ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


NPB


ヨミ: エヌピービー
掲示板をミル!
40カキコ!

NPBとは、日本プロ野球(Nippon Professional Baseball)の略称である。

日本プロ野球組織のことで、MLBメジャー)との対の際に用いられる。またそれを統括する日本野球機構Nippon Professional Baseball Organization)、日本プロフェッショナル野球組織のこともす。


リーグの構成


NPB(日本プロ野球)
セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
巨人 読売ジャイアンツ巨人 [画像を見る] 北海道日本ハムファイターズ日本ハム
[画像を見る] 東京ヤクルトスワローズヤクルト [画像を見る] 東北楽天ゴールデンイーグルス楽天
[画像を見る] 横浜DeNAベイスターズDeNA [画像を見る] 千葉ロッテマリーンズロッテ
[画像を見る] 中日ドラゴンズ中日 [画像を見る] 埼玉西武ライオンズ西武
[画像を見る] 阪神タイガース阪神 [画像を見る] オリックス・バファローズオリックス
[画像を見る] 広島東洋カープ広島 [画像を見る] 福岡ソフトバンクホークスソフトバンク
イースタン・リーグ二軍 ウエスタン・リーグ二軍
北海道日本ハムファイターズ日本ハム 中日ドラゴンズ中日
東北楽天ゴールデンイーグルス楽天 阪神タイガース阪神
埼玉西武ライオンズ西武 オリックス・バファローズオリックス
千葉ロッテマリーンズロッテ 広島東洋カープ広島
読売ジャイアンツ巨人 福岡ソフトバンクホークスソフトバンク
東京ヤクルトスワローズヤクルト
横浜DeNAベイスターズDeNA

歴史


日本に初めてプロ野球球団ができたのは1920年のことで、「日本運動協会」「野球団」の2チームが設立された。しかし1923年の関東大震災で被災し、両チームとも解散してしまう。

1934年に、メジャーリーグ選抜チームと対戦した日本代表チームベースとした大日本東京野球倶楽部東京巨人軍現在読売ジャイアンツ)が誕生。次いで大阪野球楽部(大阪タイガース現在阪神タイガース)、大日本野球連盟名古屋協会(名古屋軍現在中日ドラゴンズ)、大阪阪急野球協会(阪急軍現在オリックス・バファローズ)など6球団が相次いで結成され、1936年に巨人軍を含めた7球団で日本初のプロ野球リーグ日本職業野球連盟」が発足、現在のNPBに繋がるプロ野球歴史が始まる。

いくつかのチームの増減を経て1944年戦争で中断するが、1946年巨人大阪現在阪神)、中部日本現在中日)、阪急現在オリックス)、グレートリング(後の南海ホークス現在福岡ソフトバンクホークス)、パシフィック(後の松竹ロビンス)、セネタース(後の東急フライヤーズ現在北海道日本ハムファイターズ)、ゴールドスター(後の大映ユニオンズ)の8球団で活動を再開。

1949年毎日新聞の加盟を巡って対立が起き、セントラル・リーグパシフィック・リーグの2リーグ制に分裂、「日本野球機構」が発足する。セ・リーグには巨人大阪中日松竹に、大洋ホエールズ現在横浜DeNAベイスターズ)、広島カープ現在広島東洋カープ)、国鉄スワローズ現在東京ヤクルトスワローズ)、西日本パイレーツ(翌年に西鉄クリッパーズと合併して消滅)の4球団が新規加盟して8球団。パ・リーグには南海阪急、大映、東急に加えて、毎日オリオンズ現在千葉ロッテマリーンズ)、西鉄クリッパーズ(現在埼玉西武ライオンズ)、近鉄パールス(後の大阪近鉄バファローズ)の3球団が加盟して7球団となり、合計15球団に拡大した。
1950年から2リーグでのペナントレースが開始、同年から日本シリーズ1951年からオールスターゲームが始まり、現在まで続く2リーグ制が定着する。その後、いくつかのチームの合併などを経て、1958年にセ・パとも6球団ずつの12球団に落ち着いた。その後も多くの球団が身売り、球団名変更、保護地域の移転などを経験しているが、セ・リーグ1953年に6球団となって以降、球団そのものの合併・消滅などはなく、現行の6球団でのリーグ戦が続いている。

2004年大阪近鉄バファローズオリックス・ブルーウェーブの合併に端を発するプロ野球再編問題が勃発。選手のストライキなどすったもんだの末、近鉄オリックスは合併してオリックス・バファローズが誕生、新球団・東北楽天ゴールデンイーグルスパ・リーグに加盟して、現在に至る。


1年間の流れ


1月に自トレ。2月キャンプを迎え、2月下旬から3月中旬にオープン戦を行い、3月下旬から10月ぐらいまで、全143試合の公式戦(同リーグの他5球団と25試合ずつ+交流戦18試合)が行われる。

5月下旬から6月頃にセ・パ交流戦が行われる。7月には二軍ではフレッシュオールスターゲーム、一軍ではオールスターゲームが行われる。フレッシュオールスターは1試合、オールスター2002年から2010年までは2試合、2011年から2013年は3試合行っていたが、2014年からは再び2試合に戻っている。

7月31日までは各チームとも、トレード、新外国人選手の獲得、育成選手の支配下登録などで新戦の獲得が可9月中旬から10月にかけてシーズンは佳を迎え、順位争い、タイトル争いが過熱する。

シーズンが終了すると、クライマックスシリーズが開戦。レギュラーシーズン3位と2位が競うファーストステージでは2勝したチームが、レギュラーシーズン1位チームと対戦できるファイナルステージに進出し、ファイナルステージ4勝したチーム日本シリーズに出場できる(1位には1勝のアドバンテージがつく)。

クライマックスシリーズが終わった後(だいたい10月半ば)に、高校生大学生社会人などから来季の新入団選手を名するプロ野球ドラフト会議が行われる。

日本シリーズクライマックスシリーズの勝者が突し、4勝したチーム日本一となる。日本一になったチームアジアシリーズへ出場していたが、2014年以降はシリーズそのものが開催されていない。

シーズン終盤から日本シリーズ終了までにかけて(10月1日から日本シリーズ終了翌日まで)、戦力外通告が行われ、毎年数人~十数人の選手が戦外となりチームを去る。日本シリーズが終了すると各球団ともキャンプが始まるほか、二軍の若手選手などはフェニックスリーグ派遣され経験を積む。また、侍ジャパンの出場する際大会や強化試合も開催される。

ドラフト名した新入団選手との入団契約や、来シーズンの年俸が決まる契約10月下旬~11月頃から始まり、11月にはFA宣言した選手の交渉など、各球団が来シーズンを戦う戦を整備するストーブリーグに突入する。多くの選手は身体を休め怪の治療などをして来シーズンへの英気を養い、各球団が期待する若手選手は外ウィンターリーグに派遣されて武者修行を積む。ファン感謝デーなどのファンとの交流イベントなどもこのオフシーズンに行われる。


各種ルール


ここではNPB特有のルールについて記述する。野球の基本的なルールについては野球の記事などを参照。


試合形式・順位・表彰などのルール



試合中のプレーや選手交替に関するルール



試合開催に関するルールなど



次へ»
最終更新日: 20/11/24 18:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ