ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


KTM


ヨミ: ケーティーエム
掲示板をミル!
10カキコ!

KTMとは、

  1. 日本の鉄道模型メーカーカツミ。
  2. オーストリアオートバイメーカー、KTM。

ここでは2.について説明する。


概要


READY
TO
RACE


KTMはオーストリアマッティヒホーフェン[外部]に本社を持つオートバイメーカーである。

スウェーデンバイクメーカーハスバーナ(フサベル)を下に収め、世界12カに販売子会社を置くヨーロッパ1位バイクメーカーである。2014年に売上高でBMWを追い越してヨーロッパ1位に躍り出て、その座を堅持している。

社名の由来は2種類ある。Tは創業者のTrunkenpolz頭文字Mは本社があるMattighofen頭文字Kは、Kraftfahrzeug(「自動車」という意味のドイツ語)の頭文字でもあり、Kronreif(創業19年に現れた投資)の頭文字でもある。詳しくは、『KTM社史』の項を参照。

日本法人の正式名称は、KTMをドイツ語読みした「カ・テ・エム」である。

に乗り込んで違法行為バリバリPVゲリラ撮影するという極めてロックな一面もあったりする。
 


製品


明るいオレンジ黒色をまじえた体がトレードマーク

土路面向けのオフロードが得意中の得意分野で、ダカールラリーアフリカ大陸や南米大陸を横断する過酷なラリー[外部])で多くの勝利を挙げた軽量・ハイパワーのエンデューロマシンが代表的。

舗装路面向けのオンロードは他社にべてやや控えめだが、2003年からはVツインエンジンの製造を始め、製品ラインナップにもオンロードスポーツネイキッドのDUKEシリーズや、同社初の本格スーパースポーツ1190RC84スト1195cc)などが加わった。

さらには2008年には24禁の四輪スポーツカー「X-Bow(クロスボウ)」を発売している。こちら[外部]がX-Bowの公式サイト画像検索すると[外部]、奇抜なデザインに飛び込んでくる。
 


企業構造


2014年12月31日の時点で、ステファン・ピエラ率いるCross Industriesという企業がKTMの51.18を保有し、インドオートバイメーカーであるバジャージオートが47.99を保有している。

KTMとバジャージオートは持ちつ持たれつの関係にあり、KTMが技術を提供し、バジャージオートが巨大なインド市場の販売網と資提供している、といった間柄になっている。


KTMの企業は、ハスバーナ(スウェーデンオートバイメーカー)、WPサスペンション(サスペンション製造)、パンクル(エンジン部品製造。F1チームエンジン部品を供給する優秀企業)、キスデザインなど。

BMWからハスバーナを買収したのが2013年で、その影もあってKTMグループ2014年に売上高の面でBMWを追い越してヨーロッパ一位オートバイメーカーになった。

KTMのオートバイデザインを一手に引き受けているのが、ゲラルド・キスカ社長[外部]率いるキスデザインというオーストリア企業である。バイクだけではなく店舗や展示会やカタログデザインも考案して、KTMブランドのかっこよさを世にアピールしている。
 


レース活動


KTMはオートバイ製造を始めた1950年代前半からモータースポーツへ積極的に参加している。

特に、オフロードを使った競技の成績がよく、ダカールラリーアフリカ大陸や南大陸を横断する過酷なラリー)は2001年から圧巻の18連覇を成し遂げている。

モトクロス世界選手権においても好成績を収めており、1974年にKTM使用ライダーが初めてチャンピオンを獲得したのを皮切りに、年間チャンピオンを多数輩出している。

舗装した路面を走るロードレース2000年代に入って挑戦を始めた。2003年から2009年までMotoGP125ccクラスに参戦し、13勝を挙げている。2005年から2008年まではMotoGP250ccクラスにも手を広げ、4年で9勝を挙げている。

2008年リーマン・ショックの影MotoGPから一時的に撤退したが、2012年からMotoGPMoto3クラスに復帰し、2012年2013年2016年に年間王者を輩出した。2017年からはMoto2クラスMotoGPクラスにも参戦するようになった。

こうしたレース活動において、レッドブルメインスポンサーを務めるのが恒例となっている。レッドブルはKTMと同じオーストリア企業なので、KTMに優しい。
 


KTM社史


1934年、マッティヒホーフェンで創業 修理の仕事を続ける

1934年、オーストリア西部オーバーエスタライヒマッティヒホーフェン[外部]にて、ハンストゥルケンポルツという25歳の男が店を開いた。店の仕事の内容は、鍵の取付と自動車修理だった。

鍵の取付と自動車修理仕事をこなしつつ、1937年からDKW[外部]バイクを販売するようになり、1938年からはオペル自動車を販売するようになった。

この当時の店の名前は「Kraftfahrzeug Trunkenpolz Mattighofen」だった。Kraftfahrzeugは「自動車」という意味のドイツ語Trunkenpolzは創業者の名字Mattighofenは店があるの名前である。

1938年にドイツオーストリアを併合し、1939年ドイツポーランドへ侵攻、1940年にドイツフランス攻略、1941年にドイツソ連宣戦布告する。このように第二次世界大戦が始まっていくのだが、その最中の「Kraftfahrzeug Trunkenpolz Mattighofen」はディーゼルエンジン修理仕事も請け負うようになった。ハンストゥルケンポルツのさんが、ドイツ軍からその仕事を受けてきたのである。
 

1953年にオートバイを量産しはじめ、KTMを名乗り始める

1945年戦争が終わると、当然ながら、軍隊向けのディーゼルエンジン修理仕事は急減してしまった。自動車修理&販売店に戻ったのだが、ハンストゥルケンポルツは自分でオートバイを製造して販売しようと考え、1951年R100という名のオートバイ完成させた。エンジンロータックス社[外部]のものを購入して取り付けていたが、それ以外は自分で設計して作っていた。

1953年R100の量産体制が完成した。量産と言っても、いままで自動車修理工場だったところに従業員を20人ほど集めて1日3台ずつ作るというものである。

オートバイに付けるブランド名は短いものであるべきだと考え、1953年から「Kraftfahrzeug Trunkenpolz Mattighofen」の頭文字をとってKTMというブランド名を名乗るようになった。

その様子を見たエルンスト・クロンライフという実業が、「社の事業を支援したい。社のを私に売ってくれ」と申し出てきたので、それを承諾した。1953年にクロンライフは大になり、社名を「Kronreif & Trunkenpolz Mattighofen」にめた。Kronreifとはもちろん、大のクロンライフのことである。

KTMのKという文字には2通りの由来があり、1934年から1953年まで使われたKraftfahrzeug自動車)という意味と、1953年以降に使われたKronreif(大となったクロンライフ)という意味がある。

ちなみに、KTMの企業色を明るいオレンジにすることを決めたのは、エルンスト・クロンライフである。※このページ[外部]が資料
 

モータースポーツに参加する

1953年がKTMのオートバイ製造元年とされているが、そのころからモータースポーツへ積極的に参加していた。

1954年9月には、フランスパリオーストリアウィーンを結んだを走る公道レースを開催している。距離1300km、高速道路なんてものはなく、田舎の粗末なしかない。その時代はパリウィーン間をArlberg-Expressという急行列車が走っていたが、列車速度で24時間かかっていた。KTMのライダーたちはパリを出発してして走り続け、22時間でウィーンに辿り着いた。「列車よりも速いバイクを作っています」という宣伝となり、バイクの販売がさらに伸びた。※この記事[外部]が資料

創業者のハンストゥルケンポルツの息子であるエリッヒ・トゥルケンポルツも直々にオートバイレースに参加している。エリッヒは1962年に会社を継いでKTMの社長になっている。

モトクロス(起伏のある土の路面をオフロードジャンプしながら走る競技)では素晴らしい実績を残した。1974年モトクロス世界選手権250ccクラスでKTMを使用するライダーが初めてチャンピオンを獲得したのを皮切りに、250ccクラスで強の座を占め続けた。このページ[外部]を見ると、1974年以降にKTM使用ライダーが急増している様子がよく分かる。
 

1991年に倒産、投資家ステファン・ピエラの手によって再建される

モータースポーツ勝利して商品性アピールし販売拡大、販売拡大した利益でさらにモータースポーツへ傾倒する、という好循環を続けてきたが、1980年代にその循環が上手くいかなくなってしまう。

お金がかかるモータースポーツの参戦を広げすぎて出費がかさんだこと、1980年代終盤にスクーターモペッドの売れ行きが落ち込んだこと、1989年社長のエリッヒ・トゥルケンポルツが急逝したこと、などが重なり合い、1990年代初頭には経営が悪化、1991年倒産してしまう。

そこに現れたのが、投資ステファン・ピエラだった。1992年にKTMを引き継いだピエラは、会社を4分割した。オートバイ部門と、自転車部門と、ラジエーター(エンジン冷却装置)部門と、ツーリング(工具)部門である。KTMのラジエーター製造は評価が高く、ドイツ自動車産業向けに着実な売り上げを誇っていた。このため、すぐに買い手が見つかり、イタリア企業が買い取っていった。また、自転車部門もすぐに買い手が見つかった。ラジエーター部門や自転車部門を売り飛ばして得たお金で、オートバイ部門を再建することになった。

さらにはレース部門をエンデューロに絞り、レース関連の出費を抑えることにした。

こうしたリストラをしている内に、当時のヨーロッパではスーパーモタードブームが巻き起こっていた。このブームに乗ることでオートバイ部門の業績が回復し、見事に経営再建を果たしたのである。
 


関連動画



■sm4479810[ニコ動]

■sm46385[ニコ動]
■sm4366428[ニコ動]


関連商品


■az4883932842
■azB001D39P3Q


関連コミュニティ


■co17969


次へ»
最終更新日: 19/05/14 19:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ