ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


SZBH方式


ヨミ: エスゼットビーエイチホウシキ
掲示板をミル!
118カキコ!

SZBH方式とは、Webラジオニコニコ動画で合法的に楽しむ手法である。


概要


これは、削除されやすいWebラジオニコニコ動画コメントを付けるため
生時間だけを表示した無音動画Webラジオ同時再生コメントをするという方式のことである。
元は「さよなら絶望先生」のWebラジオさよなら絶望放送」でこの手法を取り入れたことから。
ドラマCDラジオCDなどでもこの手法が使われることがある。


起源と経過


当初、「さよなら絶望放送」は会員の手によりアニメイトTVサイトにて放送された内容(音)がそのままニコニコ動画うpされていた。較的ニコニコユーザー人気のある「さよなら絶望先生」関連のコンテンツであり、内容の面さも相まって再生数、ならびに再生数に対するコメント率も非常に高かった。コメントパーソナリティ神谷浩史新谷良子)のトークに対するツッコミがほとんどだった。当然ながら、それらは権利者による削除となる動画であり、結果的に権利者削除となった。

それでも、放送内容に「ツッコミたい、コメントしたいという」リスナーの意志は非常に強く、苦の策として編み出されたのがSZBH方式の動画の起となる。

一番最初に作られたSZBH方式の動画は「終始画面・無音」で再生時間の表示すらい極めてシンプルなものだった。同期は「ニコニコプレイヤーの再生時間表示」を基準に行うものであったため、少々使いづらいものであった。
動画としては「っ暗かつ無音」であるにもかかわらず、それまでと数量的に変わらない多数のリスナーコメントで溢れかえり、大いに盛り上がる結果となった。

その後、動画内に時間表示が挿入されるように善され、Web放送との同期が取りやすくなった。現在でもSZBH方式を用いた「さよなら絶望放送動画Web放送リスナー人気のある動画といえる。

動画自体は、あまりにもシンプルすぎるゆえに「さよなら絶望先生本編ネタである「最低限文化的な~」になぞらえ「最低限文化的な動画」というタグが付いた。また、「さよなら絶望放送」は架ステーションコールSZBH」を称して放送されていることもあり、この手法を採用した動画全体をして「SZBH方式」という呼称が自然に定着していった。

SZBH方式は「さよなら絶望放送」という垣根を越え、他の作品ジャンルへの利用も広がっている。但し、SZBH方式を採用して盛り上がるジャンルと、そうでないジャンルがあるのもまた事実である。


Yes!プリキュア5 Go Go! Webラジオ「CLUB ココ&ナッツ」削除事件


2008年6月17日頃、SZBH方式を用いていた動画シリーズ"Yes!プリキュア5 Go Go! WebラジオCLUB ココナッツ」"の#06~#18が一斉削除された。→Yes!プリキュア5 Go Go! Webラジオ「CLUB ココ&ナッツ」 コメント用動画リスト[動]

該当の回は既に配信終了しているとはいえ、他のSZBH方式による動画と同様に無音フリー背景画像という形式をとっており、ニコニコ動画利用規約違反および著作権には該当しないため、運営側がタイトルだけを見て判断した誤削除であるという可性が高い。

この件について投稿者が運営側に問い合わせを行ったが、テンプレ回答しか得られなかった。

……のだが案の定、誤削除だったようで同21日に復活した。

(6/21更新) 運営からお詫びメールが。「どこの弁護士に相談しようっかなー♪」と半分本気で探してたら先越されたよw。事復活しますた。

 


「仮面のメイドガイ・強制ご奉仕ラジオ」削除事件


2008年6月27日頃、今度は"仮面のメイドガイ・強制ご奉仕ラジオ"の#01~#09・#11が一斉削除された。→仮面のメイドガイ・強制ご奉仕ラジオ[動]

おそらく誤削除だと考えられる。

になる要素のないSZBH方式では、こういった際に全な身の潔を訴えるため、画像などになりきらない要素を一切用いないことが肝要である。

30日、#01復旧。
7月1日、全て復旧。


視聴支援ツール



関連項目



最終更新日: 19/03/17 18:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ