ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


M26パーシング


ヨミ: エムニジュウロクパーシング
掲示板をミル!
42カキコ!

M26パーシングとは、第二次世界大戦末期米軍戦車である。


概要


M4シャーマン系の戦車ではドイツ戦車群に対抗するには不足であると認めざるをえない状況になった米軍が、第二次世界大戦末期に戦化させた重戦車である(ただし大戦終結後に中戦車に再分類されている)。朝鮮戦争まで現役を務めたが、その後の「パットシリーズ」や米軍戦車等すべての体となり戦後米軍戦車の系譜の始祖となったことのほうがはるか戦車史上重要な車両である。ちなみに「パーシング」は米軍がはじめて自戦車に正式につけた称であり、これ以前の戦車称は英軍が勝手につけたものである。


開発の経緯


突然の話ですが、アメリカはカネがあります。も人材もあります。長身の75ミリを装備した戦車WW2とすべしという方針でM3中戦車M4中戦車を開発・生産しつつ、その裏でより重装甲かつ大歩兵支援戦車(1942年、M6重戦車)を制式化してみたり、チュニジアドイツ軍が投入した重戦車ティーガー」対策としてより対戦車戦闘を重視した重戦車(T26重戦車1944年1月)を試作してみたりする余裕があったのであります。この「対戦車戦闘を重視した重戦車」、これが後のM26パーシングに繋がります。もともとM4中戦車の後継戦車として考えられていた計画をティーガー出現の報によって火力・装甲ともに強化した、実に順当かつ妥当な開発経緯です。何もることはありません。

ここまでは。


配備と運用


……が。

これがドイツなら総統閣下大喜び、速攻で最優先量産命が下ったことでしょう。イギリスソ連でも問題なく量産開始されたはずです。ところが世界一持ちアメリカでは、何故かそうはなりませんでした。

理由は2つ。ひとつめの理由は、「対戦車戦闘戦車ではなく戦車駆逐が行う」という、大戦初期に策定されたドクトリンがあったためです。ふたつめの理由は、「遭遇する敵戦車のほとんどは号・号で、M4中戦車で対抗不能戦車は少数のはず。仮にあっても76.2ミリ装備のM4中戦車で充分で、そんな例外的事例のためにわざわざ対戦車戦闘向けの重戦車なんか作れるか」という反対論でした。大量に作って大量に前線に送り込み、大量の戦と大量の補給資材と大量の人員で相手を押しつぶす。持ちならではの戦争のやり方においては前線における装備はなるべく統一されてるほうが都合がよいのです。これらの理由で陸軍の装備関連の総元締めである陸軍地上軍管理本部(AGF)は、T26重戦車の配備を拒否し続けました。

しかし、現実はそうはなりませんでした。ドイツ軍戦車Ⅲ号戦車からⅣ号戦車へ、そしてⅤ号戦車パンターへとはっきりと移り変わっており、ノルマンディーから欧州の地を踏んだ米軍戦車兵たちのかなりの人数が、圧倒的に優秀なドイツ戦車の前に駄に命を落としていったのです。

M4は最高の戦車で、他の戦車を量産する必要はない」と言いっていたAGF。それがだったという現実の前に、前線の戦車兵たちも、そしてAGFに受けてた連合軍最高官・アイゼンハワーも激怒しましたが、AGFはそれでもなお抵抗を続け、T26重戦車M4中戦車の76.2ミリに換装させたものを配備させようとするなど悪あがきを続けました。その間にも前線の兵士たちのドイツ戦車への恐怖は高まるいっぽうでした。

そして1944年12月ドイツ軍の大攻勢、「バルジの戦い」が始まります。既に兵士たちの間で高まり放題に高まっていたドイツ戦車への恐怖は、ここで爆発します。戦いこそ最終的には連合軍の勝利で幕を閉じたものの、従軍記者たちはこの戦いの初期の混乱ぶりを「ドイツ戦車軍団の進撃の前になすすべもなく米軍戦車された」と書き立てました。本土でも軍の無能批判するは湧きあがり、そのに押されるかたちでようやくT26重戦車ヨーロッパに「実戦テスト」の名で配備されることが決まりました。

1945年1月、「実戦テスト」開始。4月、「M26重戦車パーシング」として制式化。5月8日ドイツ降伏。

既に倒すべきドイツ軍戦車はほとんど見つからず、終戦時に200両ほどが実戦配備されていたM26パーシングのうち実際の戦車戦を経験したのは「実戦テスト」初期に送り込まれた車両だけだったとか。

 

その頃、地球の裏側……沖縄では、陸軍のM4中戦車日本軍歩兵部隊によるしい戦闘が繰り広げられていました。沖縄戦米軍が持ち込んだM4中戦車400両弱、そのうち半数が日本歩兵部隊との戦闘で失われるほどのしい戦いとなりました。これに驚いた米軍は、欧州で結局使いどころがなかったM26を沖縄戦に投入することを決定しました。

しかし、M26が沖縄に届いた頃には沖縄戦は終了していたのでした。結局、M26パーシングはほとんど何もしないまま1945年8月を迎えることとなったのです。開発も問題なく終了し、前線からも待ち望まれ、いつでも大量生産を開始できる状況にありながら、持ちならではの巨大官僚組織のメンツのために何もできないままに終わったのでした。

(一説では硫黄島の戦いにも投入されたという説もありますが、この説でもあまり活発な運用はなされておらず遠距離からの支援撃にしていたようです)

 

1950年朝鮮戦争勃発。M26はようやく戦いの場を得ました。北朝鮮軍が運用するT-34/85に対しては火力と装甲で上回り、戦車戦そのものでは期待通りの戦果をあげています。しかしここで露呈したのがアンダーパワーエンジンの不足で、山がちな地形の朝鮮半島では重大な問題でした。北朝鮮軍戦車が尽きてしまうと「M4のほうが役に立つ」とまで酷評されてしまう始末。

米軍戦車としてはあんまりツイてなかったM26ですが、そういうわけで諸外への販売もほとんど実績は残せませんでした。M26を体とした戦車群を購入する練習用として少数が渡った程度で、生産された2200両のうちM46改造された1200両以外はほぼ全てがスクラップとしての末路を迎えました。

 

ひとつだけ救いがあるとするなら、M26を体に強エンジンと新ミッションを積んだM46が優秀な戦車として認められたことくらいでしょうか。その末裔はM60系へとつながり、米軍からは退役したもののはるかなる子孫たちは今も世界各地で活躍を続けています。


構造


高射砲転用の90ミリで、威としてはティーガー1の88ミリをややぐ程度のもの。開発当時の米軍戦車が装備していたM4中戦車75ミリ・76.2ミリであり、後者の対戦車戦における切り札である高速徹甲弾WW2中はあまり供給されなかったことを踏まえると、米軍における最強戦車と言ってもほぼ間違いはないだろう。

装甲は前面100ミリ、側面75ミリが基本となっており、体前面はさらに傾斜装甲として装備されることで高い防御を持っている。単純な装甲においてはシャーマンジャンボM4体にした着膨れデブ重装甲タイプ」には一歩譲るが、WW2後半の戦車としては充分な装甲といえよう。

機動については評価が芳しくないが、これは搭載エンジンM4のものをそのまま使っていたことに起因する。重量30トンちょいのM4用の500エンジンを重量40トン越えのM26に用いたことで、路上最高速度こそさほど変わらなかったものの戦車として肝心の不整地機動性が不足してしまい「M4が登れる坂を登れない」という屈辱を味わうこととなってしまった。

概してM26パーシングは「アメリカティーガー1」といった感じのを持たされた車両であり、これが戦後米軍戦車の基本形として後の礎となっている。


関連動画


M26パーシングに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


■azB00061H55G


関連コミュニティ


 ■co1088


関連項目



最終更新日: 12/12/22 20:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ