ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


PlayStation 4


ヨミ: プレイステーションフォー
掲示板をミル!
3030カキコ!

PlayStation 4(プレイステーション4)とは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントSIE)が販売する家庭用ゲーム機である。この記事では、その上位版であるPlayStation 4 Pro(プレイステーション4 Proについても記述する。

略称は「PS4」「プレステ4」など。動画タグに「PS4[動]」が使用されている。


概要


[画像を見る]
商品名 プレイステーション4
CUH-1000~
発売日 2014年2月22日
価格 (税別) 39,980円
種別と世代 据え置き型:第8世代
カラーバリエーション
グレイシャー・ホワイト
内容物

2013年2月アメリカで行われたPlayStation Meetingにて公式に発表された。リードシステムアーキテクトは「クラッシュ・バンディクー」や「ラチェット&クランク」でおなじみのマーク・サーニー氏。Wii UOUYAXbox Oneなどと共に第8世代据置ゲーム機に含まれる。

キャッチコピーは「世界が、遊びでひとつになる。」「play&peace」「できないことが、できるって、最高だ。」

高い描写と処理性、新たなコンテンツとの出会いのサポートソーシャルとの融合、そしてPlayStation Vitaや様々なモバイル端末との連携を通じて、没入感のある豊かなゲーム体験を実現すると発表されている。また、クラウド技術を活用したPlayStation NetworkPSN)により、ユーザーが時間と場所を問わずにお好みのゲームプレイできる環境提供するとの事。

2018年12月31日時点での世界累計実売台数は9160万台(SIE調べ)「プレイステーション 4」(PS4®) 好調な年末商戦を経て世界累計実売9,160万台を突破 ~『Marvel’s Spider-Man』の累計実売は900万本超え~ | SIEプレスリリース[外部]。1年前の2017年12月7日時点での累計実売台数は7060万台(SIE調べ)「プレイステーション 4」世界累計実売7,060万台 ~「プレイステーション ヴィーアール」世界累計実売200万台達成~ | SIEプレスリリース[外部]とのことなので、1年間で約2000万台=半年に約1000万台を売り上げている計算となる。

2016年12月7日には、PlayStation 4 Proとの合算で5000万台突破「プレイステーション 4」世界累計実売台数5,000万台を達成 | SIEプレスリリース[外部]とのこと。また、2016年5月26日時点では4000万台突破と発表「プレイステーション 4」世界累計実売台数4,000万台を達成 | SIEプレスリリース[外部]しているため、半年毎に1000万台を売るペース2018年時点でも継続していると言える。

本体発売日・価格等ソニー・インタラクティブエンタテインメント沿革 | SIE会社情報[外部]


ハードウェア


E3 2013にて、本体の仕様開された。プレイステーション4の本体仕様詳細が公開 HDDは500GB、本体サイズや重量、同梱物なども判明【E3 2013】 - ファミ通.com[外部]


スペック


CUH-2000シリーズおよびCUH-7000シリーズから強化・良された部分は太字で表記。

本体仕様
CUH-7000シリーズ
(プレイステーション4 Pro)
CUH-2000シリーズ CUH-1000シリーズ
Main Processor Single-chip custom processor
CPUx86-64 AMD 8コアAPU "Jaguar"
GPU : 4.20 TFLOPS, AMD next-generation Radeon based graphics engine[1]
Single-chip custom processor
CPUx86-64 AMD 8コアAPU "Jaguar"
GPU : 1.84 TFLOPS, AMD next-generation Radeon based graphics engine
メモリ GDDR5 8GB
ハードドライブ
(換装可)
1TB HDD (※搭載HDDSATA II規格)、Serial ATA IIIインタフェース対応 500GB HDD / 1TB HDD 500GB HDD / 1TB HDD
ドライブ Blu-ray Disc 6倍速(CAV)、DVD-ROM 8倍速(CAV)、※CD非対応
AV入出 HDMI端子(4KHDR対応) x1[2][3]
AUXポート x1 (PlayStation Camera接続用)
USB 3.1 Gen1ポート x3[3]
S/PDIF x1
HDMI端子(HDR出対応) x1[2]
AUXポート x1 (PlayStation Camera接続用)
USB 3.1 Gen1ポート x2[3]
S/PDIF x1
HDMI端子 x1[2]
AUXポート x1 (PlayStation Camera接続用)
USB 3.0ポート x2
S/PDIF x1
通信 IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0
Ethernet(10BASE-T、100BASE-TX1000BASE-T) x1
IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth 2.1+EDR
Ethernet(10BASE-T、100BASE-TX1000BASE-T) x1

1. CUH-1000/2000シリーズに搭載されているAPUよりもクロックが高いAPUを搭載。

2. HDR出は全PS4シリーズで可システムソフトウェアアップデート必須)。そのため太字の対としない。

3. 480i / 480pの出はできず、代わりに2160p(4K)へ対応している。DVDは強制的にアップコンバートされる。

4. USB 3.1 Gen1とはUSB 3.0のリネーム品であるため、名称以外の変化はない。そのため太字の対としない。


DUALSHOCK 4


CUH-2000シリーズ / CUH-7000シリーズと同日に、新DUALSHOCK 4(CUH-ZCT2J)が発売されている。本体較表同様、強化・良された部分は太字で表記。

DUALSHOCK 4 仕様
CUH-ZCT2J(現行品) CUH-ZCT1J(CUH-1000シリーズに同梱)
タッチパッド 2点検出式タッチパッド
クリック機構
静電容量方式
モーションセンサー 6軸検出システム(3軸ジャイロ、3軸加速度
その他の機 ライトバータッチパッドにも投影 ライトバー
振動機
スピーカーモノラル)内蔵
接続端子 USB端子(Micro B)
端子
ステレオヘッドホン/マイク端子
線規格 BluetoothR Ver2.1+EDR準拠
有線接続 対応 -(充電のみ)

PlayStation Camera(別売)


別売りの周辺機器。テレビ台の上に設置しカメラプレイヤーの姿を撮影することで、身体の動きをモーションキャプチャーしたり、顔認識でログオンするなどの機を持つ。また、「PlayStation VR」を使用する際は必須となり、同デバイスとの同梱版も販売されている。

CUH-2000シリーズ / CUH-7000シリーズと同日に新(CUH-ZEY2J)が発売されているものの、デザインが一新しただけであり仕様面で変化はない。

PlayStation Camera 仕様
動画最大サイズ 1280 × 800 (x2)
フレームレート 60fps1280x800)
120fps640x400)
240fps320x192
対応フォーマット RAW
YUV(非圧縮)

互換性


従来のPSハードとの互換性は持っておらず、PS3以前のソフトは、メディア版・ダウンロード版ともにプレイ不可能となっている気になるPS4の互換性、実際のところをソニーに問い合わせてみた | BUZZAP![外部]

PS3タイトルは後述の「PlayStation Now」でプレイソニー自身はPS4上でのPS2エミュレーションを模索しているらしく、PS2エミュを使用していると思われるタイトル海外で販売されているPS4向け「PS2エミュレーター」を開発中:ソニーが明らかに | WIRED.jp[外部]ホラーゲーム『サイレン』、PS4向けに北米と欧州で配信開始。どうあがいても絶望の世界が1080pでよみがえる | AUTOMATON[外部]


ネットワーク


ディスクタイトルオフラインプレイで楽しむ限りでは、オンライン接続による本体認は必要ない。また、中古販売の制限もかかっておらず、ディスクの貸し借りなども可であるという。

基本的にリージョンフリーだが、各ソフトハウスの判断でリージョンロックされる場合もある。


PlayStation Plus


詳細は大百科記事『PlayStation Plus』を参照。

PS4タイトルオンラインマルチプレイでは、大半のタイトルが加入を必要している。ただし、『Planetside 2』など、一部のタイトルは加入不要となっている。加入が必要かどうかは、パッケージ版裏面の告知やダウンロード版販売ページで確認できる。


PlayStation Now


一ヶ定額2,315円+税、三ヶ定額5,463円+税で利用可な、PS3/PS4タイトルクラウドサービスである。パソコンにも対応。

日本では2015年8月20日クローズβサービスとして開始された。2015年9月16日にはオープンβ版となったが、それ以降特に正式版開始の宣言もなく正式版となっている。

また、当初はPS Vitaなどにも対応していた上、単品レンタルサービスも存在したものの、2017年8月までにサービス終了している。


ゲーム配信・録画


PS4からはPSシリーズ初のゲーム配信ができるようになった。また、システムレベルゲームを録画することができる。プレイ中常に15分前までの分を録画しており、SHAREボタンを押し画面に従うことで、保存したりアップロードしたりすることが出来る。ゲーム配信もこのボタンから。

現在Twitchニコニコ生放送日本限定)、YouTubeで配信ができる。また、ニコニコ生放送一般会員でも一か間お試し期間として配信が出来る。ニコニコ生放送では独自の仕様が適用されているが、そちらの詳細は大百科記事『PS4ゲーム配信』を参照。

録画した動画アップロードFacebookYouTubeTwitterに対応している。投稿できる最大再生時間は、各動画サイト仕様による。


かつて対応していたサイト


Ustream(現:IBM Cloud Video)は海外での発売当初から対応していたが、2016年8月1日を持ってサポート終了・配信不可となった。[外部]


次へ»
最終更新日: 19/06/30 17:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ