ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


LORD OF THE TACHYON GALAXY


ヨミ: ロードオブザタキオンギャラクシー
掲示板をミル!
5カキコ!

LORD OF THE TACHYON GALAXYとは、遊戯王OCGカードパックである。略号は「LTGY」。


概要には まだ 早い!


2013年2月16日発売。第8期第4弾のパックで、パッケージを飾る「No.107 銀河眼の時空竜」をはじめとするアニメZEXAL序盤で登場したカードや、OCGオリジナルカードを収録する。
キャッチコピーは「かなる時をさかのぼり、銀河より甦れ!顕現せよ!No.107、銀河眼の時!!」。


驚くのは まだ 早い!(CM)


内容もいろいろとインパクトのあるものだったが、特にCMネタが有名。ミザエル役の大河元気カイト役の内山昂輝の2人がナレーションを担当しており、ミザエルカイトデュエルしているような演出なのだが……。

ミザエル「これが、バリアンだ!」
カイト「何?ランクアップマジックだと!?

ミザエル「驚くのは まだ い!」

ミザエル「顕現せよ、ナンバーズ107ギャラクシーアイズタキオンドラゴン!」
カイト&ミザエル「さあ、デュエル!」
ミザエル遊戯王ゼアルオフシャルカードゲーム ロードオブ・ザ・タキオンギャラクシー2月16日、発売発売日以降は「発売中」に差し替え
カイト&ミザエルルールを守って楽しくデュエル!」

文字に起こすと案外普通だが、実際に見てみると独特のリズムが笑いを誘う。かっこいいんだけどね。特にミザエルの「驚くのはまだい」の部分は、文節ごとに区切るような読み方がに残ったのか、本編とは関係ないにもかかわらず、ミザエルネタとしてよく知られるようになってしまった。
ほかにも「さあ、デュエル!」や「ルールを守って楽しくデュエル!」など、CM放送時点の本編では敵対関係にあったはずの2人が息のあった会話を繰り広げる姿など、やはり全体的に(いい意味で)おかしい。

最初のミザエルの言う「バリアン」とは、後のカイトの反応からするとランクアップマジックRUM)なのだろうが、それから後にNo.107が現れている。本来ならばRUMによってNo.107はCNo.107へとランクアップするはずなので、このあたりも突っ込みどころ。ミザエル外の人物が使用したCNo.CXを見せた後に、自分のナンバーズを出したということか(実際のシーンでは「CNo.105 BK 彗星のカエストス」が登場している)。
一応「RUM-七皇の剣」ならばつじつまは合うが、このころは影も形もなかった。

No.107がパッケージを飾る以上、その使用者たるミザエル(役の声優)がナレーションを担当することになり、さらにこのパックの(公式の)玉であるRUMの宣伝もこなさなければならない。しかしミザエルはまだランクアップしたモンスターを本格的に披露しておらず(2013年11月まで待たねばならず、OCG登場は翌年まで持ち越し)、これを使ってRUMを宣伝することは不可能となると、このように理やり詰め込んだ形にせざるを得なかったのだろう。

さらに、パックのCMを担当した2人のうち、カイトの使用カードは1枚たりとも収録されていない。アニメでの設定を重視した結果だが、本来関係ないパックのCMを担当するというしいものになった。


何にせよ一番インパクトがあったのは「驚くのは まだ い!」。
それ自体はありふれたセリフであるため、遊戯王シリーズでも同じような言い回しをする場面はいくつかあり、本放送時は大して気にも留められていなかったアニメ5D'sゴーストが発したセリフなどが、再放送時になってネタにされるようになるなど、いろいろと影を与えている。


驚くのは まだ 早い!(魔導・征竜)


CMでいろいろとネタを残していったパックであったが、肝心の収録内容もすごい

なんといっても「魔導書の神判」と四征竜が登場したのが大きい。これらによって【魔導デッキと【征竜デッキ環境を二分する事態になり、2013年9月1日には「魔導書審判」が禁止定を受けた。さらに翌年2月1日には征竜で使用された「七星の宝」が制限、四征竜そのものも準制限定を受け、わずか1年で収録カードが6枚も規制になるという異常事態になった。

このうち、「七星の宝」は征竜本体の規制強化などに伴って、最終的に2014年7月1日で制限解除、一方の征竜2014年4月1日に制限カードへと規制強化された。その後も征竜は関連カードをいくつも規制に巻き込み続け、最終的に2015年4月1日に4枚まとめて禁止定を受けることとなった。
そのため、現在このパックに収録されている内、5枚ものカードが禁止定を受けている。一般パックからこれほどの禁止カードを出すのは異例(ただし、最高ではない。再録を除いた一般パックにおける最高は「Magic Ruler -魔法の支配者-」の6枚。しかし、禁止カードが多いのは初期のパックに偏っており、近年のパックでこの数は相当多い)。

ちなみに、いわゆる子征竜(下級征竜)は、初出がスペシャルプレゼントキャンペーンであり、2度に分けて行われたうちの第1弾はこのパックの発売と連動していた(子征竜は2種ずつ分けて登場)。この子征竜も「魔導書の神判」と同時に4種まとめて禁止定を受けており、同期カードが3枚も禁止になるという近年まれに見る事態になった。こちらは征竜本体の禁止定と同時に化したため、制限カードになった。


それ以外にもハーピィ久々に強化されたり、BKモンスターナンバーズ以外軒並み低リアリティで収録され、財布に優しいテーマになったり、幻獣機が初登場したり……などなど、いろいろなカードが登場している。


驚くのは まだ 早い!(英語版)


英語版2013年5月17日発売。日本語版にない独自のカードが追加されて合計100種になっている。
日本では別に登場した子征竜4種もまとめてこのパックに入れられたほか、日本では書籍やゲーム付録であり、海外での登場機会がなかったいくつかのカードがこのパックに収録されている。

海外新規カードとしては、あんまりなネット上でネタにされてしまった「水精鱗サルアビス」や、世界大会で征竜対策にあるプレイヤーが使用したために話題となった「機動要トリケライナー」などが有名どころか。
日本では、これらのカードは「EXTRA PACK -SWORD OF KNIGHTS-」(2013年5月18日発売)で登場している。形式上は海外新規だが、1日後には日本語版が出回ってしまったため、大して変わらない。


動画を見るのは まだ 早い!



■sm20033385[ニコ動]


商品を買うのは まだ 早い!


■azB009SYTPM8

英語版を使うのは もう 遅い!
現在は一部ルールを除き日本では使用不可)


関連項目をたどるのは まだ 早い!



外部リンクへ向かうのは まだ 早い!



最終更新日: 17/05/09 01:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ