786927[ニコ動]
 ■sm3672933[ニコ動]
  ■sm5992297[ニコ動]
■nm3406047[ニコ動]

 


関連タグ



関連商品


■azB000FCUTZY
■yscosmetamo_cmg-voca007


関連項目



最終更新日: 13/06/23 02:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ