ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Tウイルス


ヨミ: ティーウイルス
掲示板をミル!
1カキコ!

Tウイルスとは、バイオハザードシリーズに登場する架ウイルスである。色は緑色
Tは暴君(Tyrant)の頭文字から取られている。


概要


会社のアンブレラ社が極秘裏に開発・研究していたウイルス兵器物語中で引き起こされるバイオハザード(生物災害)は、大体このTウイルスの漏洩事故が原因。ただし近年の作品では出番が少なくなり、別のウイルスが原因となる事が多い。そしてこのウイルスに感染した者はゾンビと化す。ゾンビと並んで、シリーズ屋台を支えてきた陰の主人公と言えるだろう。

漏洩直後は空気感染をするため、吸引した人間はもれなくウイルスに感染する。しかしTウイルスは変異性が高いため、次第に空気感染しなくなる。Tウイルスに感染した生物に噛み付かれたり引っ掻かれる、もしくは汚染されたを摂取する、血液感染等がな感染経路。またTウイルスには異なる生物間の遺伝子交配を容易にする特性があり、これを使って様々なB.O.W.(生物兵器)が製作された。

ウイルス兵器なので同時にワクチンも存在する。ラクー大学が独自に製作したワクチン「デイライト」は、生きている人間注射すると体内のTウイルスを死滅させ、恒久的に感染を防いでくれる優れもの。逆に感染した生物に打ち込むと即死させる事が出来る。

10人に1人の割合で、Tウィルスに全な抗体を持った人間がいる。彼らは噛まれようが引っかかれようが、感染しない。バイオハザード主人公が感染しないのはこの抗体のおかげである。しかし体内に直接濃厚なTウイルスを送り込まれた場合は例外のようだ。


ゾンビ化


ゾンビは生きている人間ウイルスに冒された存在で、同時に悲惨な被害者でもある。

Tウイルスには死者をらせるいとされる。コードベロニカでは墓石の下から這い出てきたゾンビがいるが、これは混乱の最中、仮死状態のまま埋葬された事に起因する。一方、医学的には死んでいるとされ、安楽死が通用しない。
ちなみに子供ゾンビは存在しない。新陳代謝の発達に耐え切れず、死亡してしまうかららしい。メタ的な事を言うと倫理上の問題。またといった適性の生物も、ウイルスによる変に耐えられず死んでしまうようだ。感染した人間ゾンビになるまでの時間は十人十色。数時間でゾンビ化する者もいれば、数週間後にゾンビ化する者もいる。宿健康状態に左右されるようだ。

感染から発症まで

感染すると、ウイルスにより新陳代謝が異常発達。死んだ細胞をもらせるが、急な皮膚の再生に耐え切れず全身に痒みが出始める。同時に大新皮質が破壊され、記憶の低下や理性の欠落が表れる。新陳代謝の異常発達が進むと皮膚が腐り落ち、またその消費エネルギーを補うために食欲が増大する。それに伴ってが凝縮され、何を食べてもすぐに消化されてしまい、常に極度の飢餓感に苛まれる。

感染が進行すると、言葉を発しようとしても全体の一割程度しか発できなくなる。ゾンビ化が迫ると、意識を乗っ取られるような感覚に襲われる。ガンサバイバー2の看守長の日記では「ウイルスに操作されるだけの人形に成り果てる」と形容されている。

やがて食欲を満たすため、本的に新鮮なを摂取する(=生きている人間を襲い始める)。これが所謂ゾンビの状態である。ゾンビ化したあとも人格や記憶と呼べるものが若干残っており、ドアの開閉をしたり自分と関係のある場所をする傾向にある。だが意思の疎通は全に不可能で、相手が友人や家族だろうと血を貪ろうとする。ラクーンシティでは、ゾンビ化した家族や友人への攻撃をした事が感染拡大の一因となっている。

大抵のゾンビは膨大なエネルギー消費をまかない切れず餓死するのだが、確保に成功すると体内のウイルスが変異を促し、リッカー進化する場合も。
ちなみに餓死したゾンビは他のゾンビの餌になるようだ(いわゆる共食い)。


映画版では


映画バイオハザードでは少々設定が異なる。映画版では色が青色になり、ワクチンが緑色

アンブレラ社の責任者、チャールズアシフォード博士(アレクシア・アシュフォードとは関係ない)が、アンジェラを苦しめる筋ジストロフィーを治療するために開発したのがTウイルスだった。原作同様、感染すればゾンビと化すやべーやつで、アンブレラ社は生物兵器の開発に利用した。
しかし抗ウイルス剤(ワクチン)を定期的に摂取すれば、理性を保ったまま死んだ細胞らせる事が出来る、つまり筋ジストロフィーの治療が可だった。本来は筋ジストロフィーの治療だったのである。
実際、アンジェラはTウイルスのおかげで歩けるようになっていた。

だがTウイルスは治療としてではなく、ウイルス兵器として利用された。アンブレラ社はラクーンシティの地下にある研究施設ハイブで、その研究を行った。うさぎを使った動物実験や、生物兵器リッカーの育成が秘密裏になされた。

一作品の「バイオハザード」では転売してけを考えたスペンスによって盗み出され、拠隠滅のため研究施設ハイブにウイルスを漏洩させた(小説版では誤ってアンプルを割ってしまった事になっている)。ワクチンも同時に盗まれたため、ハイブをる人工AIレッドクイーンはやむなく職員498名を閉じ込めた上でハロンガスを充満させ、窒息死に追いやった。原作ではTウイルスに死者をらせるかったが、映画版では殺された職員がゾンビ化している。
二作品バイオハザード アポカリプス」では、調隊がハイブの隔離シャッターを開けたせいで蠢いていたゾンビが放たれ、ラクーンシティ全域にウイルスが流出。最終的には核弾頭による滅菌作戦そのものが滅んだ。原作では子供ゾンビはいなかったが、二作品のみ小学生ゾンビが登場する。レポーターのテリー・モラレスを食い殺すその様はホラー映画そのもの。
三作品では、滅菌作戦を以ってしてもウイルスの流出は止まらず、全世界に拡大。大半の人間ゾンビ化(劇中ではアンデッドと呼称)し、地球砂漠化させた。わずかに生き残った人々は終わりのい逃避行を強いられ、アンブレラ社の幹部は地下へと退避した。

主人公アリスは、三作品にてアイザック博士からTウイルスを投与されたが、なんと適合に成功。理性や感情を保ったまま人的な身体超能力を獲得し、チートじみた活躍を見せた。
ところが原作との乖離がしすぎたためか批判が相次ぎ、次回作のアフターライフでは冒頭でアルバート・ウェスカーに抗ウイルス剤を打ち込まれ、化されている。

余談だが、小説版によるとゾンビ同士では共食いしないらしい。Tウイルスに冒された細胞は腐らないので消化できないとの事。また、活動期間も膨大であり年単位ゾンビが動いている描写がある。


関連動画


tウイルスに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


tウイルスに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


tウイルスに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 19/03/06 14:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ