ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


riot


ヨミ: ライオット
掲示板をミル!
12カキコ!

riot(ライオット)とは、暴動や騒動を意味する英単

  1. RIOT - 現在も活動を続けるアメリカベテランHR/HMバンド
  2. RIOT - 新田子のエロ漫画作品。
  3. ライオット(RiOT) - 日本テレネットの社内レーベル
  4. ライオット(雷電怒濤) - 漫画BASTARD!! -暗黒の破壊神-」の登場人物であるアーシェス・ネイが使う魔法。1.のバンド名が出典元。
  5. ライオット(スパロボ) - スーパーロボット大戦UXに登場するオリジナルユニット

本項では1.のHR/HMバンドについて記述する。


概要


1975年NWOBHMニューウェーヴ・オブブリティッシュ・へヴィメタル)がHR/HM界を怒涛の如く席巻し始める時期。
ギタリストマークリアリを中心にニューヨークで結成されたのがRIOTである。2年後の77年にアルバムROCK CITY』でデビュー日本では翌78年に『怒りの廃墟』というやりたい邦題リリースされるのだが、彼らを代表する名曲「Warrior」の他にもポップな楽曲が多く、予想外人気を集める事となる。
セカンドアルバムNARITA』では音質もやや善され、楽曲もパワーアップタイトルチューンであるインストゥルメンタルNARITA」や「Road racin'」は、ツインギターによる荒々しいリフと泣きのソロというハードロック様式美確立させた。
しかしその一方で(アメリカHR/HMバンドにはよくあることだが)メンバーの出入りもしく、3rdアルバムFIRE DOWN UNDER』発表後にヴォーカルガイ・スペランザが脱退。この時点でオリジナルメンバーリアリのみになってしまう。

その後、新ヴォーカルレットフォリスター(故人)を迎えて4thアルバム『RESTLESS BREED』、5thアルバムBORN IN AMERICA』をリリースするも、ハイトーンタイプのスペランザとべて太でブルージーな質のフォリスターはバンド音楽性に合わせづらかったのか、商業的な成功を収める事が出来ずに一度解散している。この解散はマネージメントとの不利な契約を回避する為の策でもあったようだ。

そして1988年、新メンバーを迎えて『THUNDERSTEEL』が発表される。スラッシュメタルパワーメタルが台頭した時期に相応しく、より速く、強く、よりメロディアス進化した新生RIOTは、多くのHR/HMファンの心を掴んだ。ドコドコのツーバスに泣きのギタートニームーアハイトーンヴォーカルという様式美は、日本ファン層をも増大させた。1990年には『THE PRIVILEGE OF POWER』をリリース実験的なコンセプトアルバムで、ライオット節を保ちつつも、タワーオブパワーによる強ホーン・セクションをフィーチャーした曲や、曲間の長いSE等が物議を呼んだ。
その間もメンバーの流動は続き、更には所属レコード会社の大量解雇もあり、次作『NIGHTBREAKER』ではヴォーカルマイク・ディメオに変更。その後もライヴ活動やアルバムリリースを重ねてはいるもののバンドメンバーは安定せず、デビュー当時からのプロデューサーであるスティーヴ・ローヴや旧公式サイト管理人との確執が表沙汰になったりと、音楽以外でのトラブルに多く見舞われてしまう。

2008年には『THUNDERSTEEL』20周年を記念してアルバムリリース当時のメンバーが復帰し、
翌年10月に来日演を同編成で行ったが、活動方針を巡って対立し、トニーが脱退。
しかし後任のボーカルが見つからなかったため、2010年10月トニーが復帰して元に収まった。
2011年にはトニー復帰のアルバムImmortal Soul』が発売され、来日演も期待されていた。

しかし、2012年1月25日バンドの顔とも言えるマークが長年患ったクローン病とくも膜下出血により亡くなるという悲劇が襲う。遺族の意向もあり、RIOT名義での活動に終止符が打たれ、意欲を失ったトニーは脱退した。

マークの死後はしばらく活動停止状態だったが、残ったメンバーが活動継続を模索し、
2013年トニーの後任としてトッド・マイケルホールボーカルとして、
翌年1月にはマークの後任としてニック・リー(26歳とかなり若手)がギターとして加入し、
バンドを長年支えてきたマークへの敬意を評してRIOT Vと名して活動を再開した。 

そして同年8月、RIOT V名義初(日本のみレーベルの意向でRIOT名義)のアルバム『UNLEASH THE FIRE』をリリースし、10月にはLOUD PARK 14出演に伴い来日し、新アルバムの曲やトニー期の曲だけでなく、
ディメオ時代の曲もなども披露し、1時間弱のステージながらも日本ファンを熱狂させた。
ちなみに、ボビーがセバスチャンバックサポートなどで多忙なため、代打として『ARMY OF ONE』で担当したフランクギルクライストが復帰している。(ボビー自体は脱退扱いになっていない)


現在のメンバー(2015年1月時点)


ヴォーカル…トッド・マイケルホールTodd Michael Hall)
ギター………ニック・リー(Nick Lee
ギター………マイク・フリンツ(Mike Flyntz)
ベース………ドンヴァン・スタヴァンDon Van Stavern)
ドラム………フランクギルクライスト(Frank Gilchriest
    ………ボビー・ジャーソンベク (Bobby Jarzombek)


ジョニー


アイアンメイデンアルバムジャケットに描かれているエディのように、RIOTにもアルバムジャケットを飾るマスコットがいる。頭部だけアザラシを持ったへんないきもの、それがジョニーである。
ROCK CITY』以降、何枚かの例外を除いてちょこちょこと登場するジョニーだが、「洋楽HM/HRCDジャケットにありがちな変なアートワーク」の代名詞になっているフシがあるようで、その手の話題になると必ず『ROCK CITY』や『NARITA』のジャケットが挙げられる。気持ちは分かるが曲も聴け。
2chFMラジオ実況スレに貼られたAAがこれ。イラスト化された事もある。

             ,,.- ゙````ヽ,.
            ,''   , 、  ヽ
           ;''     ゙;  
          ,ゝ   彡 !,j ミ ゙;     f7 .,   <うるせぇポーザーはっ二つにすんぞ
         /  ヾ,  `^^´ ,,.゙;、    .l !ノi
        ./ ´ヽ  ゙-、、,,.-''"  ヽ   .l'::::: l
       ./   ;    `; ´  ;  i  .l':::::: j
       ,.i   ん、  ,. 、   ノ  ハ  .l'::::: j'
     _,.f/  .人   ̄    ̄ヲヘ   ヽ .!::::: /
   ,.-'" 7  /:::::::ヽ,.__,..-';ト、ハ   }か,/
  /   /   / ヽ:::::    ;:::;:ァ'   ヽ, .l !"
 .i    i  ./  人:::::::::::;:ァ''"      んニj
 l   ,.' , j--'"  ̄¨ゝ-、_   ,. 7テラ
 |  (三ゞ'           ゙ソ  .l l/


ディスコグラフィー&関連商品


1977年ROCK CITY』、1979年NARITA
■azB000001C5Y
■azB0009PQG9K

1981年FIRE DOWN UNDER』、1982年『RESTLESS BREED』
■azB000005K0X
■azB00000HZHP

1984年BORN IN AMERICA』、1988年『THUNDERSTEEL』
■azB00000I8JO
■azB0012GN3RI

1990年『THE PRIVILEGE OF POWER』、1993年『NIGHTBREAKER』
■azB0000CBL9A
■azB00000ILUU

※ちなみに『NIGHTBREAKER』は日本先行発売だったのだが、上記のジャケットデザインは新しく作り直されたもの。
発売当初のジャケットは(日本版もドイツ版も)なんぞこれ、と言いたくなるようなガッカリ感満載なアートワークだった。
ジョニーすらいないそのデザインは、当時から今に至るまでのバンドを取り巻く苦を如実に物語っている。

1995年『THE BRETHREN OF THE LONG HOUSE』、1998年INISHMORE』■azB00000ILUT
■azB000001CAD

1999年SONS OF SOCIETY』、 2002年THROUGH THE STORM
■azB00000K08Z
■azB00004RGKB

2006年ARMY OF ONE』、2011年『IMMORTAL SOUL』、2014年『UNLEASH THE FIRE
■azB000HWY444
■azB005I7AQO0

■azB00MGMJ6XC


関連動画



■sm9141279[ニコ動]

■nm7814776[ニコ動]

ヴォーカルレットフォリスター(Wings of fire)、マイク・ディメオ(Nightbreaker)■sm9862572[ニコ動]
■sm9280684[ニコ動]

ヴォーカルマイクティレリ(Thundersteel・ライヴ)、トニームーア(On your knees)■sm7814538[ニコ動]
■sm10010574[ニコ動]

高崎晃プロデュースしていたシンガー、本未沙子と、アイドル五十嵐夕紀による「Warrior」の日本語カヴァー
■sm11927446[ニコ動]
■nm8846969[ニコ動]


関連コミュニティ


■co133636


関連項目



最終更新日: 15/01/22 04:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ