ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


NHK


ヨミ: エヌエイチケイ
掲示板をミル!
2000カキコ!

NHKとは以下のことを

NHK 日本放送協会【当記事】
日本ひきこもり協会 (NHKにようこそ!) 日本柊姉妹協会 日本保護者協会 日本ハッテン協会 日本エイチサイティン協会

NHK  特殊法人 日本放送協会 東京都渋谷区南二丁2-1
Nippon Hoso KyokaiJapan Broadcasting Corporation)
総合 地デジ 1 (UHF 27ch) 東京スカイツリー
※地域によりチャンネルは異なります
Eテレ 地デジ 2 (UHF 26ch) 東京スカイツリーほか
BS1 BSデジタル 1 (BS 101ch)
BSプレミアム BSデジタル 3 (BS 103ch)
BS4K BS4K 1(BS4K 101ch)
BS8K BS8K 2(BS8K 102ch)
AM
ラジオ第1
AM 594 東京都茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県神奈川県
※その他の地域では周波数が異なります
AM
ラジオ第2
AM 693 東京都茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県神奈川県
※その他の地域では周波数が異なります
FM 東京 FM 82.5 / 横浜 FM 81.9 ほか

  


特殊法人 日本放送協会(NHK)とは・・・


日本国における公共放送局(ラジオテレビ)の一つである。東京を中心に、全各地に1つ以上の放送局を設けている(北海道では7局設置)。なお営放送ではないことに注意が必要である。

日本では放送大学学園と日本放送協会が公共放送に該当する。

放送法に基づく特殊法人であり総務省が所管している。

後述するとおり、基本的には民から受信料を徴収(ただし予算は国会の承認を得る必要がある)、それを資として運営されており、広告による収入は放送法によって禁止されている。ただしそれ以外に受信料以外の収入もある。


受信料以外の収入


交付収入
際放送関係交付選挙放送関係交付
日本放送協会に際放送の実施を要請し、その放送に要する費用を交付(総務省)
情を正しくに伝え、海外同胞にその生命・身体等の保護のため災害、事件等を速に伝えるための交付35億6000万円平成30年度交付額)
自衛隊等のジェット機の飛行に伴う騒音によるテレビ放送の聴取障に係る助成の措置(防衛省
騒音保障によるテレビ放送の聴取障に係る助成として飛行場周辺のNHK契約に対して受信料の半額を各地方防衛局が肩代わりしている。
選挙放送関係交付総務省
選挙放送に応じて交付を受けている。
副次収入
出版物の販売やDVD、外部への映像素材の販売、著作権の使用料、NHKが保持するハイビジョンなどの技術特許使用料
特別収入
非現用不動産等の固定資産売却益
財務収入
受取利息、受取配当

税納付の免除


NHKは法人であるため税納付が免除されている。
これは地方公共団体国立大学法人独立行政法人などと同様の扱いであり法人税法で法人と規定される法人に対しての処置である。
なお、府県民税や市町村民税については一部のみ納付している。


災害時の放送


NHKは気業務法により、気象庁からの警報通知に対して、直ちに放送する義務を負う。そのため、地震津波台風気象警報などの放送は民放よりも即座に行われる。

2007年10月から緊急地震速報の運用が始まると、震度5弱以上と推定される地震発生の恐れがあると、地図と地域名が画面下に表示されるようになった。関東民放キー局では、関東地方で強い地震が予想されるとき、東北など周辺の地域でも強い地震が予想される時でも関東だけの地図関東地方のみ表示される。逆にNHKでは、遠く離れている地域で強い地震が予想されたとしても全表示される。


■sm13883304[ニコ動]

■sm13899897[ニコ動]


これに加え、緊急警報放送として、津波が到達する恐れがある場合も、特定コードを音化したブザー(緊急警報信号)が鳴り、津波警報、注意報と対地域の地図が表示される。
これに対応するテレビラジオは、この信号を受信すると即座に電が入り、NHKのチャンネル(周波数)に切り替わるようになっている。この放送は1ヶに1回、試験放送が行われる。

■sm91119[ニコ動]

そのため、地震などの災害が発生したら、まずNHKに切り替えれば一通りの情報を確認することができる。民放をあてにしたら災害に巻き込まれかねない。

また、NHKの緊急放送はB-CASカードなしでも視聴可である。民放は(ry


NHKヒストリー



NHKの受信料


原則として、受信設備(テレビワンセグ付きの携帯電話など)を保有している各世帯から受信料を徴収して運営されている。

放送法第64条(受信契約及び受信料)によれば、受信設備を保有している場合は受信契約を締結する義務を負うことになっている。逆に言えば、受信設備を保有していない場合は契約の義務はない。一方、保有しているが、一切使っていない場合は契約の義務がある。

視聴の有ではなく、受信設備の有契約義務の根拠としていることが受信料問題の大きな原因といえるだろう。(法律の解釈には諸説あるので、詳しくはNHK受信料[外部]を参照のこと)

ニュースドキュメンタリーに強く、一般的にお堅い放送局のイメージが強い。しかし、実は広告収入体の民放とは異なり受信料収入体の放送局なため、民放の組みでは実現しづらい企画何かの間違いで通ってしまう柔軟さも持った放送局でもある (→NHKの本気) 。

しかし、数々の不祥事、また集体制や子会社問題などの「経営面への反発」、(これは主観を含むが)偏向報道バラエティー化などの「放送内容への反発」、単純にテレビワンセグを持っているが使用していないといった「持っている、いないの差で使っていない料を払わされることへの反発」として受信料支払いを拒否している世帯も多く、近年ではこの受信料の止、スクランブル放送の実施、果てには民営化問題も取り沙汰されている。

受信料収入は一時不祥事により減ったこともあったが、基本的に大幅な増加傾向にあり、2018年度予算では過去最高の7300億円を記録している。平成に入る頃には4000億円ほどであったため、約30年で1.8倍に増えていることになる。

よく「NHKの受信料は高い」と言われるが、民放のテレビについても「広告料という形で間接的に視聴料を支払っている」と捉えるとどちらも大差がない準の料になると考えることもできる。→詳細はTVCMの項を参照。

2019年5月末にはテレビ放送と同時にインターネット配信を可にする放送法の正案が国会で成立している。近い将来、スマホパソコンでNHKのライブ視聴が可になることを意味するが、当然NHKがネットに接続されたスマホパソコンを所有している人間に対して受信料の支払いをめる根拠にもなるだろう。NHK受信料“闘争”にケリをつけるスクランブル放送の導入を[外部] 2019.5.30


NHKのあれこれ



NHKのネット展開と放送ライブラリー



次へ»
最終更新日: 19/08/11 21:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ