ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


OSTER project


ヨミ: オスタープロジェクト
掲示板をミル!
392カキコ!

 OSTER project(オスタープロジェクト)とはOSTERを中心とした音楽ユニット音楽活動としてはOSTERのソロプロジェクトである場合が多いので、OSTERと同義で使われる場合も多い。

  
  1. 概要
    1. プロフィール
    2. 作品の傾向
    3. エピソード
      1. メディア紹介
      2. 商業分野での活躍
      3. -Project DIVA-
      4. 嫁と婿
      5. エイプリルフール
      6. キーボード演奏
      7. ニコ生での活動
  2. 関連動画
    1. VOCALOIDの代表作
    2. VOCALOIDアレンジ曲
    3. 他の投稿動画
    4. 派生PV動画
    5. 歌ってみた系
  3. 公開マイリスト
  4. 関連商品
  5. 関連コミュニティ
  6. 関連項目
    1. 一般項目
    2. VOCALOID関連楽曲項目
    3. その他楽曲項目
  7. 外部リンク
  8. 掲示板

 

レス>>256 冬みかん氏作

ニコニコ動画ではタグシステム上、タグ名にスペースを含む事ができないため「OSTER_project」と半角スペースの代わりにアンダーバーを用いた表記の登録タグが使われる。


概要


プロフィール

1986年11月24日まれのO型。元・ふたなりのお様(ニコ生ふたなり卒業したと発言した為)。ニコニコ動画でもOSTER projectという名前で認知されている。 活動名は「OSTER」、一人称は「うp主」や「(最終鬼畜)生き物」、ニコニコ動画投稿者HNは「ふわふわシナモン」、P名は「ふわシナP」「ふたなりP」「FTNR-P」、別人格に「フタナリ=フワシナーノ」など。

ニコニコ動画開設以前の2003年からmuzieを中心に活動をしており、StepManiaDTXManiaなどの所謂「音ゲーシミュレーター」やFlash動画などへの音楽提供も行っていた。VOCALOID以前の楽曲は歌唱のないインストゥルメンタル曲が中心であった。当時の楽曲は残念ながら現在は非開となっている。

作品の傾向

ニコニコ動画では、に「初音ミク」を始めとするクリプトン社製のVOCALOIDを使用したオリジナル曲アレンジ曲を中心に開している。この他にもbeatmaniaなどの「音ゲー」関連の楽曲のアレンジや、チーターマンウマウマ等の流行りの曲をアレンジした物を投稿する事もある。

楽曲の特徴としては、女の子視点の曲調や歌詞のものが多く、他のPではなかなか見られない可らしい曲が多い。その一方で、哀愁バラードJazz系統の曲でも評判が良く、特定ジャンルに縛られず作曲出来る多を持っている。近年では敢えて生演奏楽器を使うこともある。「初音ミク」を使用したオリジナル楽曲の投稿者では最古参の一人で、初期からクオリティの高い楽曲を開、さらに絵に定評のある友人ことYおじさん提供イラストの相乗効果などからファンが多い。また、VOCALOID開以前にもInst曲を多数作曲しており、その頃からのファンも少なくない。また、アレンジ動画製作等で他のVOCALOID作者とのコラボが多いPでもある。

VOCALOIDの調整技術にも定評があり、初期から安定した歌唱で非常に人気である。「ミラクルペイント」では初音ミクによる見事なスキャットを披露、「プリンセス・カウガール・ショー」では扱いの難しい鏡音リンにまで高度なスキャットを歌わせるなど、非常に高い調整技術を持っている。この他、バックコーラスで多用する事が非常に多く、よく聞いてみると実はバックで歌ってるという事もある。また、本来「歌わせる」ことを的に開発され、「喋らせる」ことには不向きとされる「初音ミク」を巧みに調整し、ラジオ番組調に喋らせる作品なども投稿している。(→恋ラジ

最近は映像部分の製作にもを入れており、After Effects制作した動画2009年5月頃から出し始め、最近では自ら動画写真の撮影を行う事も多くなっている。また、イラストの描き手に関してもYおじさん以外の描き手を起用することも増えてきている。

また、ニコニコアップロードされている楽曲動画の説明文のほとんどはその時々に流行していたり、うp主が気に入っているネタなどが仕込んである場合が多く、OSTER本人がかなりのニコニコ好者と思われる。(※・・・例外として、マージナル[動]説明文においてはお遊び要素はなく、ファンニコニコユーザーに対してりかける文章になっている。)

エピソード

メディア紹介

各種DTM雑誌でVOCALOID関連の特集記事が組まれると、楽曲はもちろん、作者本人へのインタビュー記事も掲載され、DTMマガジン2月号から始まった『VOCALOID CREATORS』の第1回インタビューにはOSTER projectが選ばれた。このほか、VOCALOID関連の雑誌等で度々楽曲、作者共に紹介されている。

テレビでは、NHK BS2で放送された『ザ☆ネットスター』のED曲に「おやすみのうた」が起用されたほか、同番組2008年4月号の初音ミク特集で『恋スルVOC@LOID』が紹介された。また、同年9月号では香港歌い手ほんこーん氏が歌う『つきうさぎ』が放送された。

商業分野での活躍

が評価された現在では様々なところで活動をしており、商業分野にも活躍の場を広げている。

4月から放送されている『ザ☆ネットスター』第2期の放送では、新OPテーマ曲「おねがいshining☆star」を製作。同からの放送で使用された。同曲はiTunes Storeリリースされており、通常のVOCALOID版の他に、歌い手プリコ氏が担当した物もある。また、NHKイベントCDも限定販売された。

また、オンラインゲームメイプルストーリー」のマンスリー・テーマソングプロジェクトにも参加、同人音楽では有名な茶太氏とのコラボでの参加となっている。

自身を含めた8人のボカロPとともに、レーベルballoom」を設立。自らは「OSTER "BIG BAND" Project」として、ビッグバンドの生演奏を盛大にフィーチャーしたアルバムリリースした。

ゲーム方面では「Project DIVA」への楽曲提供(下記項参照)を行っているほか、近年ではbeatmania IIDX用の楽曲製作も行っている。そして、2014年にはbeatnation RHYZEへかめりあ、RoughSketchとともに加入する事が決定。IIDXを中心に、BEMANIとの繋がりが強くなることとなった。後に別名義の「」でGITADORAへ参戦している。

-Project DIVA-

2009年7月2日SEGAから発売された初音ミクゲーム、『初音ミク -Project DIVA- 』へ楽曲提供を行っている。初音ミク -Project DIVA- 公式サイト[外部]東京ゲームショウ、関連記事等で収録されている楽曲は次第に判明してきている。収録されたOSTER projectの曲は6曲となっており、収録される楽曲は、『恋スルVOC@LOID』『ミラクルペイント』『Dreaming Leaf -ユメミルコトノハ-』『フキゲンワルツ』『マージナル』『雨のちSweet*Drops』となっている。いずれの曲も初音ミク -Project DIVA- 公式サイト[外部]にて試聴可であるほか、全ての曲がニコニコ動画開されている。また、その後発売された-Project DIVA- 2ndでは『恋色病棟』が収録された。

嫁と婿

他の作家コラボをすることが多く、特にbakerと組んだ際には『baker嫁P』というタグが付けられることがある。割と認されている様子。

だが、ヤスオPちえPだったり、ほんこーん俺の嫁と発言したりしている為、実際にどれだけ婿が居るのかは不明。この他にもMiliaとも発言している。これらの事から一部では魔性のふたなりとも呼ばれている。

エイプリルフール

毎年4月1日になると、一部楽曲のタイトルが書き換えられている。これはエイプリルフール限定のネタで、曲のタイトルがどこかで聞いた事のあるようなフレーズに置き換えられ、変なタイトルに変わっている物。ほぼ毎年恒例となっており、ファンの間ではそのタイトルの変化が楽しみの一つにもなっている。また、希にそのタイトル通りの動画を翌日に開したりもする。  
詳細は【毎年】osterさんの4月1日【恒例?】の記事を参照。

キーボード演奏

ピアノ演奏にも定評があり、恋ラジ内でbakerの「celluloid」をピアノソロ演奏、更にワンカップPの「子猫のパヤパヤ」を演奏、絵本やファンブックに同梱されたCDに収録されている。また、ミクFES'09(夏)ではMOERレーベルの原史顕氏率いるバンドグループチームMOER」の一員としてdoriko氏や19's Sound Factoryらと共にバンドに参加、キーボードを担当、「ロミオとシンデレラ」「恋色病棟」「Dear」の3曲を演奏した。2010年3月9日にはZepp Tokyoで行われたミクの日感謝祭 39's Giving Dayに、2011年3月9日にはZepp Tokyoで行われた初音ミクライブパーティー2011 39’s LIVE IN TOKYO(ミクパ♪ 東京演)にそれぞれゲストPとして招聘され、キーボード演奏を披露している。

ニコ生での活動

不定期だが、「ふわしなう」というニコ生放送を行っている。放送がある時はTwitter等で放送開始の告知がされる。放送内容はその時によってまちまちで、特にテーマが決まってない場合が多い。たまに放送時のタイトルが変わったりしている。


関連動画


VOCALOIDの代表作

作曲数もVOCALOID作曲者の中では割と多めで、なおかつVOCALOID殿堂入りを果たしている物が多く、VOCALOID関連動画だけで、実に47作品が殿堂入り(うち4作品が100万再生突破)を果たしており、ボカロPとしては上位に入る方である。

イラストは基本的に「絵に定評のある友人」ことYおじさん提供イラストの場合が多い。特にYおじさん提供する絵には陰だけの男性の姿が現れることが多く、このシーンが出ると一斉に『これは』『どう見ても』と言ったコメントが流れることが多い。この事から『オレオレ動画』というタグが度々付けられている。現在では、この陰だけの男性は「」として定着している。

恋ラジについては、「恋ラジ」の項を参照。

(※・・・ここでは50万再生をえたオリジナル曲のみ紹介します。)


■sm1050729[ニコ動]

■sm1588476[ニコ動]
■sm5094908[ニコ動]
■sm15108950[ニコ動]

ここ最近ではYおじさん外の人が絵や動画を担当する物も少なくない。詳細は下記の通り。

VOCALOIDアレンジ曲


次へ»
最終更新日: 17/11/23 01:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ