ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


No.92 偽骸神龍 Heart-eartH Dragon


ヨミ: ナンバーズキュウジュウニギガイシンリュウハートアースドラゴン
掲示板をミル!
63カキコ!

偽りの骸を捨て、となりて現れよ!
No.92 偽骸神龍 Heart-eartH Dragon!

No.92 偽骸神龍 Heart-eartH Dragonとは、アニメ遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。


概要


Dr.フェイカーの使用する「No.53 偽骸神 Heart-eartH」のの姿とされるナンバーズ。しかし、CNo.などと違い、別の数字を与えられている。アニメ内で確認できるは以下の通り。

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/闇属性/ドラゴン族/ATK 0/DEF 0
レベル9モンスター×3
このカード戦闘では破壊されない。
このカードが特殊召喚に成功した時、相手フィールド上に攻撃表示で存在する
全てのモンスターの表示形式を守備表示にする。
この効果の対になったモンスターの表示形式は変更できない。
このカード戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージ効にし、
その戦闘ダメージの数値分だけ相手ライフダメージを与え、
自分はその数値分だけライフポイント回復する。
このカードの特殊召喚後に相手フィールド上に置かれた全てのカードは、
その次のターンのスタンバイフェイズ時にゲームから除外される。
このカードエクシーズ素材い状態で破壊され墓地へ送られた時、
このカードは1度だけ墓地から特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃は、
ゲームから除外されている全てのカードの枚数×1000になる。

アニメ遊☆戯☆王ゼアル」第70話による

長すぎる……。テキストは370文字ある。
大まかに、以下のような効果を持つ。

  1. 戦闘で破壊されない。
  2. 特殊召喚成功時、相手攻撃表示モンスターをすべて守備表示にし、そのモンスターは表示形式変更不可。
  3. このカード戦闘による自分へのダメージ効にし、相手のその数値分ダメージ「自分への戦闘ダメージ効にして、その数値分相手に効果ダメージを与える」のか、「自分が受けるはずの戦闘ダメージを相手に受けさせる」のかはっきりしない(テキストを素直に受け取れば前者だが)。
    前者の場合、「エスケープ・ルアー」の「自分への戦闘ダメージ」を効にする効果が適用されたことと矛盾する(前者の解釈なら自分(=Heart-eartH Dragon側からみた相手)が受けるのは効果ダメージであり、「エスケープ・ルアー」の効果対外)。
    後者の場合、「ZW玄武絶対」の「効果ダメージ」を効にする効果が適用されたことと矛盾する(相手に肩代わりさせるだけであって、そのダメージ戦闘ダメージとなるため、玄武絶対の効果対外)。
    戦闘ダメージかつ効果ダメージと考えれば一応は解決するが……。
    &自分は回復
  4. このカードの特殊召喚以後にフィールドに置かれたカードは次のスタンバイフェイズに除外。
  5. 素材がない状態で破壊されたら1度だけ特殊召喚でき、攻撃は除外カード×1000になる。

最終決戦遊馬シャークカイトVSDr.フェイカー戦で登場。
No.53 偽骸神 Heart-eartH」の効果によって特殊召喚され、2.の効果を発動、3人のモンスターを全て守備表示にした。さらに表示形式変更をトリガーとする「フェイクフォーム」の効果ダメージで決着をつけようとしたが、「クリフトン」によってダメージを防がれ失敗した

その後、フェイカーのターンにはこのカード自ら「No.32 海咬龍シャーク・ドレイク」へ攻撃したが、「エスケープ・ルアー」で攻撃対を「No.39 希望皇ホープ」に変更され、さらに遊馬は「ハーフ・アンブレイク」をこのカードに対して適用するただし、劇中で確認できる「ハーフ・アンブレイク」のテキストを見る限り、対にできるのは自分のモンスターだけであるため、このプレイングはテキスト矛盾してしまう。しかし、後に「ハーフ・アンブレイク」のテキストのほうがつじつまの合うように修正されている。
エスケープ・ルアー」は単に「戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージ」を半減する効果であった。
ことでダメージを半分に、「エスケープ・ルアー」の半減効果と合わせて3人に与えたダメージは1/4となった。

その後、シャークターンに、4.の効果によって前の遊馬ターンに置かれたカードを全て除外。さらにカイトターンにはシャークカードを除外したが、除外した伏せカードが、除外されることを発動条件とする「エクシーズ・ディメンション・スプラッシュ」であったため、その効果を発動されてしまい、そこから「超銀河眼の光子龍」のエクシーズ召喚を許してしまう。

超銀河眼の光子龍」によってオーバーレイユニットを奪われ、効果も効にされ、攻撃を受けて破壊された。
この時点でDr.フェイカー意が明らかになり、誤解が解けたことでフェイカーの戦意も喪失、デュエルは終了かと思われたのだが、バリアンベクター)がDr.フェイカーの体を乗っ取りデュエルは続行。5.の効果によって復活し、攻撃4000となった。さらに2.の効果も発動し、「超銀河眼の光子龍」の動きを封じた。

そして「超銀河眼の光子龍」を攻撃、「バリアンズ・ゲートウェイ」の効果ダメージを利用して決着をつけようとしたが、「フォトンエスケープ」で「超銀河眼の光子龍」を除外、バトルフェイズを終了されたためわなかった。しかし、これでさらに除外カードは増え、とうとう攻撃5000となってしまう。

もはやこれまでかとも思われたが、遊馬アストラルオーバーレイ、「ZW玄武絶対」の効果で除外されていたモンスター3体がフィールドに特殊召喚されたことで攻撃2000までダウンしてしまう。一気に形勢逆転され、追い詰められたバリアンは「バリアンズ・バトルバスター」でこのカードと「CNo.39 希望皇ホープレイ」を強制戦闘させ、3.の効果で勝利を狙ったが、玄武絶対によってそのダメージを利用されてホープレイの攻撃は16600となり、さらに効果も効にされてしまい、ホープレイの一撃によってバリアンライフは0となった。


WDCにおける騒動の後は、このカード遊馬アストラル)の下へ渡った。

その後、遊馬自身がこのカードを使用する様子はなかったが、自称)となったNo.96 ブラック・ミストとのデュエルにおいて、No.96の「カオスフィールド」の効果によって、遊馬エクストラデッキからNo.96フィールドへと特殊召喚され、直後に「カオスフィールド」のさらなる効果で「CNo.92 偽骸虚龍 Heart-eartH Chaos Dragon」へとランクアップされた。

その後、No.96CNo.92カオスオーバーレイユニットを使用したことで、このカードは(ルール上)元々の持ちである遊馬アストラル)の墓地へ送られる。そのため、「ナンバーズリターン」の効果で蘇生であった(OCGでは不可能だが、アニメルールでは可な模様)が、アストラルはこのカードや「No.69 紋章神コート・オブ・アームズ」ではなく、遊馬アストラルがずっと戦ってきた仲間、「No.39 希望皇ホープ」を復活させることを選択、「ナンバーズリターン」の効果によって、このカードは復活したホープオーバーレイユニットとなった。
このオーバーレイユニットホープレイまで引き継がれ、ホープレイの効果のために使用された。


攻撃名は「ハートブレイクキャノン」。

自身のナンバーの刻印は、胴のくびれの部分の右側にある。

記事最上部にあるのはNo.96が「カオスフィールド」の効果で特殊召喚した際の口上。

尾がとても長い。あまりにも長すぎるためか、公式サイトモンスターエクシーズ図鑑」に掲載されているイラストでは尾の部分がカットされている。

Heart-eartHの姿を現した。攻守はともに0となったが、効果は悪。しかし、Heart-eartHのときにはあった魔法モンスター効果への耐性が失われていたり、破壊されたときの復活効果は素材い状態で破壊される必要があるのに、素材を取り除く効果が存在しなかったりと、欠点もある程度は存在する。
ランク5のHeart-eartHランク9のHeart-eartH Dragonになるというのは、ある意味ではZEXALランクアップの先取りといえるかもしれない。

全てのモンスターに対して戦闘破壊耐性を持っているため、基本的にすべてのナンバーズが持つ「『No.』と名のついたモンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されない」効果を例外的に持たない。


OCG版


COSMO BLAZER」(2012年11月17日発売)でOCGに登場。

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/闇属性/ドラゴン族/ATK 0/DEF 0
レベル9モンスター×3

(1):このカード戦闘では破壊されず、このカード戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。(2):相手エンドフェイズにこのカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。このターンに召喚・特殊召喚・セットされた相手フィールドカードを全て除外する。(3):X素材を持っているこのカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。(4):このカードが自身の効果で特殊召喚した場合に発動する。このカードの攻撃は除外されているカードの数×1000アップする。

アニメ版とのおもな相違点は以下。


元々種類も多くないレベル9モンスターを3体も要する非常に厳しい定を持つ。どうしてもえるなら「ギャラクシー・クィーンズ・ライト」を利用すればそれなりにえやすい。
しかし、厳しいことには変わりないため、基本的には「No.53 偽骸神 Heart-eartH」の効果からエクシーズ召喚することとなるだろう。ただし、その場合は素材が1枚しかなくなり、除外効果と復活効果をどちらか1つしか選べなくなる。

(1)の効果は戦闘破壊耐性とダメージを反射する効果。こちらから攻撃しても適用されるため、相手の高攻撃モンスターにどんどん攻撃を仕掛けていきたい。しかし、「次元幽閉」などの妨を受けやすい点や、相手が高攻撃モンスターを出してこないと大きなダメージにはならない点には注意。伏せカードには警したい。

(2)の効果はそのターンに出たカードを全て除外というかなり強な除去効果。
素材を持ったこのカードがあれば、相手はカードを大量に展開することをためらうようになり、妨カードなどをらせにくくできるため、1つの効果を妨されにくくなる。

(3)(4)の効果は、素材のある状態で破壊されたときに復活し、除外枚数×1000攻撃アップするもの。
(2)の除外効果を警して相手がこのカードの破壊にかかってくれば効果を発動できる。
素材がある状態で破壊された場合にしか使用できないため、Heart-eartHからエクシーズ召喚した場合、2つの効果とどちらか1つしか選べなくなり、2つの効果によって除外枚数を稼ぐことができなくなる。「オーバーレイリジェネレート」などで素材回復させればこの限りではないが、除外をこのカードだけに頼らず、「魂の解放」を使ったり、デメリットコストで除外されるカードを使用するといいかもしれない。
あるいは、攻撃アップをあきらめて、1つダメージ反射効果のために復活させるという使い方もある。

エクシーズリボーン」とは相性がよく、相手ターンエンドフェイズに奇襲的に蘇生させて除外効果を使用したり、素材を必要とする復活効果を使用したりできる。Heart-eartHからエクシーズ召喚して効果を使用する場合、素材が足りなくなりやすいので、「エクシーズリボーン」などを活用するといいだろう。


関連動画



■sm18885449[ニコ動]

■sm19431019[ニコ動]

■sm22463586[ニコ動]
■sm22794309[ニコ動]
■sm23784546[ニコ動]
■sm25538588[ニコ動]


関連商品


■azB00A8F142U
■azB00A74NTBQ


関連項目



次へ»
最終更新日: 21/04/28 13:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ