ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


SR20DET


ヨミ: エスアールニーゼロディーイーティー
掲示板をミル!
6カキコ!

SR20DETとは日産が開発した自動車用直列4気筒ガソリンエンジン番。シルビアなどに搭載されていた。


概要


SR」はエンジン式、「20」は排気量(2000cc)、「D」はDOHC、EはEGI(電子制御燃料噴射装置)、Tはターボチャージャーを表しており、「DET」はどこぞのハイエースみたいにディーゼルターボエンジンを表しているわけではない。縦置き(FR、というかシルビア)用と横置き(FF)用の二種類があり、同じ形式のエンジンではあるがエンジンブロック形状が異なるなどかなりの違いがあるため、「パルサーGTiRエンジンシルビアに載せる」などの場合かなり大規模な改造が必要になる。FF車両に搭載するためには鋳ブロックは重すぎると考えたためか、当時としては先進的なアルミブロックを採用。ボア:ストロークは86×86と日本スポーツカーに用いられるエンジンとしてはしくスクエエンジンになっている。

ノーマル状態(特に1)では「もっさりワロスwwwwwww」「ロッカーアーム自重汁」「設計が古臭いだろJK」などあまり評判は良くないが、軽いアルミブロックを採用したわりには強度が高く、構造もどちらかと言えば単純なほうに入るため現在でもチューニングベースに用いられることが多い。

フルチューンして大叩きだしたいときには、SRの1代前でブロックのCA18DETが向くとか言われていたこともあったが、そんな話も今は昔である。確かに今でもその事実は揺るがないかもしれないが、現存するCAはどれも古いし、SRでもチューニングノウハウの蓄積によって十分にパワーが出せるようになった。CA18DETからSR20DETへの載せ替えは結構ポピュラーチューニングメニューである。

ちなみに、エクストレイルなどに搭載されているSR20VETはSR20VEの発展系であり、SR20DETの系譜ではないので注意。論構造も異なる(可変バルブタイミング機構など)。


型式


長く使われてきたエンジンだけあって、大幅な良が加えられている。


1型


 ぶっちゃけた話、SR20DEにターボを付けただけである。通称「ヘッド」。S13シルビアなどに搭載。


2型


 ピストン、ラジエター、ECUを良し耐久性を向上させたもの。ヘッド180SXの中期以降に搭載。


3型


パルサーGTiRのみに搭載されたスペシャルバージョンブロックピストンバルブ、タービン、インタークーラーなどほぼ全ての箇所に手が加えられている。通称「文字ヘッド」。ノーマル状態では最強SRであったが横置き用エンジンであるためシルビアなどに移植するのは難しい。


4型


 2ベースに、可変バルブタイミング機構を搭載しタービンを大化したもの。ヘッドその2。S14シルビアに搭載。


5型


 4マイナーチェンジ版で多少を向上させたもの。ヘッドその3。S15シルビアに搭載。


関連コミュニティ


■co24673


関連項目



最終更新日: 11/02/15 05:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ