ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Tatsh


ヨミ: タッシュ
掲示板をミル!
675カキコ!

Tatsh(タッシュ)とは、日本作曲。本名は「清水達也」とのこと。


概要


前田尚紀(NAOKI)に才を見出され、『beatmaniaIIDX 10th style』への楽曲提供をきっかけにコナミ株式会社へ入社する。『beatmaniaIIDX』のサウンドディレクターとして『beatmaniaIIDX 12 HAPPYSKY』『beatmaniaIIDX 13 DistorteD』の制作に携わった。ちなみに13 DistorteDでEURO-ROMANCE提供したK-MASERAはTatshの師匠である。

かつてbeatnation Recordsメンバーの一員であったが、Ryu☆kors kbeatnation Records参加と入れ替わる形で脱退。同時期にコナミ株式会社からも退社し、BEMANIシリーズへの楽曲制作はほとんどなくなった。BEMANIシリーズから離れた理由については明らかにされていないが、提供された曲が大幅に削除されたりはしていないので、KONAMIとの関係が悪くなった訳ではなく、フリーになっただけのようである。
現在は「beatmaniaIIDX 18 Resort Anthem」をきっかけに、BEMANIシリーズへの楽曲提供を再開している。

他名義は『platoniX』、『dj killer』、『白虎』、『DJ MURASAME(DJムラサメ)』、『世阿弥』などがある。
ブログにて白虎=Tatshを表し、サントラ等のコメントからDJ MURASAME=Tatshが確定。
 その後Twitter上でも認めている。世阿弥に関しては楽曲の特徴等から以前から長らく「Tatshの別名義なのではないか?」とユーザーの間で噂されていたが、太鼓の達人公式放送にて、ついにTatshの別名義であることが明らかになった。)

退社後後は、VOCALOID曲の作曲をしていたり、東方曲のアレンジをしていたり、
TBS系アニメひだまりスケッチ×365」のOP「?でわっしょい」でまさかのアニソンデビューを飾ったりと、現在は様々なところで作曲をしているようだ。

2011年10月27日beatnation recordsより、1stアルバムMATERIAL[外部]」を発売。


楽曲


テクノヴォーカル曲を得意としており、「beatmaniaIIDXシリーズにおいても専属アーティストとのコラボ曲が多い。また、ビジュアル担当のMAYAとの共同で製作した楽曲は総じて人気が高く、後述する「Xepher」などは音ゲーをやらない人からも支持がある。

一方、譜面に関しては糞譜面と揶揄されることの多い「GENOCIDE」「Sphere(DPA)」、X字に配置されたノーツミスを誘う「Xepher」、ニコニコでもネタにされまくっている全押し曲「The Dirty of Loudness」、あまりの密度故「世阿弥ビーム」と称されるBPM208の24分13連打「燎原ノ舞」、X字スライドに加えて「肘打ち」という概念を生み出してしまった「ミュージック・リボルバー」等特徴的な構成が多い。


代表曲(音楽ゲーム)



Xepher


beatmaniaIIDX 12 HAPPY SKY」にて初収録された楽曲。出アニメストーリー仕立てとなっており、後に発売されたムービー担当MAYAの画集では要人物の詳細設定、コミックが収録されている。
難易度HYPER以上だとヴォーカルが入る直前に現れる「X」をかたどった譜面が特徴的。

さらに詳細は当該項目を参照。

 
■sm305722[ニコ動]


The Dirty of Loudness


beatmaniaIIDX 13 DistorteD」に初収録。シリーズ初の全押しによって多くのプレイヤーの度肝を抜いた楽曲。その強インパクトもあって、この楽曲や全押しが絡んだネタ動画の数は多い。「Xepher」同様MAYAとの共同製作で、ムービーにはXepherにも登場したキャラクターが出演している。

■sm1166297[ニコ動]


RED ZONE


beatmaniaIIDX 11 IIDX RED」にて初収録され、その後DanceDanceRevolutionにも移植されたNAOKIとの合作
通称「赤ぞぬ」。NAOKIの楽曲であるBRILLIANT2UB4Uの流れをんだ疾走感のあるSPEED RAVEで、本作以降も高い人気を誇っている。
ニコニコ動画では○○テクニック系列に代表される音MADが有名。本人もいくつか視聴済みだとか。



beatmaniaIIDX 12 HAPPY SKY」初出の曲で、同作のONE MORE EXTRA

dj TAKAとの合作で、互いの別名義「Amuro vs Killer」で制作されたドラムンベース
冠する曲ジャンルHUMAN SEQUENCER」(和訳すると“人間演奏機”)に相応しい難易度を誇るIIDXの永遠のラスボス曲。

詳細とその超絶なる難易度、そしてそのカリスマについては個別記事の方を参照のこと。


Scripted Connection⇒


beatmaniaIIDX 12 HAPPY SKY」初出の楽曲で、「DJ MURASAME」名義の楽曲。
・元々一つの曲を三つに分割し、難易度NORMALHYPERANOTHERの順番で繋いでいる
という非常に変わった構成の楽曲。
後にCS版(ACではIIDX 14 GOLDから)でそれぞれのパートが「N mix」「H mix」「A mix」として独立
またそれぞれに三つの難易度が付くことになった。またCS版「HAPPY SKY」の段位認定裏七級で三パートを繋いで一つの曲とした「long mix」が登場。
曲自体が長いために当たり前ではあるが、1曲あたりのノーツとしてはIIDX最多を誇る。


Twelfth Style


beatmaniaIIDX 12 HAPPY SKY」に初収録。

Tatshを筆頭に、プログラマー勢のJONY.C、WASYA、TOCHI、そしてムービー担当のMAYAで構成された「Tatsh & DAYBREAKERS NEXT」が繰り広げる、公式が病気と言いたくなるほどネタ満載のふざけまくったムービーは必見。
このムービーを元に多くのMADが作成されているが、比較動画では「どのMADよりも一番MADっぽい本家として異様な存在感を放つ。


Zenius -I- vanisher


beatmania IIDX 13 DistorteD」に初収録。

Tatsh曲では定番の譜面難易度によって楽曲の展開が多少異なる」というギミックが仕込まれた楽曲。
特にANOTHERの変化っぷりは著しく、その分譜面の難度もより高い、手応えのあるものとなっている。

Xepher」等と同様に、ムービー担当のMAYAと共同で制作されたストーリー仕立ての出アニメが特徴。
ただし、登場人物は全員この曲のみのオリジナルキャラクターで、今のところ他のTatsh×MAYA曲との関連性はない模様。
ムービーの最後に“This story continues. -II- mother”という言葉が添えられており、続編の制作が示唆されていたが、DistorteDを最後にTatshがコナミを退社したため、その続編の登場は絶望的とされていた。
しかし、フリーとなったTasthは、後述する「reunion」と共にBEMANIシリーズに楽曲提供するコンポーザーとして戻ってきたため、同じくフリーになったMAYAと「Zenius -II- mother」を制作する可性は十分にあるだろう。


reunion


beatmaniaIIDX 18 Resort Anthem」に初収録。

13 DistorteDを最後に、曲の提供が途絶えていたTatshのIIDX復活曲。XepherSphereにも通じる、サイバーRPGな感じの曲調。ジャンル表記はサイバーワルツなのだが、実は曲中で三拍子になるのは一部だけである。

Another譜面では、曲が始まっていきなりX譜面、中盤でX譜面えるXX譜面、全体的に押しにくさ抜群の中、定期的に押し寄せる局所難、そして曲の全押しと、あまりにもTatshすぎる譜面で復活を強アピールした。


その他の音楽ゲーム楽曲


BEMANIシリーズ
太鼓の達人 (世阿弥名義)
太鼓の達人(Tatsh名義)
ミュージックガンガン! (世阿弥名義)
GROOVE COASTER 
CROSS×BEATS (Tatsh名義)
Cytus(Persona名義)
DEEMO~ラスト・リサイタル~(Tatsh名義)

その他の楽曲提供作品



ゲーム(音楽ゲーム以外)



アニメ



関連動画


■sm9507113[ニコ動]
■sm2190815[ニコ動]
■sm3742710[ニコ動]
■sm4063307[ニコ動]
■sm4101016[ニコ動]
■nl4225035[ニコ動]

Tatshの楽曲を用いた伝説MADも少なくない。


次へ»
最終更新日: 18/09/15 21:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ