ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


M3中戦車


ヨミ: エムサンチュウセンシャ
掲示板をミル!
71カキコ!

M3中戦車とは、第二次世界大戦時のアメリカ戦車である。


概要


第二次世界大戦の前半における米軍戦車であり、イギリスオーストラリアソ連等に供与され灼熱の北アフリカ太平洋ジャングルロシアの凍土といった世界各地で枢軸軍の侵攻を迎え撃った戦車である。背の高い体とそのてっぺんの37ミリ搭載体前面におもいっきオフセットされて搭載された限定旋回式の75ミリというスタイルは非常に印深い。というかキモい。でも最近この武さがちょっとキモかわいい気もする。


開発経緯


1939年に勃発した第二次世界大戦をうけ、アメリカでも大軍備拡計画がスタート。その中のひとつに中戦車の大量生産計画があったのだが、欧州で猛威を振るっていたドイツ機甲師団の戦車は当時アメリカで製造経験があった戦車口径をしのぐ50ミリ、そして75ミリを装備していたため、生産すべき戦車75ミリを搭載するよう決定された。

しかし、当時のアメリカにおいて75ミリ搭載のは製造経験がなく、いきなりの大量生産には大きな不安があった。そのため既存の戦車設計・製造技術の限界を踏まえた折衷案として、37ミリ搭載の75ミリ搭載のを備えたM3中戦車が開発されたのである。なお、それ以外の要素であるエンジンや足回り等は小良を経て後継となったM4中戦車にほぼまるごと受け継がれている。
また多砲塔戦車と勘違いされやすいが多砲塔戦車とは設計思想が違う別物であり本車両のように単一以外に体にもを装備した車両多砲塔戦車には含まない。


戦史


1941年より生産が開始されたM3中戦車は米軍だけでなく、フランス戦で多くの重装備を失った英国にも供与されている。正確にいうと英国は自ポンコツ戦車米国に量産させたがってたのだが、そんな駄なことができるかと米国に拒否され、米軍戦車英国仕様に再設計して生産し英国軍で使用するという構図に落ち着いた。この戦車英国軍では「グラント」(南北戦争時の北軍の将軍)と命名したのである。そして英国軍がドイツ軍戦車を壊されまくったもんだからそれも間に合わなくなり、もう米軍仕様のままでいいから持ってこーいってな状況になったことで、もうひとつのM3中戦車の称「リー」(南北戦争時の南軍の将軍)が生まれることとなった。榴弾が撃てず非装甲標への対応不足という問題を共通して抱え、さらに種毎に機動や防御や信頼性に重大な問題を抱えるというガラクタいの英国戦車よりははるかに高い評価を受けている。またその台は装甲兵員輸送車自走砲ベースとしても用され、英国軍を支える地味だけど重要な役割を果たしたのである。

ソ連に供与されたM3中戦車は、戦車T-34人間工学視の中の人イジメとしか思われない設計をしてたことから使いやすさや信頼性では高い評価を受けている。その一方で防御の不足が摘されており、「7人兄弟棺桶」というありがたくない渾名までつけられてしまっている。供与戦車の後継となったM4中戦車の高評価に埋もれてしまった感は拭えない。

欧州戦線でM4となり現役を退いてからも、太平洋戦線ではもうしばらく現役が続いた。M3軽戦車にすら手こずっている日本軍にとってM3中戦車は大きな脅威であり、しい死闘を繰り広げることとなった。M4中戦車の配備にともなって淘汰が進められた欧州戦線と異なり、太平洋戦線では末期までM3中戦車がM4中戦車と並んで戦場に投入されている。

アメリカでの生産は1942年いっぱいで終了。約6000両ちょいの生産数であった。


バリエーション


M3
一番最初の。2個1組の転輪を「垂直渦巻スプリング・サスペンション(VVSS)」と呼ばれるもので支持したものを3組という足回りを持つ。以後これは本クラスアメリカ戦車でよくみられる構造となる。
武装は体前面右側に75mmM2戦車1門(携行弾数50発)、37mmM5戦車1門(携行弾数178発)、7.62mmM1919A4機上面のキューポラに1挺、同軸に1挺と下部に1挺の合計3挺(携行弾数9200発)、装甲は最大51mm、最高速度は39km/hである。後期生産分より75mmは29口径から38口径にめられた「M3戦車」に、37mmは装填装置などに良を加えた「M6戦車」となった。
75mmはある程度の貫を持っていたが、専ら榴弾による地や軟標への攻撃をとした。これは対戦車戦闘と榴弾による近接支援車両ごとに戦車を分担していた当時のイギリス軍にとって、これらを同時に行えるものとして歓迎された。しかし全高は3mをす全高は良好な視界を得られる反面で被発見率も高め、88mm高射砲を相手にしたときは75mmの有効射程に到達する前に撃破されてしまうことも多かった。
イギリス軍向けに生産された「グラント」は、全高を抑えるためにが高さを抑えた鋳造製となり線機搭載のため後部にり出しが設けられた。また、上の機付きのキューポラがされて単純なハッチとなった。
乗員の内訳は、長、37mm手、37mm装填手、75mm手、75mm装填手、操縦手、副操縦手兼通信手である。場合によっては副操縦士が省略されて操縦手が通信手を兼ねて6人になることもあったが、それでも多砲塔戦車並みに多い乗員は揮が大変であった。
1941年4月から1942年12月かけて4924両が生産された。
M3A1
体をそれまでのリベット工法から鋳造にめたもの。
1942年2月から同年8月にかけて300両が生産されたが、実戦投入はされずすべてアメリカ内で訓練用として使用された。
M3A2
工数の削減と軽量化を狙い、体をリベット工法から溶接方法にめたもの。
1942年1月から同年3月にかけて12両が試験的に生産された。
M3A3
M3A2のエンジンを強化したもの。最高速度が48km/hに向上した。
1942年3月から同年12月にかけて322両が生産された。イギリスにも「グラントMk.VII」として49両がレンリースされたが実戦参加はしていない。
M3A4
M3A3とは別のエンジンを搭載したもの。エンジンの構造上体が延長された。最高速度は40km/hである。
1942年6月から同年8月にかけて109両が生産されたが、M3A1と同様に実戦参加せず訓練用に回された。
M3A5
M3A3を再びリベット工法に戻したもの。これは溶接技術が未熟であったことからM3A3に先立って生産された。
1942年1月から同年12月にかけて591両が生産された。イギリスにも「グラントMk.XI」として185両がレンリースされ実戦参加した。

関連動画



■sm19480193[ニコ動]

■sm20544653[ニコ動]
■sm20898219[ニコ動]


関連立体



関連商品


■azB00CM0S8UA

タミヤから発売されている「リー」のキット。シリーズ番号39古参キットだが、2011年9月に「70年代傑作キット」として再生産が行われ、その後も追加生産がされた。

部品点数が抑えられ、簡単な組み立てでその大きな体を気楽に再現できる。さらに可動部分も多いため完成後も実同様の様々なアクションが楽しめる。同社製IV号戦車とのサイズ較も面い。

定価は2,000円(税別。2014年11月の再販時の公式価格)。この手ごろな価格も魅の1つである。ただし2016年4月現在は品切れのため少々プレミアが付いており、Amazonマーケットプレイスでの新品の最安値は4,800円+送料。

■azB00U9Z5H72

タミヤから発売されている「グラント」のキット。こちらもシリーズ番号41古参キットで、リーと同じく何度か再生産されている。

マーキング以外は特に変更点はないので、リーと同じように気軽に組み立てができる。

定価は2,200円(税別。2015年5月の再販時の公式価格)。こちらは2016年4月現在Amazonに在庫があり定価より値引きされた価格で購入できる。

■azB004GB1WYM


関連コミュニティ


■co1088


関連項目



最終更新日: 16/04/03 17:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ