ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


MIRO


ヨミ: ミロ
掲示板をミル!
11カキコ!
ひろゆき謹製 この記事の初版ひろゆきが作成しました
だからどうしたというレベルのお知らせでした。

MIROミロ)とは、携帯動画変換君作者である。下記のリンク(本人のサイトブログ)を辿っていけばだいたいどんな人かわかるはず。


概要


プロレスラー・武藤敬司似のいかついルックス[外部]のわりに案外気さくないい人。名前のMIROとは中1から使っているハンドルネームで、由来はゲームセンターに設置されていた姓名判断ゲーム?でそう名乗ることをすすめられたから。紛らわしいが、ネスレドリンクMILO」とは関係ない。

本人によると、小学生の時分にプログラミング覚め、高校生のころはさわやかなルックスでわりとモテたらしい。現在は、本業のシステムエンジニアとしてだけではなく「未来検索ガジェット通信」の記者としても活躍中。

公式チャンネルガジェット通信」にちょくちょく登場し、ひろゆき周二郎探検隊とともに番組を盛り上げる名バイプレーヤー。彼のガジェットITに関する豊富な知識はさまざまな放送(パノラマ放送や車載放送)を行う上で欠かせないものである。

一方で、生放送コミュニティお台場生探検隊」を運営しており、お台場(彼のの近所)や東京タワー周辺を散歩しながらの屋外生放送を行っている。また、同コミュニティでは、彼の自宅から実験的な放送を行うこともあり、こちらも視聴者人気コンテンツである。まれに登場する彼の息子「ひでくん」は視聴者アイドル的存在。
ユーザー生放送:野外配信者一覧

2010年8月に勤務先の経営状態が悪化し社員全員解雇、失職。その後2011年1月ドワンゴに就職(→本人のブログ[外部])。

ニコニコ動画運営ドワンゴ ニコニコ事業本部 第一企画開発部 第二セクションのセクションマネージャ)として、ニコファーレ映像システム開発を担当。その他、ニコファーレに限らずパーティなどのコンサートの演出を手がけたり、電王戦などの生放送関連の単発物のシステムを手がけたりと、幅広い仕事を手がけているようだ( 参考ツイート[外部] )。

ニコファーレ関連の記事や生放送により、本名が岩城進之介であることがわかる。

VRARに造詣が深く、2018年7月設立の株式会社バーチャルキャスト取締役CTOを務める。


関連動画



■sm1643697[ニコ動]

■1236953852[ニコ動]


関連チャンネル&コミュニティ


■channel
■community


参考記事


第4回 リアルとネットの境界を超える「ニコファーレ」 AR機能でライブが進化[外部]ITpro


関連リンク


サイト
Top - MobileHackerz[外部]
http://mobilehackerz.jp/[外部]
blog
MobileHackerz再起動日記[外部]
http://blog.mobilehackerz.jp/[外部]

関連項目



最終更新日: 18/12/03 21:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ