ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


PIERROT


ヨミ: ピエロ
掲示板をミル!
16カキコ!

 PIERROTとは、日本ヴィジュアル系ロックバンドである。  

※その他のPIERROTに関してはピエロの記事を参照。


概要


1995年に活動を開始。初期のメンバーキリトと潤(ちなみに活動開始当初キリトギター担当だった)
1998年9月10日東芝EMIより「クリアスカイ」でメジャーデビューオリコン初登場ランキング6位。
以降も次々とヒット作を生み出す。「神風怪盗ジャンヌ」の「ハルカ…」やゲットバッカーズの「薔薇色の世界」などの
アニメ主題歌タイアップ作品などはニコニコユーザーなら思い起こせる方もいるだろう。

その後、約10年の活動期間を経て2006年に解散。

偶然にもラストライブとなったファンクラブ限定ライブラストにPIERROTとして演奏した曲の歌詞には
「いつの日かこれでよかったと何気なく思うのだろう」とのフレーズがあり、後にリーダーであるキリト
雑誌のインタビューで、そのフレーズは解散した今の心でもあるとった。

ちなみにファーストアルバムタイトルは「FINALE」、ラストシングルの曲名は「HELLO」
PIERROTというバンド名の由来は「三文字で覚えやすく英語表記もできる感じがよかったから」

・・・と、解散から8年経ち、全に過去の存在になったと思われたが
2014年4月12日、即ち解散発表と同日に復活が決定した。 

8年の時を経て、PIERROTと向き合うことにしました。
これは8年ぶりの解散ライブなんて々しいものではありません。今、やれると思ったからやるだけです。 」

この発表は、突如現れたPIERROT公式サイト上にバックで「PIERROT 2014.04.12 18:00 新宿アルタビジョン」とだけ表記された画像が現れ、当日何かしらの発表があることを匂わせてからのものだったが
当日はアルタに数千人のピエラーが集結。そして、10月24日25日の両日に復活コンサートが開催、期間限定のファンクラブ復活するという旨が表された。その発表には歓喜のがあがり、中には泣き出すものすらいた。

今後、新生PIERROTの活躍に大いに期待しよう。

・・・と書かれて2年、一切の音沙汰がかったPIERROTだったが、2017年1月2日に衝撃的なニュース音楽ニュースの見出しを飾った。
なんと、かねてよりライバルであり、不仲説までもが囁かれていたDir en greyとのコラボレーションを発表。
男女両性を兼ねそなえた存在を示す『ANDROGYNOS』と名付けられたこのプロジェクトは、現在「PIERROT DIR EN GREY ANDROGYNOS」とのみ表記されたオフシャルサイトTwitter(@androgynosJP)、Facebookの各アカウントが存在するのみで、両者が対バン形式でライブをすることなのか、双方が参加した新曲が発表されるのか否かといった詳細情報は一切伏せられた状態で、双方のファンを騒然とさせた。

今後、ANDROGYNOSの活躍の報を待とう。


メンバー構成


ボーカルキリト
PIERROT結成当初はギター担当であったが当時のボーカルボーカルの座を渡された。
ブラックユーモアを交えたトークはPIERROTのファン以外にも受け、彼のトークに魅了されたという人も多かった。
特に「タブー」とされる音楽倫理委員への苦言や、現在の世相をに衣を着せず電波で発言するなども
多方面から注を集める理由になった。更に詳しいことはwikiへどうぞ。
ギターⅠ:アイ
最後にPIERROTへ加入したメンバーで、多数の楽曲の作曲も手掛けた。身長175cmであるのに一時期は
体重が47kgというちょっと周囲が心配するほどの痩せで、食への拘りが全くない。
ちなみにキリトに対する態度と潤への態度が全く違う。トークは苦手で、多少電波気味なところがある。
PIERROT解散後はアニメ家庭教師ヒットマンREBORN!」の主題歌などで知られているLM.Cで活動中。
ギター:潤
結成当初からのメンバーであり、彼とキリトが出会っていなければPIERROTというバンドは存在しなかった。
作曲も担当し、シンセサイザーも扱って2004年頃からはアコースティックギターでも演奏をしていた。
自他共に認めるオタクで、ロボットアニメが好きな様子。特にガンダムエヴァンゲリオンの知識は豊富。
彼の濃すぎるオタトークを密かに楽しみにしているというラジオリスナーもいたほど。
ベースKOHTA
PIERROTに加入したのは実であるキリトの誘いから。メンバー内での最年少。
MCフリートークが大の苦手という欠点をメンバー全員から笑いのネタにされていることもあった。
であるキリトには頭が上がらず、ラジオなどで恥ずかしい青春時代を暴露されたりと苦労性である。
女性ファンの多かったPIERROTの中ではしく男性ファンが多かった。
ドラムTAKEO
PIERROTのお父さんと言われるほどの温厚で落ち着いた性格での大柱的な存在。
ただしまぁそこは男ですから下ネタも大好きでファンからは「エロ親父」と呼ばれていたことも。
セーラームーン変身シーン科学的に説明する方法で悩んだことがある。潤には劣るがオタク
あまり知られていないが攻殻機動隊サウンドトラックソロで参加している。

楽曲・逸話


外見はまんまビジュアル系だが楽曲自体はそこまでしくなく、むしろ歌詞インパクトを覚えたファンが多い。

特に実際の事件を題材にしている曲や、戦争宗教・現代の世相を皮っている内容の作品も多かったため、一部で「不謹慎」とのもあがった(実際に音楽倫理委員会から自主規制められた楽曲も幾つかある)

自主規制となっている曲・地上波でタブーとされている楽曲(↓興味があれば反転してください↓)


だが規制められた際には必ずキリトがそのことを暴露。更に怒られるのだが反省はしない。
一度偉い人にFAXにびっしりと呪詛の如く細かい説明要をしたことも。しかし返事は来なかった。

TVへの出演はあまり行わなかったが、その理由は「これが全放送で流れてるんだなと思うとをつきたくなる、視聴者を騙したくなる。だから出たくない」というトンデモなものだった。
しかしファンの要望に応え幾度かは某有名音楽生放送番組に出演した。だが某美形事務所の若手が後ろに映っているのを知りつつ「でもいずれはまぁ、マッチさんのように」と暴言を吐き、当然偉い人に怒られた。

そしてNHKが何を間違ったかPIERROTの当時所属していた事務所イベントをほぼ生中継で放送。
事前に「絶対に危ないことを言わないでください」と釘を刺されていたが
も芸界で生き残っていきたいわけですから、さすがに君達(PIERROTは熱狂的なファンのことをキ○ガイたちと呼んでいた)のことは呼べません」と途中までは抑えていたものの最後にはやはり「行くぞキ○ガイ!」と叫び
NHKはやむなく再放送ではPIERROTの出演部分をほとんどカットという手段をとった。
当時のPIERROTのプロモーターはその件で人事移動させられそうになった。

余談だが三度の某音楽生番組ではパフォーマンスで機材を破壊しそれ以来出入り禁止になっている。


関連動画



■sm1788937[ニコ動]

■nm2959265[ニコ動]
■sm6816365[ニコ動]
■sm4579447[ニコ動]


関連商品


■azB000059O8Z
■azB00008PT3O
■azB000FJHEVY
■dw200911
■dw102037
■dw200901
■dw102001
■dw102024


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 17/01/07 22:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ