ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Kanoso


ヨミ: カノソ
掲示板をミル!
25カキコ!

Kanosoとは、同人サークルいつものところ」が制作したkanon二次創作ゲームであり、現在フリーゲーム
続編としてKanoso64があり、こちらも現在フリーゲームになっている。


概要


kanonを丸ごと一本分、隅から隅までパロディ化したADV
大まかな話の流れ全体は元のゲームであるkanonと同じように進行していくのだが
ヒロインの性格が原形を良く残しつつも跡形もなく崩壊している上
泣きゲー要素に代わり「最強めて相手と全死合う」という要素があり所々残酷なシーンがある。
(ただし、残虐描写はほぼテキスト上のみであり、絵として表示される場合も作グロくはない。)
極めつけには、選択肢を間違えるとバラエティ豊かな理由で即死するセーブからやり直し可)
さらに、全編に渡って幅広い範囲のパロディが散りばめられているという壮絶な作品である。
絵柄はどこか「ゆっくりしていってね!!!」を彷彿とさせる間延びした絵柄だが
ギャルゲーとして正しい流れになった際、極稀に物凄くかわいく見えるから恐ろしい。

この作品でのトンデモ設定は、他のkanon同人に影を与えたと言われており
特に水瀬秋子(みずせ アークデーモン)の「地上最強の生物」設定は各所で見かける…らしい(要出典)。
また、kanosoオリジナルキャラジョニー・ザ・ぱっくんはMELTYBLOODにもストライカーとして登場している。

一見すると本家kanonを原きまでに大崩壊させたギャグ版なのであるが、恐ろしいことにパロディ部分を除いた上でkanon本編較してみると、各キャラこれはひどいとしか言いようがない心情描写や、一見するとストーリー編と思われる部分などが「kanon本編に対する一つの解釈」として十分成り立っている部分があり、実は崩壊ではなくKanonの持つ意を露にしたともとれる。
そして、この物語ヒロインに起因する余りにも価値観と非常識日常をネ右一が受け入れていく
過程であり「ありのままの相手をありのままに受け入れること」について深く考えさせられる物語でもあるため
泣きゲーである本家をただ単に崩壊ギャグ作品化さただけとは言いきれない一面もある。
いつごろからだろう。
このデタラメ世界観に慣れたのは…。
な設定が当たり前に思えてきたのは…。


登場人物


基本的にkanonと同じ名前だが微妙読み主人公のみ字面)が異なる
紹介に際し、kanonと同じ部分は原則として省略する(書かれていないだけの場合もあるので注意)
一応、kanoso及びkanonネタバレ注意


次へ»
最終更新日: 16/07/03 14:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ