ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


T-4


ヨミ: ティーフォー
掲示板をミル!
21カキコ!

T-4とは、日本航空自衛隊が運用する練習機である。
呼称として「てぃーよん」「てぃーふぉー」、非公式称として「ドルフィン」と呼ばれることがある。


概要


1981年ジェット航空機パイロット資格を取るためのルートとして、プロペラ機による初等教育のあと、航空自衛隊ではT-1A/B、T-33という二つの練習機によるジェット中等訓練を経て、T-2による高等訓練という形であったが、初の練習機T-1A/B、およびライセンス生産であるT-33はいずれも初飛行が1950年代、1940年代後半というロートル機体であり、次世代のジェット練習機が必要となった。[画像][外部]

サイズエンジン、開発における難易度を考えると産開発するのが妥当な練習機であるため、産を決定。各企業からの提案を受けて川崎重工案を採用。1985年にはもう初飛行という異例のスピード開発がおこなわれた。
(まぁ、後のOH-1にもあることだが、多分にメーカー内部で予め技術検証など事前開発がおこなわれていたから出来た芸当である。なにやら1960年末からもう事前開発がおこなわれていたという)

部隊配備は1988年からスタートした。教育隊及び全各地の航空隊に連絡機として配備されたほか、三代目ブルーインパルスの機体として若干改造を施された機体が配備された。

エンジンIHI製 F3-IHI-30ターボファンエンジンを搭載。複座・後退という中等練習機としては極々スタンダードスタイルをもつ(アルファジェットBAeホークも同様)。スタイルアルファジェットそっくりで、開発当時もパチモン扱いをされていた。

外部装備は下のパイロンに増槽(燃料タンク)、トラベルポッドパイロットお土産手荷物運搬用)、航標的、集ポッドなどを装備できる。

T-4はパイロット養成課程においては、基本操縦課程で使用されていたT-1とT-33を置き換える形で運用されている。防衛省 事業評価書中等練習機T-4(PDF)p.6[外部]

2003年まで試作機含め212機が生産されている。(損失機は訓練事故などで4機)


機体の特徴(XT-4)航空ファン1985年7月号(文林堂)


※あくまでもXT-4についてのものであり量産機とは一部異なる可性がある。
機体寸法などは→http://www.mod.go.jp/asdf/equipment/renshuuki/T-4/[外部]


関連動画



■sm14999400[ニコ動]

■sm16321367[ニコ動]
■sm1338835[ニコ動]
■sm15306492[ニコ動]


関連商品


■azB0017TCL1E
■azB004MQ76K0


関連コミュニティ


■co1109
■co1088
■co2572


関連項目



最終更新日: 15/10/25 23:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ