ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


THE KING OF FIGHTERS


ヨミ: ザキングオブファイターズ
掲示板をミル!
428カキコ!

THE KING OF FIGHTERSとは、SNKより発売された対戦型格闘ゲーム及び、同作品内で開催される格闘大会の事をす。

1994年に第1作の『THE KING OF FIGHTERS '94』がリリースされ、現在も新作が発売される長寿シリーズである。頭文字を取って『KOF』と略される事が多い。


概要



格闘大会として


元々は餓狼伝説シリーズ、および龍虎の拳2においてサウスタウン舞台ギース・ハワード催したストリートファイト大会(餓狼伝説2・SPECIALでは催はクラウザー)。各出場者に招待状が届くのもこの頃から。ただしすべての出場者に招待状が届くわけではなく、招待状を贈られた出場者はある意味シード権を獲得したようなものに近い。間違えられやすいが、餓狼伝説虎2はキングオブ・ザ・ファイターズである。

KOFシリーズにおいては時系列の異なる餓狼伝説キャラ龍虎の拳キャラ原作の年齢のままで競演を果たしており、所謂SNK正史とは独立したパラレルワールドとなっている。催者はルガール・バーンシュタインに始まり、以降作品毎に変わっていく。開催理由も様々である。

シングルマッチの餓虎と異なり、3人一組のチーム戦になるなどの差異も見られる。招待状を持参しさえすれば出場権が得られるらしく、KOF'97ニューフェイスチームやKOFMIA溝口誠シード選手の招待状を奪って出場している。


ゲームシリーズとして


コンセプトSNKアーケードゲームキャラによるドリームマッチ。上記のように時系列の異なるシリーズキャラクターが一同に会するお祭り作品だが、KOFオリジナルキャラクターストーリーが展開され、シリーズ化している。最大の特徴は3対3のチームバトル

'942003まで毎年、西暦年号タイトルに冠して発売を続け、その後はシリーズ本編を数える順番として11(XI)、12(XII)、13(XIII)等を継続して発売し続け、2009年シリーズ通算15周年を迎えた。15周年記念ロゴキャラクターK'

旧SNK時代の'942000は毎年に稼働開始しており、「の祭典」と称された。2001以降はまちまちとなったが、2010年7月稼働のKOFXIII(KOF13)がナンバリングタイトルでは10年ぶりにに稼働開始した。

現在は最新作としてPlayStation 4ソフトTHE KING OF FIGHTERS XIVが発売中。

アーケード以外でも庭用ネオジオプレイステーションネオジオポケットなどの家庭用ゲーム機や携帯ゲーム機などに移植されている。

格闘ゲーム以外のジャンルでは、旧SNK時代に「KOF」というアドベンチャーゲームが出た他、2010年にまさかのシューティングゲームKOF SKY STAGEが発売された。


KOFから生まれたゲームシステム


KOFシリーズによって作り出され、その後、他の格闘ゲームにも影を与えたシステムとして、


チーム対戦形式 / チームバトル (KOF'94~現KOFシリーズ、他社vsシリーズ等)


キャラクターセレクト画面で最低3キャラを選択し、3人1チームとして対戦を行う。
このシステムによって、プレイヤーによる使用キャラクターが、シリーズ全てにおいて最低でも20キャラ以上が用意されているという事がKOFシリーズにおけるゲーム上の特徴のひとつである。
KOF2001のみ、任意で使用キャラクターを4人1チームとするシステム(タクティカルオーダー)が採用されていた。

チーム構成(先鋒/中堅/大将)は「ゲージ作り役」「ゲージ活用し、爆発を発揮する役」「チームメンバーにとって苦手なキャラを得意とするアンチキャラ」といった要素をどれだけ3人というメンバーの中に盛り込み、対戦順として反映させるかというチーム全体での戦略と、その戦略の裏をかくマッチング狙う駆け引きといういわば「ラウンド0」が発生しているのも見物である。


ガードクラッシュ (KOF'96~現在のKOFシリーズ、他社2D格闘ゲーム)


対戦相手の攻撃を継続的に受けていると、ガード状態が強制的に解除されて、相手に攻撃させるスキが生まれるシステム
これは、現在の他社の対戦型格闘ゲームでも多く採用されている重要なシステムである。


以下はKOFのみ存在しているシステム


次へ»
最終更新日: 19/06/16 23:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ