ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


PlayStation VR


ヨミ: プレイステーションヴィーアール
掲示板をミル!
895カキコ!
[画像を見る]

PlayStation VRプレイステーションヴィーアールPlayStation®4専用バーチャルリアリティシステムPlayStation®VR 日本国内2016年10月13日(木)発売 - ニュースリリース[外部])とは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントプレイステーション4向けに開発・販売するVR機器である。略称は「PSVR」など。


概要


[画像を見る]
商品名 PlayStation VR
CUHJ-16000(通常盤)
CUHJ-16001(PlayStation Camera同梱版)
発売日 2016年10月13日
価格(税別)

44,980円(通常盤)
49,980円PlayStation Camera同梱版)

2017年10月14日より、44,980円2018年3月29日より、34980円。PlayStation Camera同梱版)

種別と世代 据え置き型:第8世代プレイステーション4に準ずる
内容物

視差による立体視が可ヘッドマウントディスプレイVRヘッドセット)と、3Dサラウンドの音響、そして加速度センサー重力センサー学式位置センサーでの6軸モーショントラキングを組み合わせたシステム。これらの技術により、使用すると「の前の視界一杯に立体感のあるが広がり、頭を動かすと映し出される画面もそれに合わせて動き、音が聞こえてくる位置もそれに合わせて変化する」という体験を生み出す。また、「PlayStation Move」と組み合わせたソフトでは画面内で腕を動かし、例えばを振るうといったアクションもできる。

システムは、VRヘッドセットプレイステーション4とを接続し、後者へ対応のソフトウェアインストールすることで利用する。両社の間には付属の「プロセッサーユニット」という機器が中継されており、同ユニットに搭載されたHDMIポートからテレビモニターなどへ映像を分配している。これにより、VRヘッドセット装着者が見ている立体視映像を2D変換してテレビ画面などにも同時出したり、同じように装着者が見ているものとは別の映像を出してパーティーゲームなどに活用したりすることが可となっている。従来のVRゲームのようなひとりで黙々とプレイする遊び方だけでなく、他の人もそこに参加して多人数でワイワイ楽しめるような工夫がなされている。

PlayStation VRの利用にあたっては、別売りの「PlayStation Camera」が必須となる。そのため、同カメラの同梱版が併せて発売される。日本での発売日は、米国と同じ2016年10月13日

2017 PlayStation Press Conference in JapanにてPlayStation VRの値下げが明らかになった。PlayStation camera同梱版が10月14日より4万4980円となった。2018年3月29日より、さらに値下げし、3万4980円となった。

開発発表から発売に至るまで

2014年3月米国ゲーム開発者向け会議Game Developers Conference 2014」(GDC)にて、初めて開発を明らかにされている。開発コードネームは「Project Morpheus」。

同年4月8日には、Unity関連のイベントUnite Japan 2014」にて日本で初のお披露となり、Unityにも対応していること、簡単なスクリプトゲームProject Morpheusに対応させられることなどを示した。

同年9月CEDEC 2014やTGS 2014では実際に体験することが可となり、同年11月29日30日にはユーザー体験会も開かれた。この体験会では「SUMMER LESSON」「The Castle」「EVE VALKYRIE」「"AKB0048" × "アクエリオン" 多次元スペシャルライブ」「The Deep」「VR Luge」「ソードアート・オンライン」などのデモが体験でき、特に「SUMMER LESSON」は12台のProject Morpheusが用意されて多くの参加者が体験し、レビューなどによるとかなり鮮な印を与えている。

2015年3月サンフランシスコで行われた「Game Developers Conference 2015」において、SCEヘッドマウンドディスプレイである「Project Morpheus」が出展された。今回出展された「Project Morpheus」はPS4にさらに最適化された良版であり、ソニーが開発した有機ELディスプレイが搭載。一般のVR機にべて大幅に画質が向上されている。また、着脱がしやすく、眼鏡装着時のやりづらさの善、遅延時間の低減、画面酔い防止等、今までの問題点が善されたものとなっている。SCEは「2016年上半期での発売をす」と発表しており、2016年VRゲーム元年となりそうだ。

2015年9月15日に開催された「SCEJA Press Conference 2015」にて、ソニー・コンピュータエンタテインメントは「プレイステーション4の魅を高め、ゲーム体験をさらに豊かにするバーチャルリアリティシステムの商品名称をPlayStation VRに決定した」と発表した。

Project Morpheusの発表から一年、2016年3月サンフランシスコで行われた「Game Developers Conference 2016」のソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ発表会において、PlayStation VRは2016年10月発売、日本での希望小売価格は44,980円(税別)と発表。

2016年6月14日に開催されたE3、および同日に開された日本向けの動画にて、発売日が2016年10月13日であると正式に発表された。

日本では2016年6月18日より予約が開始され、同年10月13日に発売された。


システム



VR酔い警告システム


SIEVR酔いの対策機特許2016年8月11日アメリカ特許商標庁にて掲載された。そのタイトルは「Motion Sickness Monitoring and Application of Supplemental Sound to Counteract Sickness」であり、常に装着者の動きを監視して酔いと認識された状態になると振動や音で警告してくれる優れたシステムVR機装着時に起こり得るべクションを防止し、動作と認識のズレを正す役割もある。


シネマティックモード


PlayStation VRには、ゲームハードとしての機以外にも、外部ディスプレイとして動画プレイステーション4映像を映し出す「シネマティクモード」という機が搭載されている。

これは、仮想間の中に巨大なスクリーンを表示させるというもので、VRヘッドセット装着者は「大規模な映画館の前から4、5列で見上げているような感覚」話題のPS VR、シネマティックモードなどのAV機能を発売前に体験してみた - AV Watch[外部]ブルーレイなどのコンテンツ視聴やゲームプレイすることができる。スクリーンサイズは複数種類から選択が可であり、最大のものは全容が視界に収まりきらないため、都度、頭を動かして見渡す必要がある。

なお、スクリーン映像投影するモードのほか、他の機器で撮影された全球の動画写真の閲覧も可


機器構成



VRヘッドセット


[画像を見る]
をなす機器である「VRヘッドセット」。

PlayStation VRのをなす機器。

バイザーヘッドマウントディスプレイで、頭の上からかぶせるように装着する。ゴーグル部分は前後にスライドして位置調整することが可で、装着者が眼鏡をかけた状態でも干渉しないよう工夫されている。

3軸ジャイロセンサーと3軸加速度センサーの組み合わせによる6軸検出システムで、装着者の頭の動きをトラキングする。また、ゴーグル部分の7箇所、後頭部分の2箇所にLEDトラキングライト)が埋め込まれており、このPlayStation Cameraが検出することで、playStation Moveと同様の仕組みでVRヘッドセットの絶対位置を認識することができる。

内部のディスプレイ有機EL方式で、1921080ピクセル解像度を左右のに半分ずつ(961080ピクセル)割り当てて使用する。左右にそれぞれ異なる画像を表示させることにより、装着者は立体視映像を観ることが可となる。

プロセッサーユニット

プレイステーション4VRヘッドセットとの間に接続する、PlayStation VR同梱の中継機器。

テレビ接続用のHDMI端子を備えており、VRヘッドセット装着者が見ている立体映像映像へとリアルタイム変換してテレビする機を有する。それとは逆に、前述の「シネマティクモード」向けに映像を立体化処理する機も搭載している。また、3Dオーディオデータステレオヘッドフォンで再生するための演算処理などをについてもプロセッサーユニットが行っている。

その名の通りプロセッサーを内蔵しており、ファンも搭載されているため、熱がこもらないよう設置場所などには注意が必要。


PlayStation Camera


マイク付きのステレオカメラ。PlayStation VR専用の機器ではなく、元々はプレイステーション4用の周辺機器として発売されたもの。顔認識による同ハードへのログオンなどが行えるほか、後述のPlayStation Moveの位置認識にも使用される。

PlayStation VRにおいては、VRヘッドセットの位置認識(ポジショントラキング)に用いるため必須となっている。すでに所有している場合はそのまま使用できるほか、PlayStation VRに同梱されているエディションも発売される。

PlayStation Cameraが撮影できる範囲は「プレイエリア」と呼ばれ、このプレイエリアからプレイヤーが外れてしまうとポジショントラキングが正常に行えなくなってしまう。その場合に、ヘッドマウントディスプレイに映る映像に被さる形で、「プレイエリアの外です」と言う警告メッセージが表示される。

プレイエリアおよびその警告メッセージについては、記事「プレイエリアの外です」を参照。


周辺機器



PlayStation Move


詳細は、記事「PlayStation Move」を参照。

棒状のモーションコントローラー。元々はプレイステーション3用の周辺機器として発売されたものだが、PlayStation VRにおいては、ゲームへの没入感をアシストする重要な周辺機器としてフィーチャーされている。

内蔵された3軸ジャイロセンサー・3軸加速度センサー・地磁気センサーにより、位置・傾き・速度を感知する。先端部には「スフィア」と呼ばれる球が取り付けられており、専用のカメラデバイス(前述のPlayStation Camera)でこのを検知し絶対位置を認識する。

PlayStation VRのゲームによっては、このPlayStation Moveを1本~2本使用するものが存在する。特に、「PlayStation VR WORLDS」に収録されるガンシューティングThe London Heist」や、「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」のように、ゲームキャラクター右手左手を操作するためにそれぞれ1本ずつ、計2本使用するゲームなどがあるため注意。


PS VR Aim Controller


[画像を見る]
PSVR専用のガンコントロラー「PS VR Aim Controller」。

PlayStation VR専用のガンコントロラー日本での発売有は未発表。

ライフルなどのような、いわゆる「長物」を再現するためのコントローラーで、アルファベットのDを横に倒したような形状をしている。画面へ向ける側の先端部にはPlayStation Moveと同様の球(スフィア)が取り付けられているほか、デュアルショック4ボタン類は全て搭載されている。

発売タイトル

大手サードパーティーインディーズ開発者、SCE WWS含めて160本以上のタイトル開発中であり(2016年3月16日時点)、PlayStation VR発売から2016年末までに、下記のように50本以上の幅広いジャンルタイトルを発売予定としている。


次へ»
最終更新日: 19/12/25 11:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ