ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


No.73 激瀧神アビス・スプラッシュ


ヨミ: ナンバーズナナジュウサンゲキロウシンアビススプラッシュ
掲示板をミル!
77カキコ!

現れよ、No.73!
カオスに落ちたるなる滴。そのを示し、混沌を浄化せよ!アビススプラッシュ

No.73 激瀧神アビス・スプラッシュとは、アニメ遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。


概要


の底に眠る遺跡のナンバーズの1枚。

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/属性/戦士族/ATK 2400/DEF 1400
レベル5モンスター×2
このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
このカードエクシーズ素材1つを取り除いて発動する事ができる。
バトルフェイズ終了時まで、このカードの攻撃は倍になる。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

公式サイト必勝!モンスターアカデミー[外部]」第11回による

ナンバーズ精霊アビス」によって遺跡へと呼び寄せられ、操られた璃緒。シャークは璃緒を救うため、アビスに操られた璃緒とデュエルを行う。

しかし、デュエルの最中、突如アビスによってシャークはるか古代の王の幻覚を見せられ、試練が始まる。
突然自らが王と呼ばれ、導者として仰がれることとなり混乱するシャークであったが、ゴルゴンを従えたベクター軍の襲来、そして、の前のアビスモンスターエクシーズ、「ゴルゴニックガーディアン」に対し、自らが導者と呼ばれることを否定しつつも、負けるのは「イラッとくる」として、見事に対処する。

ゴルゴニックガーディアン」を破られた璃緒。だが、フィールドにはレベル5モンスターが2体う。


王の記憶


ゴルゴンの攻略法を見出したことにより、戦況は逆転、ベクター軍は窮地に陥るが……。

にはまだ全がついている。さぁ、血の代償と引きかえに、お前に貸せ!姿を現せ、全よ!」


璃緒は、「ゴルゴニックゴーレム」と「ゴルゴニックガーゴイル」をオーバーレイユニットにこのカードエクシーズ召喚ナンバーズを前にして、シャークドルベアストラル記憶世界へと誘われる。


王の記憶


王の記憶の中で、王の胸元のペンダントにしたドルベ……。

が、あのベクターにつくとは…。」
「あれを浄化するには…。」

を前に、王の軍の船は次々と沈められていく。しかし、璃緒はを駆り、の下へと向かう。


ここでアビスが姿を現し、アビスによってデュエルが続けられる。
このカードの効果を発動して攻撃を倍にし、シャークの「デプス・シャーク」を攻撃したが、「ハイドアンド・シャーク」によってしのがれた。


王の記憶


「ハハハハッに降伏しろ。さもなければ、キサマのは、の泡と消えるだろう。」

璃緒を牙に降伏を迫るベクター。しかし、そこへ王の友であるという騎士ドルベが救援に駆けつける。だが、矢に阻まれ璃緒の下へは近づけない。

だが、璃緒はベクターから解放するため、自らへと身を投げる。そして、渦の中から現れたのは……。

「あれは、遺跡の新たなナンバーズ。まさか、シャークと璃緒は…。」


記憶の中で、璃緒を救えなかった自分に絶望し、崩れ落ちるシャーク。そのシャークの前で、再び璃緒が渦へと飲まれんとするも、シャークにはどうすることもできず……。

 

かっとビングだ、!」

 

遊馬はためらわずに璃緒の下へと飛び込み、救いだす。

シャークは助けたぜ。心置きなく、そいつをぶっ倒せ!」

「さあ、牙、を倒し、自分の記憶を取り戻し、王として、世界を導くのだ。」
ふざけるな。は、でもねえ。は、だ!」

シャークは、璃緒の化身であるナンバーズ、「No.94 極氷姫クリスタル・ゼロ」をエクシーズ召喚する。アビスも対抗してこのカードの効果を発動、攻撃を倍にするが、クリスタルゼロの効果を2回使用されて攻撃は4分の1へと減少(元々の攻撃の半分)。そのままクリスタルゼロの攻撃を受けて、アビスライフは0となった。

デュエル終了後、このカードシャークの下へと渡り、遺跡は消滅。皆は皇の飛行船へと飛ばされた。


ハートランドシティに帰還したシャークと璃緒であったが、璃緒は睡状態に陥ってしまう。
シャークは、自らと璃緒が、遊馬たちの敵であるはずのバリアンではないかという疑惑に思い悩み、幼いころの自らのことを思い出そうと、幼少のころを過ごした屋敷へと訪れたが、バリアン七皇ベクターの刺客であるクラゲ先輩の襲撃を受ける。璃緒共々を受け、危機に陥るが、かつての敵であるIVが助っ人に現れ、ともにクラゲ先輩とのデュエルを始めた。

の影で一時は倒れたシャークであったが、IVの叱を受け再び立ち上がる。
アトランティスの威」でレベル5となった「ビッグ・ジョーズ」と「パンサー・シャーク」をオーバーレイユニットとしてエクシーズ召喚。あらかじめ発動していた永続魔法の護符」で効果から守っていたが、クラゲ先輩の「ジェリーホール」でこのカードと「の護符」の効果を効化され、「No.4 猛毒刺胞ステルス・クラーゲン」の破壊効果を受けてしまう。
しかし、「カスケード・バリア」で効果破壊を効にし、さらに攻撃を0にすることで、その後の「ステルス・クラーゲン・エフィラ」に破壊された際のダメージも0にした。さらにIVの「エンジェルストリングス」によって復活、IVの「No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス」と「ギミック・パペットナイトメア」の2体を素材として効果を2度使用、攻撃9600となってNo.4へ攻撃し、クラゲ先輩勝利した。

刺客を退けたシャークであったが、クラゲ先輩は消滅の間際に衝撃真実を言い遺す。さらに、自らのの紋章が、記憶の中の王家の紋章と同じであることに気付いたシャークは、さらに思い悩むこととなる。


遊馬が消滅したアストラルを救うべくアストラル世界へ向かう中、シャークは璃緒の病室で一人思い悩んでいた。
そこへ、バリアン七皇ドルベが現れ、シャークバリアン七皇リーダーナッシュであることを告げ、ワープによってシャークと璃緒をかつてアビスと戦った遺跡へと連れて行った。そこでシャークはかつての自分の記憶を確かめる。


王の記憶


アビスを浄化すべくへ身を投げた璃緒。それによってアビス解放され、ベクターは一時撤退した。すぐさま璃緒の体は引き上げられたものの、すでに命はなかった。璃緒の葬儀を終えた王はベクターを追いかけ璃緒のを討つことを決意。ドルベ(「No.44 白天馬スカイ・ペガサス」)と共に同行した。

決着のつかぬままひたすらベクターを追い続ける王であったが、その最中、ベクターによって滅ぼされた村に、璃緒によく似た少女を見つける。放っておけなかった王はイリスという少女を救い、同行させた。
果てしない戦いの中、後わずかのところまで追いつめたが、王の兵も傷ついていた。璃緒の精霊と言葉を交わした王は、アビスを従え単身ベクターへと乗り込もうとする。兵を蹴散らし、アビスによってモンスターをなぎ倒し、たどり着いた先はアビスデュエルを行った遺跡であった。

王の提案を受け、ナッシュを遺跡のへと迎え入れたベクター。2人は「デュエルモンスターズ」による闇のゲームで決着をつけることとなる。
一方、王の不在を知った兵たちはドルベ揮によってベクター軍との決戦を開始。王の望まなかった決戦が始まってしまう。闇のゲームによって両軍の運命が決まる。戦いの引き金を引いたのは王自身であるとベクターは言う。

「陰謀の大災害」によって、王の全ての石デッキ)のモンスター墓地へ送られてしまう。さらにベクター側に「ゴルゴニックガーディアン」2体がエクシーズ召喚され、王はライフ800まで追いつめられた

しかし、先ほど墓地へ送られた「ゲイザー・シャーク」2体をその効果によってオーバーレイユニットとしてこのカードエクシーズ召喚。効果で攻撃を倍にして「ゴルゴニックガーディアン」へ攻撃し、「ゴルゴニックガーディアン」の効果による反撃を「オーバーレイ・ウェッジ」で封じ、攻撃を決めて王はゲーム勝利した。

ベクターを打ち倒し外へ出た王であったが、そこに待っていたのは死した自らの兵とイリスであった。そして、死した者の魂はバリアン世界へと送られ、バリアン世界が成長していく。
全ての記憶を取り戻し、自分自身がバリアンリーダーナッシュであることを確信したシャーク遊馬アストラルカイトの敵が自分自身であると知ったシャークは、バリアン七皇リーダーナッシュとしてバリアン世界に戻り、かつての臣下たちとともに遊馬たちと対峙することを決意する。


バリアン七皇としてバリアン世界に戻ったナッシュは七皇に新たなとして「RUM-七皇の剣」を与え、Mr.ハートランドの(実際はベクタードン・サウザンドによる)バリアン世界人間世界融合計画に乗じて人間世界を襲撃する。

しかし、ベクタードン・サウザンドの計略によりナッシュは囚われの身となり、バリアン七皇の魂の吸収をもくろむベクタードルベメラグデュエルを行う。

そのデュエルの中で、ベクターからメラグ(と、その様子を見ているナッシュ)に「衝撃真実」が明かされたことで、メラグ記憶が戻る。


皇の記憶


ナッシュメラグのことが気に入らないベクターは、2人の排除をもくろみメラグ拘束するが、ナッシュに追われ、崖っぷちに追い詰められていた。ナッシュも一応は仲間であるベクターに情けをかけたのか、メラグ解放すれば命だけは助けると言うが……。

「もう、よせ、ベクター貴様の負けだ!」
ナッシュ、私にかまわずベクターを!」
「むかつく、むかつくぜ、てめえら!」

「こうなったら、てめえ地獄へ送ってやるよ!トラップ発動!天空大剣!」

天空大剣」によって作り出された暗の渦へとメラグを放り込むベクターナッシュはすぐさま渦へと飛び込み、メラグとともに渦の中へと落ちてゆく。
二度と這い出ることのできない渦へとみ込まれたはずの2人がたどり着いたのはどことも知れぬの底。そこで2人はアビスに出会う。

「あなたたちの魂は、人間世界で新たな器を見いだすことでしょう。」
「ただし、これまでのすべての記憶は失われます。そして、王が再び私めと相まみえたとき、その記憶は…。」

「どうだ?この子たちの両は。」「だめだ、今さっき亡くなられた。」
キミこの子たちを霊安室へ。あと、警察へ連絡を。」

「な、なんだ!?」「生き返った!子供が生き返ったぞ!」


神代凌牙としての苦悩の原因がベクターにあることを知ったメラグは、ベクターを倒さんとするが、ドン・サウザンドを得たベクターの前に、ドルベメラグは敗れ、魂を吸収されてしまう。

高したナッシュベクターの下へ向かい、デュエルを行う。
そのデュエルの終盤で登場。「デプス・ガードナー」と「デプス・バイター」をオーバーレイユニットエクシーズ召喚され、効果で攻撃を倍にして「CNo.5 亡朧龍カオス・キマイラ・ドラゴン」へ攻撃したが、「オーバーレイバーグラリ」を発動されて、オーバーレイユニットを奪われてしまう。
しかしナッシュは、ここで「RUM-クイック・カオス」を発動、このカードランクアップさせた。


攻撃名は「ファイナルフォール」。

自身のナンバーの刻印は、右の裾にある。

記事最上部にあるのは初登場時に璃緒(アビス)が召喚した際の口上。のちにシャークが使用した際の口上もほぼ同じだが、細かい点では「現れよ」→「現れろ」、「落ちたる」→「落ちた」とわずかに変化している。璃緒(アビス)は意識して少し古に聞こえるような言葉遣いにしたのかもしれない。
遺跡でのVSベクター戦での口上は「現れろ、No.73!よ、降臨しろ!アビススプラッシュ!」。


遺跡の記憶とシャークの関係



次へ»
最終更新日: 17/02/18 00:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ