ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


NINJA GAIDEN


ヨミ: ニンジャガイデン
掲示板をミル!
131カキコ!

NINJA GAIDENとは、テクモ(現コーエーテクモ)から販売されているアクションゲームシリーズ

よく勘違いされ易いが「NINJA GAIDEN シリーズ」であって「NINJA GAIDEN Σ シリーズ」ではない。


概要


開発はTECMOの「Team NINJA」が担当。タイトルは、FCソフト忍者龍剣伝』の海外タイトル『NINJA GAIDEN』から来ている。の一族のリュウ・ハヤブサ」の活躍を描くアクションゲーム『NINJA GAIDEN Dragon Sword』のみ、タッチペン操作という異色作になっている。

テクモ社員、現ヴァルハラゲームスタジオ代表取締役板垣伴信氏がプロデュースした作品としても知られる。なお、板垣氏が開発を担当したのは『1』『Black』『2』のみで、後述する『Σ』『Σ2』の開発には携わっていない。

タイトルの後に『Σ』と付くものは、Team NINJAリーダー矢仕洋介氏が開発を担当したリメイク作品であり、敵の強さ・配置の調整、新要素の追加等がされている。区別のため、ファンからは「無印1」「Σ1」のように呼び分けられている。


ゲームシステム



難易度


最近のアクションゲームにしてはしい、とてもシビアな難易度

敵のAIが優秀(とはいってもある程度行動パターンは決まっている)で、じっとガードを固めていると投げられ、適当ジャンプするとロケットランチャーで撃ち落され、適当タイミングで攻撃すると回避される等、「雑魚」とは思えない雑魚敵が多数出現する。中にはスーパーアーマーガード不能技を備えている者もおり、たった1体の雑魚敵に殺されることもしくない。

その難しさから、クリア前に投げ出すプレイヤーも多く、彼らから調整不足のクソゲー運ゲーとして扱われることもある(実際、運ゲーに近い戦闘もあるBlackダイナモとか・・・)。

だが、それ故にステージクリア時の達成感は一入だとも言える。捌き(カウンター)、手裏剣キャンセル路(敵を踏み台ジャンプ)、絶技引導といった戦闘テクニックも豊富で、それらを覚え実践していく面さもある。何より、先に進むにつれて上達していく自分の腕前を実感できるのが楽しい。

極めれば、関連動画にあるような超絶プレイも可となる。


演出


絶技

ニンジャガをる上で外せない要素の1つ。宙に浮くエッセンスを吸収して、高威無敵技を放つ。

もさることながら、絶技の魅はその超絶モーションにある。おおよそ人間とは思えない動きで敵を滅多切りにするリュウの姿は、まさに圧巻。


■sm3937314[ニコ動]

滅却

『2』『Σ2』独自のシステム。敵が欠損(腕、脚がもげた)状態になった時に、強攻撃を当てると発動。

滅却が発動すると、専用の演出が入り敵を一撃で倒すことができる。コンボから流れるように敵を滅却する様は必見。

■sm4094818[ニコ動]


あらすじ



NINJA GAIDEN


[画像を見る]

ドーク卿率いる「ヴィゴル帝国」の軍団が、突如の里に現れる。

彼らの狙いは里に封印されている魔黒龍丸」であった。里の民と魔を護らんと出撃するリュウであったが、人外を持つドークの前に敗北黒龍丸も奪われてしまう。

加護により一命を取り留めたリュウドークへの怒りに燃える彼は、黒龍丸の奪還と、殺された同胞の討ちのため、ヴィゴル帝国行きの飛行船へと乗り込む。 


NINJA GAIDEN 2


[画像を見る]

東京で地蜘蛛一門の忍者が暗躍しているとの情報リュウに入る。地蜘蛛一門とは、数世紀前から一門と対立している忍者衆で、的達成のためならどんな卑劣な手段も厭わない外道の集まりであった。

不審に思ったリュウ東京へ赴き、そこで地蜘蛛忍者に襲われていたソニアというCIAエージェントを助ける。詳しい事情を聞こうとするリュウ。だが、彼女の口から告げられたのは驚くべき内容だった。

らは邪神らそうとしている」

リュウと、地蜘蛛一門そして四殺重王率いる魔神達の、壮絶なる闘いが幕を開けようとしていた。


登場人物



メインキャラクター


リュウ・ハヤブサ

[画像を見る]
主人公の一族の末裔である「忍者」、邪悪と戦い続ける宿命を背負う。忍者の中の忍者、すなわち「」。テクモ格闘ゲームデッドオアアライブ』、コーエーアクションゲーム無双OROCHI2』にも出演している。

あやね

[画像を見る]
若き天才くのいちリュウの任務をサポートする。Σ2で晴れプレイアブルキャラクターになった。流天神流・覇神門リュウと同じく『DOA』『無双OROCHI2』にも出演している。


1のキャラクター


マルバス

[画像を見る]
3人いる重卿の1人。ラスボスの前座、最後の大ボスという大役を担っている。が、中で様子見、戦闘中に手下を召喚する等のチキン戦法が立つことや、ドークアルマにべて行動パターンが単調で分かり易いことから、その存在は半ばネタ扱いされている。Σ2では第一人称「マルバス様」になっている。

ようこそ 修羅の魔界へ

だが お前ごときにこのマルバスが倒せるか? 


2のキャラクター


幻心

[画像を見る] 

「邪衆」とも呼ばれる地蜘蛛一族の頭首。その実と気は一族稀代のと呼ぶにふさわしい。

エリザベート

[画像を見る]
蜘蛛一族の中に入り込み、幻心と共に一門と敵対するの女。の里に封印されている邪神像を狙う。(以下ネタバレにつき要反転
その正体は四殺重「血のエリザベート」の異名を持つ魔神。反則的な回避を誇り、『2』『Σ2』において厄介ボスと言われている。

アレクセイ

[画像を見る]

四殺重王「電撃アレクセイの異名を持つ魔神。破壊と殺戮を好む魔神にしてはしく、美しく麗な者を好む。やや陶酔気味の言動が立つ。

ヴォルフ

[画像を見る]

四殺重王「のヴォルフ」の異名を持つ人狼の王。戦闘狂であり、強き者は敵であろうとも賛美する美学と、地獄剛殺じゅうきじごくごうさつじん)という恐ろしい形を持つ。前述のネーミングセンスと、強敵いの四殺重王の中では最も行動をパターン化し易い(つまり弱い)ことから、ネタにされ易い。

ゼドニアス

[画像を見る]

四殺重王「炎のゼドニアスの異名を持つ魔神。人類をと見下し、人間に火を与えたと称する。通称、エイシャオラー。


作品一覧



関連動画



1本編


■sm15984106[ニコ動]
■sm588256[ニコ動]


2本編


■sm3749512[ニコ動]
■sm13527142[ニコ動]

■sm8436297[ニコ動]
■sm12821941[ニコ動]


ガチ系MAD


■sm54281[ニコ動]
■sm178437[ニコ動]


ネタ系MAD


■sm4270007[ニコ動]
■sm1751188[ニコ動]


関連商品


■azB0013F1J2O
■azB001XCW5J8
■azB000P0503C
■azB000W00E5Y


関連コミュニティ&チャンネル



チャンネル


■ch211


コミュニティ


■co2437


関連項目



最終更新日: 12/12/15 16:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ