ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Pokémon GO


ヨミ: ポケモンゴー
掲示板をミル!
3056カキコ!

Pokémon GOポケモン ゴー)とは、Niantic, inc.(Google関連企業)2016年より配信を開始したスマートフォン向けポケモンゲームである。Google Play StoreとApp Storeにて配信中。

2016年7月6日アメリカ合衆国オーストラリアニュージーランドで先行配信が開始された。配信開始から1週間でAndroid版のみで1000ダウンロードを記録するなど、爆発的な人気となっている。日本国内でも同年7月22日から配信開始された。


概要


Pokémon GO
基本情報
ジャンル 位置情報RPG
対応機種 iOS/Android
開発元 Niantec, inc.
株式会社ポケモン
発売元 Niantec, inc.
配信日 2016年7月6日(米国)
2016年7月22日(日本)
価格 基本無料
(課金要素あり)
必要環境(詳細は下記参照)
その他
ゲームソフトテンプレート

位置情報ゲームIngressを開発したNIANTIC, inc.と、株式会社ポケモンの二社が共同で開発したスマートフォン初の本格ポケモンタイトルである。

これまでのポケモンシリーズ舞台は、日本の地域や外モデルにした架世界であった。だが、今回の舞台リアルワールド々のいる現実地球である。プレイヤー自らの足現実世界を歩き回って、野生のポケモンを発見、捕獲しなければならない。

Googleマップを使った地図の上に自分の現在位置、ポケモンの大まかな居場所や「ポケストップ」というアイテムを入手できるスポットなどが表示され、実際にその場所に行けばポケモンと出会えるというもの。
「ポケストップ」は中で立つようなものや名所旧跡などに多いが、意外な場所がポケストップになることも。まれにポケモンタマゴが見つかることもある。

スマホ単体でもプレイだが、後に発売された専用ブレスレット「Pokémon GO Plus」を装着するとより深く楽しめ、バッテリーの節約にもなる。

ポケモンGOのはじめかた

始めるにはまずGoogleアカウントポケモントレーナーアカウントが必要になる。もしGoogleアカウントに紐付けしたくなければ、捨てを作るという手もある。
アカウントセットしたら、ウィロー博士の話を聞きながら性別と装など簡単なアバターの容姿とプレイヤーネームを決める。プレイヤーネーム半角英数のみで既にかが使っている名前は使用できない。全世界プレイヤーがいるため最初に決めた名前をそのまま使えることは稀なので根気よく付けよう。
その後、地図の上にフシギダネヒトカゲゼニガメのいわゆる御三家が表れるのでどれか一匹を選んで捕まえる。選ばないで歩いていると最初からピカチュウが捕まえられるというウワサも…
最初のポケモンを捕まえたら、外に出てポケモンGOを遊ぼう!!

ポケモンの探し方

ポケモンGOを起動中に移動し「ポケモンがいるばしょ」に近づくと、一定の確率ポケモンがあらわれる。このとき、画面を注視していなくても、スマートフォンが振動して出現を教えてくれる。
ポケモンにはレア度があり、ポッポなどは出やすいがピカチュウなどは出にくくなっている。また、 詳細は明かされていないが、辺にはポケモンが出現しやすいなど、実際の地形によって出現するポケモンの傾向は異なるようだ。さらに時間帯でも出現するポケモンは変化する。

右下の長方形のウインドウで近くにどんなポケモンがいるか分かり、ボタンを押せば最大9匹まで見ることができる。その中から一匹を選択するとそれを追跡する。アバターの向いている方向にポケモンがいればウインドウが反応する。その場でゆっくり回転するだけでアバターは向きは変える。

ポケスポットの近くは較的ポケモンが集まりやすい。「おこう」や「ルアーモジュール」を使うとポケモンと遭遇しやすくなる。

また、このゲームGPSを利用しているため、スマホバッテリーがものすごい勢いで減ってゆく。起動したままでいると、せいぜい3~4時間で充電が切れてしまう。連絡手段がくなった! ここがどこだか分からない! なんてことのないよう、予備バッテリーの携行をオススメしたい(コンビニなどで安価で手に入る)。あるいはコンセントが席に設置してるカフェなどで息継ぎをしながらプレイするなど、工夫が必要だ。でもひとの でんきを とったら どろぼう!

天候の変化

2017年12月には、ホウエンポケモン追加と共にの変化が実装。画面右下アイコンが表示され、現在自分がいる地域の気が表示される。気の種類と対応タイプは以下の通り。

そのに対応するタイプポケモンの出現率が上昇するだけではなく、もらえるほしのすなの量の増加、わざの威が上昇したりと様々な効果を持つ。ただしの時やの時などにポケモンを捕まえに行く時は、周辺の警報、注意報をチェックして事故いように行動しよう。特に台風の時は危険なので、特別警報時は人命優先の行動を。

出現するポケモンと捕まえ方

2017年12月時点で出現するのは、ミュウを除くカントー全般、セレビィを除くジョウト全般、御三家含むホウエンポケモン50匹。伝説級のポケモンに期間限定のレイドバトルにて出現する。

ポケモンを捕まえると一緒に「ほしのすな」とそのポケモンの種類の「アメ」が3つ手に入る。ほしのすなは進化後のポケモンを捕まえると進化前より多くもらえる。同じポケモンを捕まえすぎてしまってもそのポケモンをウィロー博士に送ることで代わりにアメが1つ貰える。アメはパイルのみを使用して捕まえるといつもより多く手に入る。

とびだしてきたポケモンモンスターボールスワイプして投げることでポケモンゲットできる。ポケモンの周りにある二つの円のうち、色のついた円より内側にボールを当てることで捕獲確率が上がる。円のサイズが小さいほど評価が上がって順にNice!→Great!→Excellent!となる。

ポケモン捕獲時の背景は、ARスマホカメラが捉えている映像)とCGから選択できる。万が一盗撮を疑われると面倒なので、共の場ではCGで利用したいところ。
内側の円の色がみがかっていくほど、そのポケモンは捕まえにくい。ちなみにボールを投げる前にクルクル回したり、スナップを効かせて投げるとカーブするボールを投げることができる。カーブボールはわずかにXPボーナスが付くので、慣れたら狙ってみよう。現在はまだ普通モンスターボール上位互換のみ実装されているが、マスターボールをはじめとした他のボールも登場するらしい。

ポケモンを捕まえたりすることで一定の条件に達するとメダルを獲得できる(金銀の3段階)。このうちポケモン属性に関するメダルについては、2016年10月アップデートで、メダルの獲得状況によってその属性ポケモンが捕まえやすくなる(で+3、で+2、で+1の獲得補正が入る)ようになった。

また、2016年11月7日アップデートデイリーボーナスが導入され、その日1匹ポケモンを捕まえると経験値500XPとほしのすな600の追加ボーナスが得られ、それが7日連続続くとさらに経験値2000XPとほしのすな2400が得られるようになっている。

2016年11月23日からはメタモンの出現が実装され、ポッポコラッタなどレア度が低いポケモンに姿を変えており、捕まえたときにその姿が変わることで捕まえることが出来たかが分かるようになっている。2016年12月金銀(第2世代)のベビィポケモンポケモンたまごという形で配信、2017年2月17日に第2世代の全てのポケモン実装された。

ハロウィーンゴースカラカラニャースなど特定ポケモンが出現しやすくなって以降、特定の日時に同類のイベントが始まるようになった。クリスマスや年末年始にお盆ポケモン発売記念日などは、中々捕まえにくいポケモンが大量に出現するかもしれないので公式情報チェックしておきたい。

地域限定ポケモン

本作には特定の地域にしか出現しないポケモンが各世代ごとに数匹ずつ存在する。彼らはタマゴで孵化することはないので、出現地域以外でゲットするとなるとその場に出向くかイベントを待つかのどちらかでしかゲット手段が存在しない。該当する地域限定ポケモンはの一例は以下の通り。

ポケストップ

マップ水色の◇で表示されている地点。有効範囲に近づくとモンスターボールの形になる。
前述したようにポケストップとはアイテムを手に入れられる場所で、様々な場所に設置されている。ポケストップに近づいてアイコンタッチし、表示されたん中の写真を左右に回すとアイテムが手に入る。一度アイテムを取ったポケストップは5分ほど使用できなくなる。
ポケストップの場所は公園公民館や社といった場所や名所、印になるような看や像の類、建物の装飾などに多い。たまに奇妙なものがポケストップに設定されている[外部]こともある。他にもマクドナルドなど後述の特定店舗もポケストップに設定されている。Ingressデータを使用している為、田舎より中の方が多い。ただ、NIANTICも地域格差を把握済みで今後格差是正するため地方にもポケストップを増やしていく方針である。

ポケストップにはポケモン出現率を上げる「ルアーモジュール」を使用できる。これが使用されたポケストップハートが舞っている。さらにルアーモジュールは他プレイヤーも効果を受ける事が出来るので、ルアーモジュールを使ったポケストップに人が集まってくる…と言う事も起こる。

こちらでも2016年11月7日よりデイリーボーナスが導入されており、その日1ヶ所のポケストップを回すと経験値500XPと追加アイテムが手に入り、7日連続で経験値2000XPとさらに追加アイテムが手に入る。

スポンサー企業のポケストップに関しては、今後はイベント時に常時ルアーモジュール配備期間が設けられることがある(過去マクドナルドが実施)。

ジムとバトル(2017年6月以降)

ポケストップのようにマップ上に表示されるタワーのようなもの。
ジムは下記の3つのチームで取り合う場所で、いているジムきのある同じチームジムに1人1匹だけポケモンを配置することができる。いている白色ジムポケモンを配置することでそのジムを自分のチームのものにでき、ジムに置かれている別のチームポケモンを全て倒すことで奪うことができる。

一つのジムには最大6匹まで登録できるが、同じポケモンを2匹以上配置することはできない。配置したポケモンにはハートやる気ゲージを搭載。バトルを重ねたり時間経過とともにやる気が減り、その分CPが下がり勝ちにくくなる。やる気木の実で回復できるので、余った分はやる気回復に使ってあげよう。

バトルHPが先に0になったら負けで、軽くタッチすることでひとつのわざを行い、長押しでHPの下にあるゲージを使用してふたつのわざを使用できる。左右にスライドして相手の攻撃を避けることが可避けろピカチュウ上下のスライドや入れ替えボタンポケモンを入れ替えられる。降参ボタンもある。

ジムでフォトディスクを回したりバトルをすると、そのジムにちなんだバッジが獲得できる。ジムランクはこれらの行動を重ねることで上がる。


次へ»
最終更新日: 20/01/23 23:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ