ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


NAMCOxCAPCOM


ヨミ: ナムコクロスカプコン
掲示板をミル!
296カキコ!

NAMCO x CAPCOM』(ナムコ クロス カプコン)とは、カプコンの許諾を受けて、2005年5月26日ナムコ(現バンダイナムコゲームス)が発売したPS2用のSRPGである。通称・略称は「ナムカプ」。

動画検索NAMCOxCAPCOM or ナムコクロスカプコン or ナムカプ[動]


概要


ナムコカプコンキャラクターが新旧入り混じって登場するお祭りゲー。さながらスーパーロボット大戦のようにゲームが進行していくが、ディレクターは『スーパーロボット大戦』のシナリオを担当したこともある森住惣一郎氏であるため当然と言えば当然。

また、DSソフト無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ』には、本作の主人公である零児小牟KOS-MOSゲスト参戦している。こちらも住氏の脚本。

Production I.GによってつくられたOPアニメは、各キャラクターの魅を損なわない動きや曲が後半になるにつれての熱い展開、OP曲の『すばらしき新世界』自体のすばらしさなどから評価が高い。


ゲーム内容



戦闘関連


スーパーロボット大戦シリーズのような敵味方でのターン制ではなく、AP(Active Point)が10溜まった時に行動可になる(ポイントが同じ場合は速度ステータスが高い順になる)。基本的にフェイズの経過によって1ポイントずつ溜まっていくが、攻撃を防御する際の行動によって変動する。

戦闘テイルズシリーズのような上下左右に設定する技を使い分けて攻撃する。レベルの上昇によって技がパワーアップしたり変更になったりすることもあるが、基本的に自分でカスタマイズすることはできない。
また攻撃で相手を宙に浮かせた状態で連続して当て続けるとコンボとなり、様々な恩恵が得られる。その中には一回の戦闘での攻撃回数が増えるというものがあるので、基本的にはそれをしてヒット数を伸ばす。宙に浮かせた敵を下に落とすとコンボ数がリセットされるので、攻撃回数が一つ上がるまでコンボで浮かす⇒落とすの繰り返しでダメージを伸ばすことができるのである。
攻撃を当てていくと必殺ゲージが貯まり、FULLになると必殺技が使用可になる。攻撃を食らっていると気絶ゲージが貯まり、これがFULLになってしまうとスタン状態になる。また、複数人で行うMA攻撃や、いわゆるMAP兵器などの行動も存在する。

次に敵から攻撃された時の行動であるが、この作品には基本的に反撃はない。ゲージを消費した反撃技はあるが、その場合APを消費したり必殺ゲージを消費する。なので、基本的には防御行動を取ることになる。
防御には3つの種類があり、まずは「ノーガード」。全く防御をしないのでダメージが多くなり危険になるのだが、戦闘中に表示される十字キーの方向に応じて入すると割合によってAPが1~2ポイント加算される。入璧であればAPを2ポイント加算することができる。
二つは「通常防御」。この防御はAPを1消費する。しかし、こちらでも十字キーが表示されるので、逆にAPを最高1ポイントためることができる。防御によりAPが10になった場合は速度のパラメータを視して最優先で行動できる。
最後に「戦闘回避」。このコマンドは回避とはいうもののダメージは受ける。ただしダメージが下がり、敵が与えてくるなどの状態異常全に回避することができる。この行動にはAPを1ポイント消費する。だが稀に大ダメージを喰らう事もある。
基本的には以上三つの行動を使い分けつつ進行していくことになる。
一部のキャラクターには「回避技」「カウンター」「かばう」があり、「回避」は文字通り回避するのでノーダメージ、「カウンター」は行動ポイント必殺技ゲージを大量に消費する代わりにノーダメかつ相手に反撃を行う。
「かばう」は攻撃を受けたユニットに隣接するユニットに身代わりとして攻撃を受けさせる。身代わりになるユニットAPを1消費するが、ユニット値によって「通常防御」よりもダメージを抑えられる。

・・・とここまで読んできておわかりだろうが、この面倒な防御システムの存在により一回の戦闘時間がとてつもなく長くなるため、よく批判の対プレイヤーやる気を妨する一因になっている。さらに、戦闘中入手したアイテムは即装備→敵フェイズ攻撃の直前に使用可、と、ヌルすぎるゲームバランスもこれに拍をかけている。一応二周ハードモードでは使用できないが、この冗長ゲームの二周プレイする猛者はそうそういない。参考までに一周であれば全50ステージクリア70時間前後を要することになる。そのため「難しくはないが戦闘が冗長すぎるので最後まで進む前に飽きる」プレイヤーが続出した。

戦闘前と戦闘後に個々のユニットで掛け合いがあり、ここの部分に様々なネタが仕込まれている。基本的にフルボイス。またユニットが行動できるようになった際、その作品に応じたテーマ曲が流れる(例えば、ストリートファイターシリーズリュウならリュウテーマなど)。その出来はどが正統派アレンジといった感じで、抜群の出来である。曲が極端に短いディグダグⅡキャラなどは大胆なアレンジがかかっていることもある。

マップ上にアイテムが落ちていたり、キャラ固有の技で発掘することもできる。


会話パート


・・・と、ゲーム性の面に関してはマイナス票が多く見受けられるものの、キャラクターや会話に関しては賞賛のが多く、下記凱&を始め、原作を知らないとがどのゲームキャラか判らないことがあるほどにしっくり染んでおり、また、キャラクター性なんぞ説明書やパッケージ絵とドット絵のみだったような時代のキャラまでもが生き生きと会話に参加している様子は、古参ゲーマーも感涙の出来である。クロスオーバーのために設定が追加されているキャラクターも多数。その分、各作品の時系列矛盾する設定となったキャラクターも多い。各ステージサブタイトルはそのステージ役となるキャラクター関連で付けられており、元ネタを知る人からするとニヤリとさせられる。中には口上でタイトルコールが入るステージも。その関係で登場キャラクターほぼ全員に見せ場が用意されており、埋没することが少ない。

原作ボイスが付いていた作品は原則本作でもその声優が続投しているが、元々ボイスのなかった作品は新たに配役されている。ワルキューレ井上喜久子アーサー立木文彦など違和感の全くない例も。またこれによる中の人ネタも多用される。特にワルキューレナムコ側の役格という扱いを受けており、必殺技カットインが多いなど優遇されている。

実はよーく見るとNAMCOCAPCOMそれぞれ出身のキャラとしか絡んでいなかったりはするが。

本作オリジナル有栖零児小牟も魅の一つで、小牟サブカル小ネタをこれでもかとパクリファンに見せつけるいわばメタ役、零児は個性の塊みたいなメンツを出しゃばらず引っ込みすぎず、的確にツッコミを入れ誘導していく進行役として良く働いており、キャラクター性や人気は「無限のフロンティアシリーズや「PROJECT X ZONE」に参戦したことからもい知ることができる。「PROJECT X ZONE 2」では再び主人公を務めた。


インターミッション


インターミッションではユニットアイテムを装備させたり、木人相手にコンボ練習を行ったり、セーブロード、店でアイテムを購入することができる。店の店は進行により3パターンに分かれ、ワルキューレシリーズズール源平討魔伝シリーズの安駄婆、ロストワールドシルフィーである。最終話直前に限りシルフィーが売りに出され、それを購入するとロストワールドで出たあのセリフシルフィーCV田中理恵)が喋ってくれます。何着買ってもいくらでも喋ってくれます。シルフィー自体はゲーム2周以降に大いに役立つ強化アイテムのため、何着買っても大丈夫さああなたも。


ユニットの性能


この作品では愛さえあればどのユニットでも戦えるためあまり差はないが、その中でも特に突出した3ユニットを3強ということがある。その内訳はKOS-MOS、凱&クリノ&サビーヌとなる。

まずKOS-MOS。このゲームをやった人に対して最強ユニットは?と聞くとまず間違いなくこの名前が出てくるだろう。圧倒的な攻撃と防御を持つため、単機でもクリアできるほど。また優秀なスキルを持っており、二回連続行動・自己再生・敵弱体化。あまつさえ与えたダメージMPに還元するオートスキルまで持っており、まさに一人永久機関である。また防御によって、防御しないコマンドを選択してもダメージをほとんど受けない始末。まさにナムカプ界のラピッドクイック速度が遅いという一の弱点があり、マップ開幕直後は順番待ちになってしまう。一度動き出すと関係ないが。

次に凱&。この二人はカプコンの別のゲームキャラなのだが、あまりにも染み過ぎているため凱もコマンドーチームの一員とも一部で囁かれる(流が同じなので当然と言えば当然)。なお続編では本当に凱がコマンドーチームに参加していることが判明した。このキャラ動画中で出てくると「ホアァァァァァ!!」などというコメントが流れるが、これは凱&の強さとしてよく言われる「スモークボム(強)」を使った際にCVゲルマン忍者)が叫ぶ台詞に由来する。「異常」に繋げやすい上にこの技を二回使うだけで攻撃回数が一回、回復する。論二回連続行動やMP回復スキルも付いているのでかなり便利。防御はKOS-MOSクリノ&サビーヌに劣っているが十分高い。

最後にクリノ&サビーヌ。サビーヌには非常に性がいい「・連続突き(強)」という技があり、クリノの「キリモミアタック」と交互に出すとそれだけで攻撃回数が一回アップする。このキャラにもMP回復スキルが存在し、HP回復も持っているため継戦が高い。また攻撃だけなら全ユニット一の火力を秘めている。

裏では邪神武神なんて呼ばれてたりする。


世界観


ジャンル世界観が異なる作品が多数参戦するため、本作はその違和感くすための設定がなされている。5つの異世界で成り立っており、参戦作品はこのいずれかの異世界に属する。一行はこの世界たらい回しされ渡り歩くことになる。


次へ»
最終更新日: 20/01/28 17:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ