ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


SDガンダムフォース


ヨミ: エスディーガンダムフォース
掲示板をミル!
147カキコ!

SDガンダムフォースとは2004年に放映されたサンライズ製作ロボットアニメである。略して「SDGF」。


概要


SDガンダムを題材とし、トゥーンレンダリングによるフル3DCG製作されたTVシリーズ
TV放映されたガンダムの中でも、Gガンダム類するくらい特に異色の、そして知る人ぞ知るドマイナー作品。

モチーフとなったガンダム作品は、アメリカで放映されたシリーズに登場した機体に限られている。
ちなみに全52話はあのVガンダムをも越えて全ガンダムシリーズ最長となっている。
さらに付け加えると、日本放映時には既にアフレコを含めてほぼ全ての作業が終了していたそうな。

布教用のMAD製作セルDVD発売嘆願活動等非常に熱心なファンが多い作品でもある。

そして念願ってDVD-BOX発売&オールナイト上映会が行われた。
ここまできたら次は続編だよな!……と思っていたら三国伝が一年間完走してしまいましたとさ。
しかもスーパーロボット大戦参戦も先を越されてしまいましたとさ!

どうしてこうなった。 

詳しい内容はWikipediaまで。やたらと詳しい。詳しすぎる。


スタッフと技術について


このアニメモーションキャプチャーキャラクターを動かし、SDアクションに反映させるという作業が必ず行われる。
元々ウルトラマンを始めとした特撮阿部雄一(現・アベユーイチ)が監督になったのもそのためである。
こういった経緯から、この作品には円谷プロからのスタッフ出張もいくつか見られた。
何気に特撮ファンにも美味しい要素の多い作品であったりする。

監督、というしい役職が設けられているのは、アニメに詳しくない阿部監督を補佐するためである。
されたのは近藤であり、阿部と二人で作品構築を進めていったという。 

モーションキャプチャーについてもう一つ、興味深い話がある。

終盤の4クールに拝むことが出来る、天宮編の合戦シーンは、まず3Dでなくては拝めない代物である。
何故かというと、よく見るとちゃんと一体一体の兵の戦闘が細かく描かれているからである。

本作はモデリングだけでは動かすことは稀で、である炎モーションキャプチャーで作られていた。
つまり、前述の合戦もまた
一人一人モーションキャプチャーで動きを作って取り込んでいるということになる。
こういった技術により、当初の的である製作におけるコスト削減は達成された模様。
反面、スケジュールに余裕のない状況が続き、お蔵入りになったり方向転換した内容も結構あるようだ。


評価


3DCGはちょっと……」とか「キャプテンの口がキメェ」などと敬遠される事が多いことで知られる作品。
実際放送当時からこのフェイスオープンネタにされ、からかわれていたことは事実である。
そういった点がいたのか、商業的には鳴かず飛ばずで、セルDVDの発売も永らく行われなかった。

特に第1クールネオトピアへの侵攻から市民を守るという受け身体勢の話が多く、テンポも悪いためファンの間でも評価が割合低め。だが、
第2クールからは魅ある新キャラの大量投入やシリアスモードへの本格的な取りなど展開は一転し、作りこまれた世界観の設定を考察する楽しみが生まれるなど、軒並み高評価となってくる。

当時のCG新技術を組み込んでいたこともあり、1クールの展開は基本的にテンポが悪く、手探りであることが浮き彫りであった。しかし2クール以降精錬されてくるにつれ、視聴者の評価も安定していく。
この作品で「フル3Dアニメーションを見直した」という人も多い。

また、足を引っった1クールも、グダグダテンポではあるが、物語として全て見所がないわけではない。
スタッフしているように、前半を見ておくと後半のキャプテンガンダムの成長がよく感じられる。
これはすなわち、キャプテンガンダムCGスタッフの成長劇なのである!

アニメーションだけでなく、脚本的にも評価は高く、涙腺崩壊アニメとしても評価が高い。天宮編の後半からはほぼ毎週泣いてる視聴者もいたとか……。
基本的にメインサブレギュラー級のキャラクターに、展開上駄なキャラがほとんどいないため、善・悪・空気キャラと、それぞれにファンが付いているくらいである。それだけに涙腺を抉られる視聴者も多いようだ。

極めつけはファンの間で特に評価された51話で、視聴者の涙はここで散々絞り出されてしまった。
だというのに、トドメの最終話52話で、最後の一滴まで搾り取られてしまうのである。恐るべしSDGF。


設定など


一見すると独自の設定が立ち、かつてのSD作品を軽視していると言われる部分が多い。
が、実際は旧SDの設定をしっかり理解したうえで作品に盛り込んでいるので、その認識はめるべきと言えよう。
機械ガンダム騎士ガンダム、武者ガンダムが共演するという内容は『SDガンダム緊急出撃』がモチーフである。

そのため、旧作ファンでも十分にこの作品の世界観は十二分楽しめる(はず)
作中登場するヴァトラスのスペリオルドラゴンは違う形で採用されているが、旧作を思わせる設定を加味。
頑駄結晶は作中で触れられていないがさりげなく大将軍の意に採用。
さらにさらに、本作では獅子の牙も見られる!などなど……むしろSDガンダムファンニヤリとさせる展開が結構盛り込まれているのだ!
あと騎兵巨人伏線なども存在し、これらは構想上にあった続編への引きとして残されているようだ。
なんでこない、続編……。

前後に放映された機動戦士ガンダムSEEDSEED DESTINYとは何かと較対照に上げられることも多かった。
ちなみに後者は短期間ながら同時期放映だった。新作TVシリーズの並行放送はガンダム史上初のことである。
だからなんだとか言うな!


神谷浩史の元祖ガンダムキャリア


今や大人声優となった神谷浩史が念願のガンダム作品に初出演したのは、忘れられがちだがこの作品である。
放送当時は周囲から「キャプテーン」と呼ばれていたらしい。
ガンダムEXPO2009では、本作に未出演なはずの置鮎龍太郎から「キャプテーン」という呼びがかかっていた。

神谷本人もこの作品についてはいろいろと思い入れがあるようだ。
ガンダムEXPO2009でも周囲の皆に作品の解説をしたり……。
SDフレクション(本作の玩具)について説明したり(今でも飾ってるとのこと)。
このときは何故か行われたSDGF初の声優出演イベントということで、しくSDGFについていろいろっていた。

本作のセルDVD化は神谷ににとってもかなり念願だったらしい。
DVD-BOX化の際はメーカーから貰ったのに、嬉しくて自分でも買っちゃったと言われている。

ちなみにキャプテンの口に関しては神谷自身も「ゲッ!と思ったそうな。(監督「ここまで話題になるとは……」)

監督的に、神谷浩史ガンダムシリーズにおける出世振りは感慨深いものがあったようだ。
キャプテンに加え、コックザコザコブッシA役といったイロモノもやっていたため)


その他・裏話



商業的な黒歴史


その後の扱いにも大きく影を与える商業的成績だが、SDガンダムフォースは見ての通り、最悪であった。
これはガンダムシリーズの中でも数少ない惨敗に終わったと言っていい。
テレビ東京というローカルTV局での放送だから、という理由がよくあげられるが、同じ状況下にある三国伝が別に失敗しているわけでないところから見ても、それは間違いだと言える

その原因は、初期段階で視聴者ハートを掴めなかったことが大きい。
また、CGに癖があるということや、旧来のSDガンダムファンにも本作を受け入れない視聴者がいることなど、今までのニーズにあったコンセプトでないことが原因としてあげられる。
メイン玩具SDフレクションは、初期のものが特に出来が悪く、全に騎士ゼロ誰だお前状態である。
これらは後に発売した新商品におけるコンパチ仕様によって少しは善されたが、既に根付いた評を打破出来るほどのものではなかった。

機動戦士ガンダムSEEDの頃に発売したものを踏襲した簡単組立てプラモも出来が悪く、SDガンダムにとってメインとなるBB戦士も、本編の等身とまるであっていない寸胴になっているなど、商品化の面ではとことん不遇であった。
人気さが災いし、放送から数年間セルDVDが発売されない、再放送されてもセレクション形式などなど……とにかくバンダイから嫌われた作品であった。

そもそもこのアニメ、商品を本当に売る気があるのか?という展開が多い。
例をあげると……。

ただし、こうした商品展開をまるで考えない構造が、作品が良作化した理由とも言えなくはないので、一概に全てが悪いとは言い切れないだろう。


二次作品参戦の可能性


かれこれ製作開始から約10年経過した本作だが、その後クロスオーバーゲーム・作品などには一切登場していない。

当時はGジェネレーションスーパーロボット大戦くらいしかなかったが、今ではガンダム無双シリーズに、SDガンダムカプセルファイターオンラインガンダムブレイカーなど、様々なガンダムコラボゲームが登場している。
しかしそれだけの環境が生まれ後輩三国伝は稀に重用されても、SDガンダムフォースは視され続けている。 


次へ»
最終更新日: 16/07/31 19:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ