ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


PROJECT IM@S


ヨミ: プロジェクトアイマス
掲示板をミル!
77カキコ!

PROJECT IM@Sとは、『アイドルマスター』のメディアミックス展開の総称である。ここで言うIM@Sは単に「IdolM@Ster」というだけでなく「Inter Media Artists and Specialists」の略。


概要


アイドルマスターマルチメディア化は、アニメアイドルマスターXENOGLOSSIA』をはじめ、CDドラマCDラジオライブイベント、書籍、コミッククレジットカードとのタイアップアイマスVISAカード)や他ゲームへのゲスト出演など多岐に渡る。

本流のゲームシリーズを中心に、生したほぼすべてのプロダクトにPROJECT IM@Sのロゴを見ることができる。さらには、非公式ニコマス作品にも勝手に使われていることが多い。だって私たちみ(ry


展開


2020年現在、PROJECT IM@Sは、物語舞台やフィーチャーされているアイドルを基準とすれば以下のように分岐している。


アイドルマスター1 系統


無印」とも言うが、アーケード版やXbox360版のみをす場合もあるのでこのように表記する。

今で言う「765PRO ALLSTARS」の10名(のちに13名)を中心としたシリーズ
メンバーの年齢が「2」以降よりも1歳若く、髪型などが異なる。

アイドルマスター2』以降の作品では設定がそちらに固定されたため、『1』の要素は、過去の姿などとして一部が登場する程度である。


XENOGLOSSIA


アイドルマスターXENOGLOSSIA』の登場人物を中心とする。
キャラクターは『1』のアーケード版に登場する10名をモデルにしたスターシステム
アイドル要素は味付け程度であり、基本的にはロボットアニメ世界観である。

アニメが1本出たのみで、ゲームとしての展開はない。
メディアミックス展開は、通常の深夜アニメと同じ程度には存在する。

世界観がまるで異なることもあり、長らくクロスオーバー絶望視されていたが、『スーパーロボット大戦X-Ω』にゲスト出演し、注を集めた。


ディアリースターズ


876プロ舞台とするシリーズ

ゲーム自体は1本しか発表されていないが、アイドルや登場人物はその後も他のシリーズゲスト出演している。「2nd VISION」の1作だが、765プロアイドルたちは「1」のビジュアルに準じる。


アイドルマスター2 系統


765PRO ALLSTARSの13名を中心としたシリーズ
アイドルマスター2』は、『アイドルマスター1』の時点から半年間プロデューサー不在のパラレルワールドを描いており、メンバーは1歳ずつ年を取っているため、それに合わせてキャラクターデザインが大きく変更された。

以降ALLSTARSの設定は「2」を踏襲することになる。
プラチナスターズ」からはグラフィックリニューアルされているが、本記事では系統のつながりを重視し、またはこれらに「3作」というイメージが薄いことからこの系統に分類する。


シンデレラガールズ


アイドルマスター シンデレラガールズ』に登場する200人近いアイドルを中心とする。

765プロ876プロアイドルも登場するが、世界観は基本的に独立している。

なお、アニメ版では各アイドル346プロ所属となっているが、Mobage版では「プロダクション」はプロデューサー同士の「ギルド」のような役割となっており、所属がプロデューサーによって異なる。
越境時は、これを踏まえて「346プロ」の名はなるべく出さないようになっている。


ミリオンライブ


765PRO MILLIONSTARSアイドル50名(のちに52名)を中心とする。

ALLSTARSの13名はゲスト扱いではなく、(少し先輩という以外は)新アイドルと同等の存在であり、メディア展開なども基本的には交ぜて行われる。


SideM


315プロに所属する46名のアイドルを中心とする。

それまでに登場していた男性アイドルも組み込まれており、Jupiterの3名と「ディアリースターズ」の秋月涼が、ゲスト扱いではなく他のアイドルと同等の扱いで登場している。


.KR


825エンターテイメントに所属する11名のアイドルたちを中心とする。

シリーズ一の実写。役名はほとんどが役者名に準じる。
いわゆる韓流ドラマとして制作されている。

出演アイドルたちが実在の人物であることや、アニメ・ゲーム用の「キャラクターデザイン」が存在しないことから、他作品とのクロスオーバーは極めて難しいとされる。

しかし、出演アイドルプロデュンヌがいたり、「アイマスシリーズ韓国展開が現在でもたまにあることから、全くの不可能というわけでもない。


シャイニーカラーズ


283プロに所属するアイドルたちを中心とする。

Spineを使った動く立ち絵活用した作品。


合同


ブランド合同プロジェクト

2020年アイドルマスターシリーズ15周年を契機に積極的に行われている。
展開は765PRO ALLSTARSシンデレラガールズミリオンライブSideMシャイニーカラーズの5ブランド。他のブランドは、一部に「ディアリースターズ」出身のアイドルが含まれる以外は登場しない。


2nd VISION


2009年5月に行われた4周年ライブツアーにて、「PROJECT IM@S 2nd VISION」と銘打たれた新展開が発表された。ライブツアー名古屋東京)にて発表されたな内容は以下のとおり。

2nd VISIONロゴは、本編「2」から「ワンフォーオール」へ、さらに「シンデレラガールズ」「ミリオンライブ」「SideM」といった新シリーズが展開しても使われ続けた。

しかし、「2nd」をいつまでも続けることの違和感や、ソーシャルゲームの新シリーズ本編に匹敵するほど大規模化したことなどから、ナンバリングはほとんど意味になっていた。

プラチナスターズ」ではグラフィックの大幅なリニューアルが行われたが、キャラクターデザイン自体は概ね「2」のものを踏襲している。

そのためか、「プラチナスターズ」以降は「2nd VISION」のロゴが外れた。以降はナンバリングがされておらず、展開もナンバリングでなく、舞台によって分かれている。


関連動画



■sm5366197[ニコ動]

■sm5703108[ニコ動]
■sm5806674[ニコ動]


公式チャンネル・関連コミュニティ


 公式チャンネルニコニコアイマスch“たるき亭”
■channel


■community
■community
■community

 

提 供

765PRO ALLSTARS関連、XENOGLOSSIA関連、Dearly Stars関連、シンデレラガールズ関連、ミリオンライブ!関連、SideMジュピター961時代含む)関連

バンダイナムコエンターテインメント

日本コロムビア
ランティス
5pb.Records
キングレコード
フロンティアワークス

角川書店
アスキー・メディアワークス
一迅社
講談社
白泉社
スクウェア・エニックス
小学館
エンターブレイン
ソフトバンククリエイティブ
学研ホールディングス

バンダイビジュアル
サンライズ
アニプレックス
A-1 Pictures

ラジオ大阪
アニメイト


次へ»
最終更新日: 21/01/24 23:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ