ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Moto3


ヨミ: モトスリー

Moto3とは、MotoGPの軽排気量クラスである。


Moto3クラスの概要


4ストローク250cc単気筒エンジン

従来の軽排気量クラス125ccクラスと呼ばれ、2ストローク125ccエンジンを使っていた。
2ストロークエンジン環境負荷が大きいので、2011年シーズンをもって125ccクラスが終了した。

2012年より4ストローク250cc単気筒エンジンを使うMoto3クラスが始まった。

Moto2と違い、各メーカーオリジナルエンジンを使える(ECUは催者定のワンメイク)。だが、値段制限があったり、要望を受けた場合には最大15チームに「同じエンジン」を供給する事が義務となっているなど、マシンスペックによる差が出にくくなっている。

250cc単気筒というと一般にはオフロードバイクビッグスクーターに積まれるものだが、そこはレース専用エンジン故に回転数は10000rpmをえるので、かなりのパワーを誇る。

しかし、それでも上位クラスべれば非力なので、前のマシンスリップストリームを最大限に生かしてコーナーで仕掛けるというのが基本となる。そのため、何台ものマシンが集団を作って走ることが多くなり、レース展開によってはトップ争いが最終ラップの最終コーナーまでわからないこともしばしばある。先の読めないレースをドキドキしながら見たいならこのクラスはおすすめである。

熾烈なメーカー間競争

2017年ホンダKTM、マヒンドラプジョー(マヒンドラの別ブランドで中身は同じバイク)が参戦。
2018年にはマヒンドラプジョーが撤退し、ホンダKTMの二大勢になる。
2019年ホンダKTMの二大勢の体制が続く。


マシンの差が出にくいクラスゆえに、かえって最高峰クラスに勝るとも劣らないメーカー同士のしい開発競争が起こっている。そのため、マシンの単価がシリーズ開始当初よりかに高くなっており、新規参戦するチームの足枷になっている。

当初は、資の少ないプライベーターも参戦しやすいようにマシン価格を抑える方向であった。しかし、KTM糸目をつけない開発を行って正直に約束を守ったホンダを出し抜く形になった。これに怒ったホンダは全開発したNSF250RWでリベンジしたという経緯があった。

年齢制限

初エントリーは25歳まで、連続参戦でも28歳までという年齢制限があり、実際には10代後半~20代前半のライダーがほとんどである。若者のGP登竜門クラスといえる。

タイヤ

タイヤMoto2同様、ダンロップ[外部]ワンメイク

最大排気量クラスべてタイヤが細く、接地面積も小さい。このためタイヤマシンの走行に与える影が少ない。「タイヤ選択で明暗が分かれる」というのが最大排気量クラスでよく見られるが、Moto3クラスではほとんど見られない。
 


2019年シーズンの参戦チーム


コエメリン・グレッシーニ[外部]
イタリア125ccクラス世界チャンピオンファウスト・グレッシーニ[外部]監督が率いる名門チームイタリアファエンツァ[外部]に本社を持ち、ミサノサーキットすぐそばのサン・クレメンテ[外部]に工場がある。メインスポンサーコエメリン[外部]で、ドイツメーカーには木材やアルミPVC(脂。ポリ化ビニール)があるが、同社はPVCが得意分野である。
使用マシンホンダ
名前 出身地 身長・体重 誕生日
19 ガブリエル・ロドリゴ[外部] アルゼンチン バルセロナ[外部] 169cm60kg 1996年10月12日
54 リカルド・ロッシ[外部] [画像を見る] ジェノヴァ[外部] 2002年3月21日
レドックス・プステルGP[外部]
ドイツザクセン州に拠点を持つ。Prüstelと書いてあるがrが黙字で発音しない。ザクセンリンク近郊のカレンベルグのこの場所[外部]にプステル輸送という運送企業があるが、その会社の社長息子フロリアン・プステル[外部]と言い、レドックス・プステルGPのチームオーナーである。メインスポンサーレドックス[外部]で、スロヴァキアリサイクル業者。
使用マシンKTM
名前 出身地 身長・体重 誕生日
84 ヤコブ・コーンフェイル[外部] [画像を見る] キヨフ[外部] 169cm63kg 1993年4月8日
12 フィリップ・サラチュ[外部] [画像を見る] ムラダー・ボレスラフ[外部] 2001年12月12日
レオパード・レーシング[外部]
メインスポンサーレオパード[外部]ルクセンブルクエナジーリンク企業。もともとこのチームの本体はキーファーレーシング[外部]ドイツバート・クロイツナハ[外部]に本拠があり、ステファン・キーファー[外部]が設立したチーム)だった。そこにルクセンブルグの不動産王で大富豪フラヴィオ・ベッカ[外部]という人物が現れ、キーファーレーシングから導権を奪っていった。現在監督フランス人のミオドラグ・コトゥル[外部]というF1で活躍していた人が監督を務めている。
使用マシンホンダ
名前 出身地 身長・体重 誕生日
48 ロレンツォ・ダラポルタ[外部] [画像を見る] プラート[外部] 163cm58kg 1997年6月22日
42 マルコス・ラミレス[外部] [画像を見る] コニル・デ・ラ・フロンテーラ[外部] 172cm63kg 1997年12月16日
アンヘル・ニエト・チーム[外部]
スペインバレンシア[外部]に拠点を持つチーム
チームオーナーバレンシア出身で125ccクラス50ccクラスで合計4度の世界チャンピオンいたホルヘ・マルチネス
2017年までのチーム名はチームアスパーだが、アスパーというのはホルヘ・マルチネス称である。2017年に急逝したアンヘル・ニエト[外部](13回の世界チャンピオンいたスペイン英雄MotoGPライダー。13という数字を不吉として嫌い、12+1というステッカー[外部]を好んでいた)に敬意を表し、チーム名をアンヘル・ニエト・チームめた
使用マシンKTM
名前 出身地 身長・体重 誕生日
75 アルベルト・アレナス[外部] [画像を見る] ジローナ[外部] 169cm60kg 1996年12月11日
25 ラウル・フェルナンデス[外部] [画像を見る] マドリード[外部] 169cm58kg 2000年10月23日
ベスター・キャピタル・ドバイ[外部]
UAEアラブ首長国連邦)のドバイこの場所[外部]に本社があるベスター・キャピタル[外部]メインスポンサー。ロクにチーム情報SNSで発信しておらず、チームの正体がよく分からない。
使用マシンKTM
名前 出身地 身長・体重 誕生日
16 アンドレア・ミーニョ[外部] [画像を見る] カットーリカ[外部] 164cm64kg 1996年1月10日
5 ジャウメ・マシア[外部] [画像を見る] アルヘメシ[外部] 164cm55kg 2000年10月31日
Estrella Galicia0.0
スペインバルセロナ[外部]に本拠地を持つTeam Monlau体。バルセロナこの場所[外部]にあるモンラウ・コンペティション・スクール[外部]というレース系技術学校が中心となる。モンラウ・コンペティション・スクールレプソルとの関係が深く、そのためホンダ技術者が講師としてやってくる。メインスポンサーEstrella Galicia[外部]スペインガリシア州[外部]に本社があるビール企業で、「ガリシア」という意味。
使用マシンホンダ

次へ»
最終更新日: 19/01/20 15:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ