ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


LRT


ヨミ: エルアールティー
掲示板をミル!
9カキコ!

LRTとは、

  1. 軽量軌交通(機関Light Rail Transitライトレール)のこと。
  2. マレーシアシンガポールで走っている、ゴムタイヤ式自動案内軌条式の交通システムLight Rail Transit”または”Light Rapid Transit”の略。
  3. リトアニア営放送の英語名(Lithuanian Radio and Television)の略。

ここでは1.について説明する。


概要


1980年代初頭、アメリカヨーロッパで登場した次世代路面電車システム。「LRT」という言葉はアメリカ連邦交通省都市大量輸送局(U.S. Urban Mass Transit Administration 略してUMTA)で名付けられた。日本においても1980年代初頭に、従来の路面電車からデザインや性を一新させた「軽快電車」を登場させ、さらに環境負荷の削減、道路交通を補する共交通として、国土交通省が導入を支援している。

また、実際のモデル車両として、鉄道総合研究所の「Hi-tram」や川崎重工業の「SWIMO」などがあり、札幌市電などで長期実実験に供されていた。

長所として

  1. 道路線とは分離された専用レーンを走ることで、自動車渋滞に巻き込まれにくい。
  2. 地下鉄よりも安く敷設できる。工期も短い。
  3. バスよりも一度に多くの人を運べる。
  4. 低床式電車を路上交通として直接導入することで、乗り降りが簡便になる。停場へのアクセスについても、階段や昇降機器をほとんど必要とせず、純バリアフリーにもつながる。
  5. 直接排ガスを出さず、環境にやさしい。

などがある。一方、短所や課題は

  1. 車両が高価。
  2. 専用線路が必要なため、必然的に既存の自動車線が減少する。都市部への自交通の絶対流入量もコントロールする必要がある。
  3. 保安上、有人運転は必須となる(運転士が安全確認、道路交通法に即した運転、適正な運賃収受、客への接遇、サービスまで兼務させるのは、いささか酷とも言える)。
  4. 併用軌区間における運賃収受(これは既存の路面電車、乗合バスが抱える問題でもある)。近郊電車であれば改札口を設け、そこに人員や各種機器を設け厳格に運賃収受すればよいが、長編成で郊外からやってきたLRTが中心に入った途端に「降は前から(=先頭からに限定させる)」などといった制限を設けると、いわゆる「運賃ほ脱」はなくなるが、定時運転が困難になる。「信用乗方式」(IC乗車カードが普及すれば、内はもちろん停留所に無人駅SuicaICOCAリーダのようなものを配置する方式。広島電鉄は採用の方針)などの別方式が民性に合致するかも考慮、実する必要がある。

などがある。

日本では、富山市を走る「富山ライトレール」が代表的で、における本格的なLRT導入第一号と称されている。その他、各地にある既存路線の延伸、結節構想(札幌市電など)、また宇都宮市宇都宮ライトレール)などでも導入が検討されている。


関連動画



■sm6138013[ニコ動]

■1255072203[ニコ動]


関連商品


■az4533071996
■az4381018168
■az4306085155


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 20/07/14 01:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ