ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


M-1グランプリ


ヨミ: エムワングランプリ
掲示板をミル!
224カキコ!

M-1グランプリとは、2001年2010年2015年〜、吉本興業朝日放送催で開催されている新人漫才師発掘コンテスト、またはそれを生放送するテレビ朝日系テレビ番組


概要


2001年スタート島田紳助が発起人となって始まった、若手漫才師の日本一を決めるコンテストである。
紳助は「単純におもろいを決めるコンテストがしたい」と発言した一方、「なかなか芽の出ない若手漫才師に、芸人を諦めるきっかけを作るために始めた」とも発言しており、漫才で立身出世したという紳助の恩返しの意味と、若手芸人に対する才の見極めを測る場としてM-1を創設したようである。
後輩松本人志ダウンタウン)に審員をテレビ番組内で依頼したのがきっかけでこの構想が明らかになり、後援としてカー用品小売の大手チェーンオートバックスが付いたことによって実現した。

毎年頃から予選が始まり、12月末に決勝進出者が生放送の大舞台しのぎを削る。
また、準決勝敗退者にも「敗者復活」が用意されている。
決勝進出者と敗者復活の合計9組のうち、師匠格の審員が持ち点(100点満点)から点数を点け、合計点数の上位3組が最終決戦に進出。
最終決戦では3組のうち一番面白いと思ったグループ投票し、最も票を集めたグループが王者となる。

この大会はお笑いファンや一般視聴者のみならずお笑い関係者やテレビ業界人も注しており、王者になったとたんに出演依頼の電話が鳴りとまで言われている。
まさに日本最大の新人漫才師発掘コンテスト」「若手漫才師の登竜門である。

「M-1グランプリ」の成功は競合他局にも刺を与え、関西テレビでは若手芸人のピン芸日本一を決める「R-1ぐらんぷり」、TBSでは若手芸人のコント日本一を決める「キングオブコント」、フジテレビではM-1グランプリの休止期間を埋めする形で復活した「THE MANZAI」、日本テレビでは女性芸人日本一を決める「女芸人No.1決定戦 THE W」をそれぞれ開催するようになった。
お笑いレース史にも大きなを与えたコンテストである。


歴史



第1期(2001年~2010年)


出場資格コンビグループ結成10年以内であること。
たとえ別のコンビピン芸人として長いキャリアがある芸人であっても新しいコンビを組めば出場できるため、ベテラン芸人同士が即コンビを作って出場するなどしい組み合わせが見られることもある。

優勝1000万円という破格の額。
また、M-1王者には1年間「オートバックス」のCMキャラクターとして起用されることも確約されていた。

当時起こったお笑いブームから注が集まり、特に第6回(2006年大会)以降は、それ以前とべて視聴率が飛躍的に向上している。
関東地区でも均視聴率が20前後、関西地区では脅威の30という「年末の風物詩として定着した。

しかし、「漫才を全に広め、若い才を発掘する標を達成できた」として2010年の第10回大会をもって一度終了。島田紳助は「漫才若者が増え、漫才レベルも上がった。ほんの少し漫才に恩返しできた」と、この大会の意義を述べている。


休止期間中(2011年~2014年)


2011年からは、漫才日本一決定戦はフジテレビ系の「THE MANZAI」が、また朝日放送制作コンクール番組としては世界一の諸芸決定戦「芸」が、それぞれ後継イベントとして企画・放送された。


第2期(2015年〜)


2015年7月30日朝日放送からM-1グランプリの復活が発表され、5年ぶりのM-1グランプリが同年12月6日に開催された。
休止期間が4年間あったことを考慮し、出場資格が「プロアマ・所属事務所を問わず2人以上で、結成が2000年1月1日以降であり15年以内のグループ」にめられた。

また、大会スポンサーオートバックスに変わって、Cygames日清食品ファミリーマートサントリーの4社によるプレミアムスポンサーの特別協賛となった。
第11回(2015年)のみプレミアムスポンサーとしてサントリーではなくユニクロが協賛していたが、第12回(2016年)にサントリーへ変更されて現在に至っている。

M-1グランプリ休止期間中の実質的代替大会となっていた「THE MANZAI」は2015年も引き続いて開催されるものの、賞レースして優劣を競わない祭典形式に変更された。出演者も結成15年以内の若手コンビは「M-1グランプリ」へ、賞レース卒業したベテラン中堅コンビは「THE MANZAI」へ出演と棲み分けがされることとなった。

M-1開催再開からは関西ローカルながらABCラジオでも決勝で披露される漫才を同時放送しつつ独自に出演者がトークをするラジオでウラ実況!?M-1グランプリ」という番組が放送されるようになった。


各回の結果


表は上から出番順。決勝1回戦での得点、票数は最終決戦での票数、王者になったグループ名は黄色背景
※第1回の得点は特別審員の得点のみ掲載。特別審員の票はますだおかだ2位だったが、一般審員の得票を合算すると4位となり最終決戦に進出できなかった。


第1期(第1回~第10回)


第1回M-1グランプリ

[画像を見る]
優勝中川家。二位はハリガネロック

後のM-1とは採点方式が異なり、審員7人に100点ずつ、東京大阪福岡会場の客それぞれ100人に1点ずつ持ち点を与え、合計1000点を用いて審を行った。

会場によって同じ芸人に対する審得点が大きく異なったことから疑問のもあがったものの、結果的には中川家が他芸人に大差をつけて勝利した。特に大阪会場(なんばグランド花月)の観客審員の点数の偏りが極端であった。特に松竹東京勢に対する採点が辛く、おぎやはぎの採点が100点満点中9点という結果だったことに対して松本人志が「大阪会場の人は頭おかしいんとちゃう?」と言ってしまったほどである。

本番組は朝日放送制作だが、第1回決勝戦のテレビ中継は東京・砧にある関西テレビレモンスタジオから生放送で行われ、他に客席審員が居る札幌大阪福岡吉本直営劇場からの中継が挟まれた。

サブ会の赤坂泰彦ハリガネロックのことをアメリカロックと言ってしまうなど、全体的な段取りは生放送としてはややgdgdな面も見られたが、これも第1回ならではであろう。

視聴率:関東9.0% 関西21.6%

出場者 キャッチコピー 得点
中川家 笑いのDNA 596 6
フットボールアワー 奇跡の顔面 532 -
チュートリアル お笑い陰陽師 483
アメリカザリガニ 3オクターブの衝撃 568 0
おぎやはぎ 東京 497 -
キングコング 脅威のルーキー 528
麒麟 無印
ノーマーク
542
ますだおかだ 575
DonDokoDon 無冠の帝王 520
ハリガネロック 舞闘 567 1


第2回M-1グランプリ

[画像を見る]
優勝ますだおかだ。二位はフットボールアワー

放送前は前年二位のハリガネロックが優位と思われたが、トップでの登場がとなり最終決戦進出もわなかった。

決勝では新進気鋭の漫才師『笑い飯』が会場を沸かすものの、最終決戦では当時芸歴10年ますだおかだ、同じく8年フットボールアワーにはおよばず、二組の一騎打ちとなった。

前年の一般客の採点については、前述のとおり大阪会場の観客の採点が極端に偏っていたことから採点方式が見直され、一般客の採点方式がなくなり、審員7人に100点ずつ計700点を用いる方式に変更された。

員の立川談志テツandトモに対しお前らこんなところに出るべきではない」と発言し、スタジオ空気が凍った。しかしその相は、「お前ら(の芸は立ってる=もう完成されているから)、こんな(コンクールのような)ところに出るべきではない」という裏返しの言葉であった、という後日談がある。

この回より、決勝戦の場をパナソニック有明センターに移動。東京ビッグサイトと鼻の先にある国際展示場駅前の広場で敗者復活戦が行われ、さらに第2回と第4回はコミックマーケットの日程と重なったこともあり、多くの見物客が足を止めて立ち見するが見られた。

視聴率:関東10.9% 関西17.5%

出場者 キャッチコピー 得点
ハリガネロック 前回準優勝 リベンジだけに燃えたこの1年 541 -
ますだおかだ 打倒吉本合言葉に今年も決勝へ 612 5
ダイノジ 大分県出身の重量級コンビの初出場 534 -
テツandトモ 現代版音楽漫才M-1に新を吹き込む 539
フットボールアワー 漫才新人賞を総なめにしてきた若手実 621 2
笑い飯 今年もM-1予選にノーシードの新が現れた 567 0
おぎやはぎ 前回東京からはただ1組の決勝進出 561 -
アメリカザリガニ 前回は高熱をおして堂々の第3位 525
スピードワゴン なし(敗者復活 535



次へ»
最終更新日: 20/11/12 11:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ