ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


King & Prince


ヨミ: キングアンドプリンス
掲示板をミル!
7カキコ!

近眼のPrince 

King & Princeとは、ジャニーズ事務所所属の日本男性アイドルグループである。

メンバーMr.KING平野耀、永瀬廉、海人

     「Prince優太宮寺勇太。の計6名。初代リーダー優太

後述するがの活動休止に伴い、2018年11月より5人体制での活動になる。

グループ名にはついていないものの、KING」の3名には「Mr.」が付随し「Mr.KINGと呼ばれる。

略称は「キンプリ(ジャニー喜多氏非推奨?最近の子が何でも略したがるのが気に入らないとのこと)

アニメ作品『KING OF PRISM』の略称も「キンプリ」であるため検索急上昇ワードなどで、どちらかの「キンプリ」が上位になった時にはしばしば混同する双方のファンが出現する。

ファンの呼び名はにより『ティアラ』と命名されたが、どこか女性ファン限定のニュアンスがあった。そのことを受け2018年9月19日放送の日本テレビPON!』内にて青木アナウンサー(男性ジャニオタ)が名付け親のめて男性ファンの呼称を尋ねたところ。(オス)ティアラ」との回答が返ってきた。(永瀬「ホンマにええの?」) 

ちなみにファンの呼称の補には民』『シンデレラなどがあった。男性ファンの呼称に関してはクラウン(ジャニーズの物まねをな持ちネタにするお笑い芸人ジャガーズ・ジャガーともひろ氏のツイートより)」などの提案もあった。

ちなみに2019年現在グループ恋愛禁止。(仕事を円滑に進めるため、とのこと)


メンバー 


※個別記事が作成されるか未定なので軽く特徴にも触れておきます。


平野紫耀(Mr.KING)


1997年1月29日生まれ愛知県出身のO型メンバーカラー真紅(深紅、とも表記される)耀読み「しょう」 好きな食べ物はおぬれおかき2012年2月入所。尊敬する先輩山下智久

顔のパーツが濃く、精悍な顔立ちが特徴のイケメン。①生まれたて生まれつきの太い眉毛。②生まれたて生まれつきのハスキーボイス。③生まれたて生まれつきの筋肉質の体。と身体的な特徴の濃さにおいてメンバーの中では抜きん出ている。現在グループの立ち位置としてはセンターポジションに近い扱われ方をされているが、他の若手ジャニーズセンターポジションメンバーがどちらかといえば線が細く童顔系統が多いので彼らとべるとその濃さ・精悍さはやや異な雰囲気を放つ。

元々は「BOYS AND MEN」の初期メンバーであったが2011年グループを脱退後、2012年ジャニーズ事務所に入所。 初めに活動の拠点として所属したのは「関西ジャニーズjr.」であった。

関西では「Kin Kanというグループを組み、同じく当時関西ジャニーズjr.であった永瀬廉グループ「なにわ皇子」と共に「なにきん」という称で親しまれ、今でも数多くのファンが存在する。

関西時代の代表的な活躍はやはりBSフジ現在も放送中の「まいど!ジャー二ィ~」での天然爆弾ぶりである。彼の天然ぶりに関してはきちんと書いていくと永遠に編集が終わらないので、どこか(決してどことは言わないが)でまとめられた動画もあると思うので気になったら視聴してほしい。少なくともこの文章の導入に記した「生まれたて」の由来がわかるはずだ。

彼の天然キャラクタージャニーズjr.時代でも数々の伝説語録が作られる程、立つものでありファンの間ではおなじみのものになっていた。King & Princeとしてデビュー後にはそれが世間に「見つかった」形になり、バラエティーでは必ずクローズアップされ、その度に収録スタジオ混乱の場と誘っている。

2014年からは東京に活動の拠点を移し、2015年以降「Mr.KING」名義のグループで活動

2018年デビュー決定後、くも映画honey」「ういらぶ。」開やTBS系列の大ヒット連続ドラマ花より男子」の後継作に当たる「花のち晴れ」のと破格の推されっぷりではあるが、ほとんどのタレントに下積み時代があるように、彼にも面下のジュニア時代から積み上げた経験と成し遂げた功績というものがあり、故に現在の活躍につながっているところは覚えておいて欲しいところでもある。

ちなみにジャニーズjr.時代には太眉、濃い顔の特徴からSexy Zone佐藤勝利貌が似ているとファンからは言われていた。そして現在ジャニーズjr.界「美 少年」(旧・東京B少年 / Sexy美少年)というグループの浮所飛くんが平野耀に似ていると言われている。 無限ループっていいよね

『ダンシング・ラブ 』  とは

雑誌『Myojo2013年9月号にて、平野(当時・Kin Kan )はダンシングラブという19行の小説を発表している。ダンススクールに通う「ボク」の一人称で構成されており、その内容は「ボク」と素っ気ない態度の「ダンスパートナー女性」との恋愛小説になっている。どちらも名前は作中では明かされていない。

終盤のダンス大会における「ステージの幕が開くまでの緊と開いた間の高揚」をパフォーマーからの視点で捉えており、それらの感情を恋愛の文脈に絡めている。

最後の一文はこれから始まるであろう (小説は幕が開き、ダンスが始まる間で終わっている) 二人のダンス恋愛を重ねて想像させるような余韻を残すもので、『ダンシングラブ』というタイトルを何気に上手く回収している。

な後書き含め、未読の平野においては必読であろう。(だって推しが書いた恋愛小説って絶対読みたいですよね?)

デビュー後の主なメディア出演

映画
ドラマ
バラエティー

永瀬廉 (Mr.KING)


1999年1月23日生まれ東京都出身のO型メンバーカラー漆黒2011年4月入所。

称は「れんれん」

東京都の出身であるが入所後は関西ジャニーズjr.として活動。関西では「Aぇ少年」・「なにわ皇子」などのユニットを組み、同じく関西ジャニーズjr.として活動していた平野含め、「なにきん」という称で人気を博す。

本人も言うように(!?)シンプルに顔の造りが良く、癖のない万人に受ける顔立ちをしている。高須クリニック院長・高須弥氏の審美眼によると永瀬メンバー1のイケメンであるとのこと。

King」以降の彼は、天然平野キャラクターに合わせ、「しっかり者・ツッコミ役」のポジションになり、King & Prince全体においては進行役を任せられる事すらあるが、グループキャラクターバランス上相対的にそうなっているだけであり、正直彼も大概(天然)である。少なくとも素知らぬ顔で平野を(天然な)平野耀ちゃん呼んで余裕こいている場合ではない。永瀬の廉ちゃんよ。

しかし、進行において各メンバーコメントめる際にはそれまでのノリを引き継いで悪戯にメンバーをそのままからかったりせず、優しくフォローするような態度も多く見られる。

知名度の上昇に例して、先輩ジャニーズや、芸人さん、ベテラン人が不在の、King & Princeが導する場が今後増える、というのはもはや自明の理であろう。そこで、どのように空気を調整するのか、どう場をいかに後味良く締められるか、はまさしく進行役の永瀬の双肩に掛かっていると言っても過言ではない。そうなると今までの彼の進行やバラエティーでの立ち振舞いを観察していくと、「進行役に永瀬」というのは先述した相対的な面もあるのだが、本当はまさしく「適材適所」なのである。

ちなみに、共に関西ジャニーズjr.であった平野関西弁を抑えているのに対し、彼は関西弁全開である。少々気の強い彼の性格と少し高めので発される関西弁ミスマッチはとても可らしい。東京に進出しても関西弁で喋ることをやめないように進言したのはジャニーズWEST神山智洋であったとのこと。

人見知り、とのことだが仲の良いジャニーズには先輩後輩問わず、ボディタッチが非常に多くなるらしく、そのせいで信長のシェフシリーズなどで共演したKis-My-Ft2玉森裕太から「廉ってゲイなの?」真剣に質問されたエピソードを披露したことがある。ただ一番の被害者(?)はジャニーズWESTの小望とも。

2017年Sexy Zone中島健人の勧めにより明治学院大学に進学。このとき中島健人から方程式にはお前がいる」と言われ、それが永瀬の心にいたようだ。正直「は?」であるが…

デビュー後の主なメディア出演

映画
ドラマ
ラジオ

髙橋海人 (Mr.KING)


1999年4月3日生まれ東京都出身のO型メンバーカラーひまわりイエロー2013年6月入所。

イエローの前にひまわりと付くので想像できるかもしれないが、ほんわかした雰囲気が特徴のキャラである。そしてとにかくエキゾチック

称は「たかいと」「かい」

2013年9月11日放送の「ザ少年楽部」の「気になる2020」というコーナーに登場した彼(当時14歳)は、その第1で客席と、進行の河合郁人・戸塚祥太(共にA.B.C-Z)の度肝を抜くことになる。

「えっと…海人でぇす…」

当然ながら文字だと何も伝えられないが、変声期前の彼のは甘えたような喋り方と相まって、ハニーボイス」だの「エンジェルボイスだのと放送後、視聴者から絶賛されることになる。

変声期後はやや低くなったものの、標準とべるとやはり高く、あどけなさが残る喋り方は変わっていない。端正な顔立ちとのギャップは彼の性の武器となっている。

幼稚園の頃からダンスを始めており、全大会優勝経験も持つ。ダンススキルの高さはパフォーマンスでも遺憾なく発揮されているが、大きな話題となったパフォーマンス2017年2月8日の「ザ少年楽部」で披露された「Remedyであろう。「Remedy」はNEWS増田久のソロ。そのカバーを披露したわけだが、歌ダンス・表情の作り、など控えめに言って「璧」なそのパフォーマンスの放送後の(ジャニオタ内で)大きな反を呼ぶことになった。


次へ»
最終更新日: 19/09/18 13:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ