ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


LOVEマシーン


ヨミ: ラブマシーン
掲示板をミル!
22カキコ!

LOVEマシーンとは、

  1. Love Machine…アメリカプロレスラー、アート・バーニックネームエディ・ゲレロとのタッグメキシコで活躍したが、1994年28歳の若さで急逝した。
  2. LOVEマシンスーパーファミコンソフトメタルマックス2」に登場する特殊なアイテム。12種類のチップの組み合わせによって様々な効果を発揮する。
  3. LOVEマシーン…1999年9月9日リリースされたモーニング娘。の楽曲である。本項で記述。
  4. ラブマシーン映画サマーウォーズ」に登場するAIプログラム
  5. ヨーヨートリックの一つ。→2A(ヨーヨー)

概要


LOVEマシーン
モーニング娘。 - シングル
A面 LOVEマシーン
C/W 21世紀
リリース 1999年9月9日
ジャンル J-POP
時間 15分23
レーベル zetima
作詞作曲 つんく
プロデュース つんく♂
モーニング娘。シングル年表
ふるさと LOVEマシーン 恋のダンスサイト
1999年 1999年 2000年

モーニング娘。としては7枚シングルであり、後藤真希にとってはデビュー曲でもある。また石黒彩が参加した最後のシングル曲である。
前作「ふるさと」までのまったりした曲調とは打って変わったディスコサウンドで注を集め、累計売上1,646,630枚を記録し、モーニング娘。最大のヒット曲となった。(モーニング娘。CD売上データ集[外部]より)
現在でも忘年会の余で歌われることが多い伝説迷曲である。

しかも作詞作曲からPV制作、およびCDリリースまで約1ヶという、ひょっとしたらギネス記録で認定されてもおかしくなかったスピードで作られたというエピソード付。どおりで変なMADが多いわけだ
これほどの短期間で曲が出来上がったのにはちゃんと理由がある。
実はこの曲、つんくシャ乱Qの曲として作ったのだが、歌詞のひどさにメンバーから猛反対されてボツにした曲を修した、いわばリサイクル品なのである。
ちなみに元々は「まんじゅう」(あるいは「おっぱい」)という、巨乳テーマにした曲だった。歌詞の所々に元曲の名残が残ってる・・・のかもしれない。

この曲の大ヒットによって、それまで洋楽ディスコソング空耳カバーで知られていたダンス☆マンの名が編曲者として世に知られるようになり、
さらにつんく♂ダンス☆マンタッグによって、ディスコサウンドに乗せたアイドルポップという新地、もしくはひとつの王道パターン確立された。

ちなみに、この曲は1970~80年代ディスコサウンドパロディー戦略が取り入れられており、全体的なメロディーラインKing Kong&D.Jungle girlsの「恋のブンブンダラー」、イントロ・間奏部分はジャクソンシスターズの「I believe in miracles」のテイスト引用され取り入れられている。モーニング娘。を支持する世代の若者はこれらの原曲を知らずに素直に評価し、それより上から支持層の親世代はこれを聴いて「ニヤリ」とする、それでいてパクリと言われない程度に作者自身のオリジナリティもしっかりと織り込んで作る。この狙いが当たったこともモーニング娘。最大のヒットに繋がった要因の一つに数えることができると言えよう。

後にモーニング娘。'14時代のメンバーによるリメイク版「LOVEマシーン(updated)」が制作され、『The Best!~Updated モーニング娘。~』に収録された。現在の現役メンバーはこちらのバージョンで歌っている。編曲は「恋愛ハンター」等を手がけた平田祥一郎が担当。

カップリング曲「21世紀」は従来通りの最初期モーニング娘。テイストの曲。メンバー8人がそれぞれの将来の夢をラストが印的ななかなかの名曲なのだが、21世紀になって10年以上経ってしまった今では恐らくコンサートで披露されることはないだろう。


「ラブマの法則」


初代リーダー中澤裕子卒業を発表したあたりからネット上で言われ始め、2002年の、いわゆるハローマゲドンと呼ばれた大革にて、後藤真希保田圭卒業が発表されたあたりから広く知られるようになった、都市伝説の一種。
発売当時のメンバー8人の、このCDジャケットでの並び順が、
上列左から 飯田圭織、保田、中澤石黒彩
下列左から 矢口真里安倍なつみ後藤沙耶
であり、

と、右上から順に。を卒業していったことに由来している。メンバーでも認知していた者がいたようだが、不思議とあの順番で辞めていくという旨の発言もあり、かが意図してなぞらえたわけではないらしい。
2005年4月、ゴシップ記事をきっかけとして矢口が脱退したことで、法則完結した。

ちなみに、2007年に結成10周年記念で発売されたシングル全集にて、2007年当時のメンバー再現されたジャケット写真の並び順はというと、
上列左から 道重さゆみ新垣里沙リンリンジュンジュン亀井絵里
下列左から 田中れいな久住小春光井愛佳高橋愛
となっている。
こちらの卒業順はというと、久住→亀井ジュンジュンリンリン(3人同時)→高橋新垣井(2人同時)→田中重 となっており、かつての法則は憶測の域を出ていない。しかし、そんな噂をも全区で広めたのが、。第一次黄金期の勢いの徴であり、テキストサイトを中心としたファンの熱意と探心の徴とも言えるだろう。


収録曲


  1. LOVEマシーン
    作詞作曲つんく 編曲ダンス☆マン
  2. 21世紀
    作詞作曲つんく 編曲鈴木俊介 ストリングアレンジ村山達哉)
  3. LOVEマシーン(Instrumental)

関連動画



■sm13520319[ニコ動]

■sm3506260[ニコ動]
■sm4704372[ニコ動]
■sm14423278[ニコ動]
■sm18968094[ニコ動]
■sm3907741[ニコ動]
■sm22940856[ニコ動]

すてきなカバー?版

■sm8352624[ニコ動]
■sm20725991[ニコ動]


関連商品


■azB00005G3R9
■azB00EC8CPRC
■azB002J931S8
■azB00PG3UMZ4


関連項目



最終更新日: 17/02/19 06:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ