ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


R-TYPEⅢ


ヨミ: アールタイプスリー
掲示板をミル!
51カキコ!

R-TYPEⅢ(R-TYPEIII:THE THIRD LIGHTNING)とは、1993年SFCソフトとして発売されたR-TYPEシリーズ第三弾となる横スクロールシューティングである


ストーリー


公式及び任天堂WiiVCより引用

 

……熾な戦いがあった。
生命が、が、未来が、原子分解され虚無へと消えていった。

……しかし、戦いは終わっていなかったのである。
敵は、限りなく変成と変貌の果てに具現化した、巨大な悪意
異次元の深淵にひそむ、異形の攻撃生命体――バイド

……まだ、生きていたのだ。
それはさらなる脅威となって人類を襲った。

太陽系外周警備艦隊、消滅。
人類を直撃する悪夢、三たび。

ついに人類は決断する。バイド中枢部への直接攻撃を。
標は感覚レーダーし示す、間座標――3681119:
銀河系中心域、マザーバイドセントラルボディ。
ペレーションコード――“THE THIRD LIGHTNING”発動。

時に、西暦2245年。
終わらない恐怖が、もうすぐ始まる。

 


概要


1993年12月アイレムよりSFCで発売
・高密度戦術級暴力シューティング
・横スクロールSTG 戻り復活制
・2周エンド 1周6ステージ 全12ステージ構成

 

  旧IREM(現アピエス)が発売した最後の純血の『R』である。開発は、当時アイレムに吸収された子会社であったタムテックスのメンバーが担当
 当時アーケードゲーム体としていたアイレムが、スーパーファミコンソフトとして初めてオリジナルリリースしたことでも知られ、本作を最後にアイレムゲーム事業からの撤退が決定したためか、『ヤスミ、ケダモノ。(BYE×2)BYDO』と言った完結を暗示させるような記述も見られる

 2006年12月26日から、Wiiバーチャルコンソールでも配信された(800wiiポイント)。バーチャルコンソール版はSFC版にべて水色の発色が悪く色のようになっており、ドット絵の細かい描き込みが潰れてしまっている。現在版権は、ゲーム事業を譲渡されたアイレムソフトウェアエンジニアリングにある

 


今作の特色



 SFCの性を最大に発揮し、拡大縮小や回転など前作に新なギミックを惜しみなく配置している。最後の作品とだけあって難易度とはまた違った性質で、特に地形や4面に見られる初見殺し地帯によってさらに悪化した覚えゲーとなっている。U字ステージ(横スクロールなのに縦スクロール)やステージ逆走など時代を先取りした悪意ある仕掛けである

 難易度選択はなく、ゲーム開始時に3種類のフォー

を選ぶことで調整となっているようである。それぞれ癖のありそれなりに使いこなすには練習が必要であるが、純な破壊が下へ行くほど極端になる。そのため、ラウンドフォースでの攻略HARDサイクロンフォースがEASYといったところであろう(当然個人差はある)


 ゲーム全体の難易度は1週からライトユーザーを寄せ付けぬほどの敷居の高さだが、庭用ということでの配慮かゲームオーバー時のコンティニュー回数は“制限”となっている。戻り復活制を上手く利用してルートや配置記憶を開拓することで、初心者でも時間を掛ければいつかはクリアできるようになっている点が本作に絶妙のゲームバランスをもたらしている


R-9Ø(コードネーム:RAGNAROK)について


 今作のR-9Øは3種類のフォースを制御することができ(ラウンド・シャドウサイクロン)、さらに貫通を極限まで磨き上げたメガ波動砲」、波動砲の連射を可にした「ハイパードライブシステム」を搭載。


 しかし、こうした性を発揮するために『23歳の女性14歳程度の体に幼体固定させ、機体に直結させ生体ユニットとして組み込まれている』という噂がある。が軍は否定し続けているが、相は明らかになっていない

 

 お染みのBGMも熱いアレンジで採用されていて、5面にはBOSSラッシュで懐かしい面々とともに神曲アレンジを聞く事が出来る。何度も死んでいく内に、思い出とともにすべてのBGM名曲として心に残るだろう。


 関連動画



関連コミュニティ


■co5008

関連項目



最終更新日: 15/09/05 23:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ