ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ONG


ヨミ: オング
掲示板をミル!
104カキコ!

曖昧さ回避


ONGとは、スーパードンキーコングシリーズプレイ動画において、アイテムKONGパネルのうちONGだけ集めてクリアするプレイスタイルのことである。

ONG

 

注意

『ONG』は、あくまで一部にのみ普及している嗜好のひとつです。
ドンキーコングシリーズプレイ動画は数多くありますが、中にはONGを知らない、もしくは好きではないうp主視聴者もいらっしゃいます。
明確にONGを意識していると分かるもの以外の動画内で、闇にONG関係のコメント(例:「K空気」「ONGじゃないのか」など)を書くと、場合によっては嫌悪反応・論争などが起き、コメントが荒れてしまう可性があります。
ONGER・KER各自、住み分けして頂きますようお願い申し上げます。
すべてのプレイヤーが気持ち良く動画を見れる・作れる環境作りにどうぞご協ください。

 


概要


KONGパネルとは

任天堂ゲームソフトドンキーコングシリーズに登場するアイテムの一つである。ドンキー「コング」(KONG)と考えられる。ステージに隠された「K」「O」「N」「G」4つのパネルを集めることによって、何らかのボーナスがもらえる仕組みである。また、その存在がステージの進行状況を示す印にもなる。
スーパーファミコン版では、4枚回収で残機が1UPする仕組みであった。しかし、

  1. 広いステージの中で4枚集めるのが容易ではない。
  2. 入手する際に残機を減らすリスクがあるパネルがあると、努対効果が割りに合わない。(残機を1増やすために、残機を1以上減らしていては意味がない)
  3. KONGパネルを集めても残機+1以外の特典がなかった。
  4. 残機を増やす方法ならバナナ100本集める、1UPバルーンを取るなどの方法で十分可

以上のような点から、SFC版ではKONGパネルをわざわざ集める必要性が薄かったので、動画プレイに限らず、一般のプレイヤーにも視することが少なくはなかった。

その後

このように、アイテムとしての存在感が今一つ薄かったことをスタッフも感じていたのか、後継作ではクリア条件の一つに組み込まれ、プレイヤーが回収意欲を燃やせるよう配慮されている。
もっとも、この追加要素にしても、一度回収すればOKの類のものであり、一般プレイでは回収後スルー可、動画プレイなら回収回を別にするという方法があるので、「ONG」プレイ動画)の制作する余地はあり、また、プレイヤー根本的なKONGパネル回収意欲が上げられたといえるのかというと、微妙である。


「ONG」の発祥


スーパードンキーコング兄弟協力プレイ攻略する動画、「ドンキーコング愚兄弟101す。」が発祥とされる。この動画プレイヤーは、Kパネルをわざと視し、ONGだけあつめ攻略するプレイを見せた。
たとえ、プレイヤーミスしてでも成し遂げようとするそのプレイスタイルは、ある種の制限プレイのように見えるが、何の意味・意図をもって、このプレイスタイルを採用しているのか、理由は不明。

で違うプレイスタイルとONGの魅愚兄弟ファンとなる視聴者が増え、ONGを達成したときは「ONG!」のコメント視聴者たちがその喜びを分かち合い(達成寸前はコメントが極端に減る)、ステージの構成上、どうしても取るのを避けられないKパネルを取ってしまったときは落胆のコメントが飛び交う。

共感

共感を呼んだ理由は、一義的・断定的な解釈は難しいが、プレイ動画系で行われる縛りプレイに対する、広く一般的な賞賛・尊敬意識が理由として考えられる。
また、既プレイ者の間で、実際「あれ、結局Kパネルって何処にあったんだ‥?」という経験が結構多く、これが潜在的共感となっている事も、理由の一つと見る向きもある。(当然ながら、抜けパターンは「KOG」「KNG」等もあるが、何故か「ONG」の印・記憶が強い。)


波及・影響


現在スーパードンキーコングシリーズプレイ動画には愚兄弟へのオマージュとしてONGをプレイヤーもおり、そのプレイヤーのことをONGERと呼ぶ。

改造ドンキーシリーズでもONGをしたプレイを推奨した改造が行われている。中には単なる縛りプレイではなく、「K」ネルを取ってしまうと、
 1. 取った死亡
 2. 取った間ではないが、敵の挟撃を受けるなどして、操作しなくても自動的に死亡する。
 3. 自動的は死亡しないが、プレイヤー自殺を強制させるような状況となる。
以上のような改造もされているものもある。これらの改造(版)は「孔明のK」とも呼ばれている。

現在では、「ONG」を意識してない他動画にも、「ONG」コメント等の波及が伝えられている。ただし、広く一般化しているとはいえず、波及先動画では、純ファン視聴者に不快感を与えている場合もある。


近似項目


「ONG」をKONGパネル特定ネルに意味を付加する縛りプレイ改造ドンキーという観点から見た場合、以下のようなONGの親戚が存在する。


その他


ドンキーコングリターンズ』での回収特典の隠しステージは、ともすれば改造ドンキーかと言いたくなる程の鬼畜難易度であり、何より隠しステージステージ番号は『エリア番号)-K』と表記されている。そのため、この隠しステージはONGに対するKパネルの逆襲ではないかと言う説が一部でささやかれているとかいないとか。


関連動画


第1弾。すべてはここから始まった
第2弾。オタケサン刺身もこのシリーズから。


■sm767521[ニコ動]

■sm841100[ニコ動]

第3弾。JUDYとONGの冒険。だが出鼻をくじかれる。
第4弾。雑音入りという名の実況プレイ

■sm1288616[ニコ動]
■sm2182807[ニコ動]


プレイ動画以外のONG


■sm14390905[ニコ動]


関連項目


 


最終更新日: 12/10/25 16:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ