ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Strv.103


ヨミ: ストリッツヴァグンエットフンドラトレ
掲示板をミル!
26カキコ!

Strv.103(Stridsvagn 103)は、スウェーデン陸軍で運用された第二世戦車(MBT)。別名Sタンクとも呼ばれていた。現在はすべて退役済。バルカン」はタミヤが勝手に付けた商標です。


概要1982世界の戦車 年鑑 戦車マガジン別冊


開発計画は1950年代初期から開始され、1950年代末ににすることを決定、試作を経て、1966年から1971年までに300両が生産された。

体前部にエンジントランスミッションが載り、その後ろに戦闘室、後部に用弾倉が配置されている。エンジンロールス・ロイスディーゼル240hp)とボーイングガスタービン(490hp)を並列装備している。懸架装置は油気圧式とされ体はプラス12°、マイナス10°の範囲で俯仰する。

乗員は3名で内左側に操縦手兼手、その後ろに通信手の席があり、必要な場合は通信手が後進の操縦を行う。内右側に長席があり操縦手と同じ照準装置が装備されている。

イギリス製の105mmL74(62口径)。自動装填で50発の弾倉より給弾される。発射速度は毎分15発で、発射後の莢は体後部から自動的に排出される。また、7.62mm機体の左側に2基固定装備、長用展望左に遠隔操作式で1基装備している。


その他


後にイスラエルM111APFSDSの導入も行われ、T-62などは十分撃破できる装甲貫通も付与された。防御に関して付け加えるならば、CではHEAT弾対策のため防護柵が前面に増設されている。

スウェーデンはこの戦車の輸出を意図していたが、結局どのにも売れずに終わっている。世界スウェーデンが次にどのような戦車を送り出してくるか注していたが、関節戦車などユニーク実験車輌を造った後、最終的に外戦車を導入している。「使える兵器使えない兵器(上)」江謙介 並木書房 1997 p.135

1993年から1994年にかけて、スウェーデンはSタンクやセンチュリオンの後継をレオパルト2M1A2ルクレールの中から選ぶ作業を行ない、最終的にレオパルト2戦車280輛の採用を決めている。戦車を破ったレオパルト2-リリーフMBT時代の幕開け」河幸英 軍事研究1997年10月


関連動画



■sm2096212[ニコ動]

■sm13239826[ニコ動]


関連コミュニティ


■co1088


関連項目



最終更新日: 19/04/26 22:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ