ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


SaintsRow


ヨミ: セインツロウ
掲示板をミル!
48カキコ!
シリーズ

この記事は以下のゲームシリーズを扱っている記事です。

  • Saints Row

『Saints Row』(セインツ・ロウ)とは、2006年に発売されたXbox 360用のオープンワールドクライアクションゲーム、およびそれをはじめとする作品シリーズの総称である。今ではすっかりバカゲーの代名詞に

本来の正しい表記はスペースを挟んだ「Saints Row」なのだが、動画タグとしての関係上、英語では「Saints Row」、スペースなしの「SaintsRow」、日本語では「セインツロウ」、中黒点を付けた「セインツ・ロウ」など、複数のタグが乱立している状態である。

また、このタグシリーズとしての名称も表しているため、「2」以降の動画にもタグ付けされていることがある。そのため、第1作については便宜的に「SaintsRow1」「セインツロウ1」でタグをまとめている。

シリーズ

タイトル 発売日 機種 備考・その他
Saints Row 2006年 XB360 GTAを基にしたクローンといわれている。
Saints Row 2 2008年10月14日 Win
XB360
XB1
PS3
続編。
まだおとなしい方。
Saints Row: The Third 2011年11月15日
2011年11月17日 (JP)
Win
XB360
XB1
PS3
続編。
ここから路線変更によりブッ飛んだ方向へ。
Saints Row IV 2013年8月
2014年1月23日 (JP)
Win
XB360
XB1
PS3
PS4
続編。
敵はついに地球外生命体に。
Saints Row:
Gat out of Hell
2015年1月23日
2015年4月16日 (JP)
Win
XB360
XB1
PS3
PS4
外伝スピンオフ作品 (ナンバリングし)。
ギャットとキンジーが主人公
異世界にもケンカを売りはじめた。
Saints Row ? 新作開発中との発表あり Volitionが『セインツロウ』シリーズ最新作を開発中! THQ Nordicが決算報告資料で明かす (GameSpark 2019.8.15 Thu 9:03)[外部]

ゲーム内容は大体こんな感じだが、「3」以降ではリスペクトゲージによるレベルシステムに変わったり、ほか作品によって要素が追加されたりくなったりしている。(2と3あたりがストーリー的にもシステム的にもになっている)。

ミッション外ではプレイヤー中を自由に行動でき、を盗んだりで通行人をブチ殺したりできる。あまりはしゃいでいると警察に見つかって悪評度が付く。悪評度が付いたままだとその間ずっと警察に追われることになり、最悪の場合殺されるか逮捕されてしまう。なお敵ギャングを殺すと警察のものとは別にそのギャング固有の悪評度が付き、悪評度が付いている間はそのギャングから狙われる羽になる。

そのゲーム内容や世界観からグランド・セフト・オートシリーズが色濃く見え、実際に「GTAクローン」「GTAパクリ」と揶揄されることも多かった。だからあんな進化を遂げたのか。

難易度は同ジャンルの他のゲームべれば低いが、ヌルすぎるというわけでもなく、程よいレベルなのでクライアクションゲーム初心者にもおすすめできる。

また、3以降は路線変更をはかったこともあってか、DLCなどで大量のネタアイテムコスチュームが追加されるようになったため、ストーリーどう見てもメカゴジラきぐるみを着てムービーに登場したり、アメコミヒーローコスチューム犯罪を引き起こしたり、行く一般人ケツに形がアレバットを突き刺したりと、奇行・ネタプレイにはしることも可

Saints Row (第1作目) 概要

Saints Row
基本情報
ジャンル アクション
対応機種 XB360
開発元 Volition Inc.
発売元 THQ
発売日 2006年8月29日
価格 \5980
年齢 CERO:Z
通信
その他
ゲームソフトテンプレート

第1作の『Saints Row』は、2006年発売の、Xbox 360ゲームである。今ではすっかりバカゲーの代名詞となったシリーズの第1作。

開発は『DESCENT』およびゲーム版『パニッシャー』でおなじみのVolition、販売はTHQ。日本では2007年にTHQジャパンから発売された。

プレイヤーギャング団の一員となって、を支配するために活動することとなる。

  1. アクティティといわれるサブイベントをこなしてリスペクトを貯める
  2. 貯まったリスペクトを消費してストーリーミッションを進める

……の繰り返しになる。ゲーム内容は上記のシリーズ説明とほぼ同じ。


日本語版での規制


CEROZ定(18禁)でありながら日本語版には規制が入っている。

  1. 死体が放置されずにすぐに消える
  2. ドラッグ」→「サプリ」に表現を修正
  3. 婦」→「エスティシャン」に表現を修正

二番と三番については特に問題はないと思われる。逆に三番はいかがわしさが強くなったようにも思える。(論、性的かつ営法な意味で)

ストーリー

舞台アメリカのとある都市ティウォーター
をぶらついていた主人公突然ギャングの抗争に巻き込まれる。

その場にいたというだけで殺されかける主人公だったが、新ギャング「サードストリートセインツ」のボスジュリアスと幹部のトロによって助けられる。
ジュリアスは「平和を取り戻したいなら、教会へ来い」と言ってその場を去る。

翌日、教会を訪れた主人公は「洗礼」の儀式を経てサードストリートセインツに入団。
対立する3つのギャング団をぶっ潰し、平和を取り戻す為の戦いに身を投じる・・・。

登場人物

サード・ストリート・セインツ (Third Street Saints)

プレイヤーが入団することになる新ギャング団。チームカラー
に存在する4つのギャングの中では最弱だが、主人公達の活躍により次第にその勢を強めていく。

ロス・カルナレス (Los Carnales)

ティウォーター最古のギャング。チームカラー
コロンビア系の麻薬カルテルと手を組み、ドラッグの密輸入をな収益としている。

バイス・キングス (Vice Kings)

を支配せんとするロス・カルナレスに対抗してベンジャミンキングにより組織された。しかし組織が大きくなるに連れて的が変質し、今や平和を脅かすギャングの1つになってしまっている。チームカラー
キングダム・カム・レコード」というレコード会社を運営しているが、その裏では売ビジネスに手を染め荒稼ぎしている。 


次へ»
最終更新日: 19/10/18 22:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ