ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


radiko


ヨミ: ラジコ
掲示板をミル!
57カキコ!

radikoとは、IPサイルラジオ協議会に参加しているラジオ局が地上波ラジオインターネットストリーミングサイマル放送を行うサービスである。


概要


登録・無料で利用可。ただし接続IPによるサービス地域の限定あり(下記対応地域参照)。

HE-AAC 48kbpsステレオでのストリーミング放送。プレーヤーにはFlashを使用。同時聴取人数は最初の計画では最大2万人。地上波ラジオで放送されているCM等もほぼそのままをネット経由で放送する。
ちなみにプレーヤーには録音機は搭載されていない。私的録音は通常のラジオ同様に可だが、権利問題の関係でradiko公式プレーヤーに録音機を付けるのは難しいとの事。

試験放送開始当時はiPhone等のモバイル機器での利用は出来なかったが、現在は対応され可となった。

サイマル放送とはいっても地上波ラジオからはわずかな遅延付きで放送される。通常時で約6、混雑時は15ほど遅延することもあるらしい。さらに首都圏など一部の地域の局では「ラジコオーディオアド」(リスナーに合わせた音CMを配信するターゲティング広告)の実実験を行っている関係で2分ほど遅延することもある。そのため時報に関しては、番組中のパーソナリティ等による「XX時です」というコールは行われ、その後の時報音は流れないが、一部の局ではジングル音に差し替えたり、時報音をそのまま流している。
また、各中継局や内各放送局で独自の放送を行っているラジオ局は親局の構成による番組・CMが配信される(ただし、ラジオ福島2016年までいわき局を配信したため、福島親局との構成による番組・CMが異なっていた)。


概歴


IPサイルラジオ協議会は在ラジオ7局・在阪ラジオ6局・電通によって共同で設立された。前身はIPラジオ研究協議会。NHKラジオはこれに参加しておらず、独自でインフラを準備するか協議会に参加するかを検討した結果、らじる★らじるというサイトを立ち上げ、2011年10月1日より独自配信することとなった。

radikoの試験放送は2010年3月15日からで8月31日までの約半年を予定して開始された。

radikoからの放送開始にあわせて、ニコニコ動画ではニコニコ実況に対応局ごとのチャンネルが設置された。
 →【ニコニコ実況】ラジオ局に対応[外部]

実際に試験配信が始まると非常にクリアな音で聴こえることが大変話題となりアクセス集中、対策としてサーバ強化が行われた。公式のradikoプレーヤー以外に個人開発者によるプレーヤー提供も盛んとなり、スマートフォン用のradikoプレーヤーは個人開発者製のものが先行したが、のちに公式プレーヤー提供された。

聴取者層的にも以前ラジオリスナーだった人の復帰や、今までラジオを聴いていなかった新たなリスナー層が加わり、大変好評となった。

このような好反を受けて試験放送期間の3ヶ間延長を2010年8月13日に発表。さらに2010年10月19日の会見で12月から本格運用を行うと発表された。

2010年12月1日に試験放送の参加企業体とした14社により「株式会社radiko」を設立、本格サービスを開始した。同時に聴取可エリアが拡大した関東エリア群馬県栃木県茨城県関西エリア滋賀県和歌山県が追加。

2011年2月3日から約30局の新たな放送局が参加。パナソニックテレビVIERAシリーズの新モデルに搭載されるネット接続機テレビdeネット」にて3月から利用可となった。

2011年3月13日東北地方太平洋沖地震対応として聴取エリア制限の解除を発表、実施。この対応での放送は2011年4月1日から段階的に終了し、2011年4月12日には元の聴取エリアとなった。

2011年4月28日東日本大震災の復支援プロジェクトとして、「復支援サイト」を開設。被災された地区の民放ラジオ7局を配信開始同日正午よりラジオ福島、エフエム岩手Date fm、ふくしまFMが、5月16日正午よりIBCラジオTBCラジオIBS茨城放送を配信。2012年3月31日まで実施。

2012年4月2日からラジオNIKKEI放送大学を全47都道府県に配信開始など、さらに新たな放送局が参加する見込みとなり、これで全でradikoの配信サービスを楽しめることになる。そして、2017年11月1日正午からRNC西日本放送香川県)が配信開始。これにより、全で民放AMラジオ全社の親局がエリアフリータイムフリーを通じて聴取可となる。

NHKラジオは前述の「らじる★らじる」で独自配信を行っているが、「NHK民放連共同ラジオキャンペーン」の一環として、NHKラジオの試験配信を2017年10月2日から2018年3月30日まで実施した。全のうち5地域(関東広域圏宮城県広島県愛媛県福岡県)で配信されたが、エリアフリータイムフリーでの聴取は不可であった。ラジオ第1FMは各地の放送局の番組(関東広域圏東京局を、福岡県福岡局のみ)が、ラジオ第2は東京局の番組が配信された。

また、上記の配信実験の好評を受け、4月12日からの試験配信を全47都道府県に拡大エリアフリータイムフリーでの聴取不可は継続)。ラジオ第1は8ブロック北海道東北関東甲信越東海北陸近畿中国四国九州沖縄)の地域に分けて配信。ラジオ第2とFMは全共通の配信となった。FM2018年3月までの配信とは異なり、東京局の番組を全に配信する。2019年3月末までの試験配信を経て、2019年4月1日からはラジオ第1FMが正式にサービスインした(体制は試験配信と同様。ラジオ第2は終了したが「らじる★らじる」で継続)。


プレミアム会員サービス


2014年4月1日から有料で配信エリアの制限をこえて日本の放送局が聴ける「radiko.jpプレミアム」を開始。2018年7月2日現在、radiko参加の民放ラジオ95局が対応。

しかし、radiko.jpプレミアム会員でも一部番組などは聴けないことがある。下記はその一例。

価格は350円(税込378円)。
決済方法は、クレジットカード(ビザ/マスターカード/JCB/ダイナースクラブ/アメリカンエキスレス)・auかんたん決済・NTTドコモケータイ支払い・NTT日本&西日本フレッツまとめて支払いの計4種類。

ひとつの会員IDで同時に3デバイスまで対応。


タイムフリー機能


2016年10月11日正午より実実験として開始した新サービスで、過去1週間分の番組を聴くことが可になる。現在は実実験という扱いのため無料で使用可で、基本的に自分の住んでいるエリアの放送局の過去の番組が聴けるほか、プレミアム会員の場合はエリアに関係なく全の放送局の過去の番組を聞くことが可となっている。

Web上またはアプリ(Ver.6.0以降)上で「タイムフリー」を選択することで過去の番組を聴くことが出来るようになり、シークバーで任意の時間を定して頭出しすることも可。また現在放送している番組を聴いている最中にその番組の最初にさかのぼって聞くことも可となっている。ただし、1番組につき聴取開始から3時間という聴取可時間が定められている。その後、2017年10月2日からは聴取開始から24時間以内に合計3時間までの聴取が可となった。また、エリアフリー同様に権利関係の問題や放送局の都合で一部聴取出来ない番組もある例としてニッポン放送の場合、タイムフリーのみ制限がかかる番組として『テレフォン人生相談』『薬師丸ひろ子 ハート・デリバリー』(後者2018年6月末まで)が設定されており、エリアフリーで制限がかかっているジャニーズ事務所所属タレントが出演する番組(2018年3月末まで)を含めたこれらの番組はタイムフリーでは聞くことができなくなっている。この他TBSラジオ安住紳一郎日曜天国』もタイムフリー外となっている(エリアフリー設定ミス関東外で聴取できなかった際の特例タイムフリーを除く)。中にはTOKYO FM山下達郎サンデーソングブック』の特番(R-18盤・奇盤特集、深夜帯に放送)が「こんなのを間に聞かれるのは勘弁」という山下の意志から実施されなかった例も。

また、このタイムフリーに合わせる形で、シェアボタンを押すことでリスナーが気に入った番組をTwitterFacebookなどのSNSでフォロワーに薦めることが出来る「シェアラジオ」を開始しており、これを聴取時に行うとシェアボタンを押した時点にリンクが設定され、リンククリックするとその時点から番組再生が可となっている。


対応地域


ニコニコ大百科に記事があるラジオ局はクリックすれば記事に飛ぶよ!
斜字の放送局はradiko.jpプレミアム非対応局。
下線の放送局は復支援サイトで配信していた局。
太字の放送局は今後配信およびエリアフリー聴取が予定されている局。
NHKラジオタイムフリー聴取不可。
2019年4月1日現在


次へ»
最終更新日: 19/04/05 10:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ