ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


PlayStation


ヨミ: プレイステーション
掲示板をミル!
229カキコ!

プレイステーション

PlayStation(プレイステーション)とは、SCEソニー・コンピュータエンタテインメント)から1994年12月3日に発売された家庭用ゲーム機である。略称PSプレステ

概要

いわゆる次世代ゲーム機と言われた世代で、ハードエアポリゴン処理を最初から備えたゲーム機
当時はポリゴン/2D処理が同時にできるグラフィックチップは高価だったので、2D処理用チップを搭載しないという逆転の発想で価格を抑えた(2Dゲーム坦なポリゴンで表現している)。
さらに、当時は高級な機だった「浮動小数点演算」が必要であるところを、単純な「固定小数点演算」で済ませる(ポリゴン微妙にずれる特徴はこのため)事によってコストを削減している。

ハード立ち上げにはナムコが全面協ソニーの弱点である自社ソフトの開発カバー。さらにセガの『バーチャファイター』と人気を二分していた『鉄拳』などのアーケード作品に互換システムを採用し、非常に短期間で移植した。

内の出荷台数は1960万台で、SFCよりも多い。

1994年の発売から2年間は、ライバルセガサターンと共に32ビットCD-ROMゲーム機市場を2分。SFCで大ヒットした、RPGシリーズファイナルファンタジー』の新作『ファイナルファンタジーVII』が1997年1月に発売されて以降は一気にハードの普及が加速し、これによりサードパーティ各社は『ドラゴンクエストVII』をはじめとした、SFCで展開されたシリーズ作品のほとんどをプレイステーションにて新たに展開する事を決定。後発のNINTENDO64任天堂)がソフト発売延期などで大幅に出遅れた事もあって、ライバルハードが追いつけないほどに普及に差をつけ、SCEは据え置き機におけるシェア1位を獲得する事に成功した。

開発コスト較的安かった事から、ピーク時の参入サードパーティ500社をえた。内発売タイトル3412本と、全ゲームハード中最多(廉価版を除く)。

よく前世代の勝者のSFC較される。

プレイステーション(とセガサターン)の登場で、それまで据え置き機で一般的だったROMカセットに代わり、CD-ROMでのソフト供給が一般化した。また、セーブのためにメモリーカードが別途必要になったのはPSが初めてである(セガサターンは本体内蔵メモリセーブしていた)。

メモリーカードを使用した遊びに、メモリーカードに液晶画面とボタンを搭載し、ゲーム性を付加したポケットステーションポケステ)がある。これを使用したゲームに、「どこでもいっしょ」などがある。この他にも、ねじコンなど様々な周辺機器が登場した。

2000年7月7日には、PS oneという液晶モニターをつけてプレイすることのできる廉価版のプレイステーションも登場(番としては最後のものになる)。それに併せて、「PS one Books」というプレイステーションソフトの廉価版も発売された。

ゲーム機の世代交代が進んだ現在では、プレイステーションのソフトPS3PSPPSVitaダウンロード購入できるサービスゲームアーカイブス)が行われており、現行機種でも一部のプレイステーションソフトを遊ぶことが可になっている。

2018年9月19日に、「FF7」「鉄拳3」などキラータイトル20作品を内蔵した「プレイステーション クラシック」を、税別9,980円2018年12月3日より数量限定で発売することを発表した。北欧州向けも同日発売する予定。
(これを知ったのか、かつてのライバルセガは同日に「メガドライブミニ」の日本の発売を2018年発売予定を、発表時発売予定のなかった、北欧州向けとの同時発売をし、発売時期を白紙にする発表があり、約20年前をほうふつとさせる情報戦(?)があった)

プレステと任天堂、プレステとセガ。

当時、SCEと三つシェア争いを繰り広げていた任天堂セガだが、プレステ誕生のきっかけと成長のきっかけもまた両社が握っていた。

元を辿ればファミコン時代、プレステの生みの親である久夛良木健氏はファミコンに夢中になり、あらゆるゲームを買い漁ってゲーム三昧の日々を過ごしていた。エンジニアでもある氏は、当時の技術からもっとゲームの音に関しては良の余地があると考えており、自身が中心となりサウンドシステムを設計、それを任天堂に提案したところ、スーパーファミコンサウンドシステムとして採用された。この仕事で自信を得た氏は、更にグラフィックも向上させたゲームハードビジョンを描くことになり、これが後のプレステへと繋がっていく。

そして任天堂ソニーの共同開発によるスーパーファミコンCD-ROMの一体マシン「プレイステーション」の開発が、ソニー側にとっても一大プロジェクトとして進められた。ところが任天堂は、突如としてフィリップス社との新たな提携を発表。ソニー側は抗議するも任天堂の決定は覆らなかった(なぜ任天堂ソニーとの共同開発を引っ繰り返したのかは諸説あり)。ソニースーパーファミコン用「プレイステーション」の開発中止を余儀なくされ、実に15億円もの損失を被ることになる。ソニー社内ではゲーム事業からの撤退やむなしという空気になるが、久良木氏は々は本当にこのまま引き下がっていいんですか。ソニーは一生、笑いものですよ』と啖呵を切り、遂にソニー独自開発のハードウェア事業が決断された。1992年のことである。

そしてプレステのプロトタイプとなる機械完成した1993年初頭、当時の経営はプレステでゲームを作ってもらう為に全ゲーム開発会社巡りを行うが、当時はまだ3Dゲームに利用する前例が少なく、浸透もしていなかった上、当時のSCE自体がゲーム分野の会社としては全く名であった為、その多くから良い返事を貰うことは出来なかった。

そんな明るくない状態の1993年8月、急に追いが吹く。それがセガの「バーチャファイター」だった。ゲームショーにて「バーチャファイター」が発表された事により、3Dゲームに利用する発想に覚めたのか、その翌日からSCEへの電話が鳴りっぱなしになり、多くのソフトメーカーから開発の申し出が来たという。ここからプレステ成功への準備段階が始まっていった。

【出典:『WIRED1997年3月号、 大賀典雄『SONYの旋(私の履歴書)』


■sm9263323[ニコ動]

関連動画

「プレイステーション」でタグ検索[動]「PS」でタグ検索[動]

■sm15141317[ニコ動]
■sm208310[ニコ動]
■sm5746002[ニコ動]
■sm8792343[ニコ動]
■sm8186803[ニコ動]
■sm5459871[ニコ動]

関連チャンネル

■ch197

関連商品

■azB0001PWAH0
■azB0001RBJSO
■azB00005OUQM
■azB00005U215

関連項目

[画像]
ハード 据置 PlayStationPlayStation 2 - PlayStation 3
PlayStation 4PlayStation 5PlayStation Vita TV
携帯 PlayStation PortablePlayStation Portable goPlayStation Vita
周辺機器 ポケットステーション - PSX - torne - nasne
PlayStation MovePlayStation VR
サービス PlayStation PlusPlayStation Store - ゲームアーカイブス
アドホック・パーティー - PlayStation Network
PlayStation Home - PlayStation Now
関連企業・人物 ソニー - ソニー・インタラクティブエンタテインメント
久夛良木健 - 平井一夫 - マーク・サーニー
その他 GAME DIGGIN’ - 物売るっていうレベルじゃねぇぞ!
Media GoMedia Managerようこそ!PS Vita ゲーム天国
一覧 据置型ゲーム機一覧 - 携帯型ゲーム機一覧 - ゲームアーカイブス配信タイトル

最終更新日: 19/10/13 16:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ