ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


TRICK


ヨミ: トリック
掲示板をミル!
262カキコ!

全ての奇跡にタネがある。

TRICKとは、テレビ朝日系列で放送していたドラマシリーズである。

それまで人気の低かった深夜ドラマが大きく見直されるきっかけとなった作品であり、人気のなかったテレビ朝日ドラマが見直されるきっかけにもなった作品。監督堤幸彦をはじめ、治などTBSテレビで放映されていた「ケイゾク」のスタッフが多数関わっている。


概要


自称天才マジシャン山田奈緒子と大学教授上田次郎が、超常現象の裏にあるトリックを解き明かすミステリー仕立てのドラマミステリーを本筋としているものの、深夜ドラマにあったコメディの要素がふんだんに盛り込まれており、看・習字など背景にさまざまな小ネタを仕込んでいる。その一方でトリックを解明した事で後味が悪い結末に終わったエピソードも少なくなく、(例:第1期『千里眼の男』、第2期『天罰を下す子』、第3期『絶対死なない老人ホーム』)、コメディ一辺倒ではない部分も描かれる事もある。
また、後の『ごくせん』と共に仲間由紀恵が有名になった作品である。

DVDでは、やむなく落としたカット集(通称:やむ落ち)が収録されており、テレビでは見ることのできなかったシーンを見ることができる。これを楽しみにDVDを買った人も多いのではないだろうか。

ドラマ3作の主題歌を歌っているのは“鬼束ちひろ”。2005年の新作スペシャル2006年映画Joelle(ジョエル)、2010年の新作スペシャル2と映画熊谷育美が歌っている。

OP曲「Mystic Antique

登場人物


山田奈緒子(仲間由紀恵
自称天才美女マジシャン。だが、実際は貧しい暮らしをしている売れない手品師。作中で頻繁にアレの貧しさを弄られている。
父親マジシャンであり、「全ての超能力超常現象マジックのタネで説明できる」と教えられていた影で、超能力者を名乗る連中にもタネがあると思い「あんなのインチキじゃないですか」と嫌っている。しかしそのの教えが幸いして手品マジックの知識を豊富に持っており、それで作中に現れるインチ超能力者のTRICKを暴き立てていく。
決め台詞は「お前のやったことは全部お見通しだ!!」。毎回バリエーションが増える。
飼っているの“カメイチ”“カメニ”を競わせるのが自宅での楽しみ。笑うのが苦手で「エヘヘヘ」「ウヒャヒャ」と奇妙な笑い方をする。
上田次郎(阿部寛
出身。日本科学技術大学教授(当初は助教授=准教授)で、専攻はぶっつり物理学。作中で頻繁にアレの物理っぷりを弄られている。ちなみに長男。「一郎」と名付けられる予定が「一浪」経験のある父親が土壇場で変更した。
超常現象っ向から否定しており、山田とは対照的に自身の知識見識に基づいた理論武装を用いるが、ゆえにTRICKに引っかかる時はあっさり引っかかるため、マジックのタネと見破れる山田からは酷評されている。「どこまでも手間のかかることを」やるのがこの作品の似非超能力の特徴だが、なまじぶっつり学の教授ゆえにそれに輪をかけて「手間のかかる」推論を自信満々にりだすことも。
また山田以上に凄まじい世間知らずであり、とんちんかんな発言を繰り返すことも多い。だが「通信教育で習った空手」で得た腕っ節は非常に強く、「ベストパワー」で並み居る新興宗教信者(おっかぁさまー!)やら因習に囚われた村人やらをバッタバッタと薙ぎ倒すほど。さらに山田を巻き込むことにかけては頭が回り、実際持ちでもあるため「腐れ縁」と言っていいコンビを結成する。
彼の著作に「どんと来い超常現象シリーズ、「なぜベストを尽くさないのか」があり、これは実際に書籍として発売された。最新作は「どんと来い超常現象 IQ200」。どこぞのノーベル文学賞補とは特に関係ない。
矢部謙三(生瀬勝久
警視庁公安部所属の警部補。個性的な部下を引き連れている。作中で頻繁にアレの三流っぷりを弄られている。
事件があると必ず2人の前に現れ、事態をさらに複雑にする。彼の中ではだいたい犯人山田奈緒子。
強者には媚びへつらい弱者には辛く当たる典的な小物だが、自分勝手な解釈を押し通してしまうことも。
シリーズ初期はまだかっこいいところもあったものの、作品が進むに連れどんどんヘタレ三流刑事と化していく。
アレゆえに温泉がなく、演者の多忙もあって劇場版などではほとんど温泉に入っているだけだったりする。
得意料理は「スペシャルチャイーズ・モーニング ダンシングシュリンプファイヤー」。人それをエビチリという。
スピンオフドラマ『警部補 矢部謙三』シリーズで、まさかの役に躍進した。
山田里見(野際陽子)
奈緒子の沖縄出身。
長野県書道教室を営んでいるが、その内容はだいたいがスタッフ内輪ネタや悪ノリ金曜ロードショーに関するネタであり(「なんどめだナウシカ」「映画希望」等)、子供たちにそれを教えている。劇場版では映画鑑賞における諸注意を生徒の書の形で提示するのがお約束(「ケータイ消せな」「ポップコーン食うな」など)。
後のシリーズでは彼女が書いた文字に不思議なが宿っていると吹聴して回り、お札やら看やらの揮毫で大けしている。しかし外面はいいもののには一銭も渡さないためか、山田からは「強欲」と言われている。
沖縄 の祝女(シャーマン)の血筋を引いているらしく、時々意味深な発言をする。

TV作品


金曜ナイトドラマ TRICK

2000年7月9月放映。全10回。記念すべき第1作。

1エピソード2話完結の形を基準に、5つのエピソードを送る。

特徴的なメインテーマ、暗く不気味ながらも数多く仕込まれたギャグと独特のテンポ、その中に多くの伏線を仕込む手法は、この時点で完成され、以後継続される。奈緒子のルーツや、・剛三が認めた霊者の存在など、シリーズの根底に流れる重いテーマが多かったが、後のシリーズではほとんど視されていく。 

割れて、有り得ない色の身が出てくるオープニングも今作から。
の中身は

金曜ナイトドラマ TRICK2

2002年1月3月放映。全11回。シリーズ第2作。

シリーズでは最後の深夜放送となった。
矢部携帯着メロ「六つ墓村の手毬唄」、椎名妖術使い、ゾーンなどはこのシリーズが出典。

の中身は

木曜ドラマ TRICK 〜Troisième partie〜

2003年10月12月放映。全10回。シリーズ第4作。

現時点で、シリーズ最後の連続ドラマ作品。
この作品で、木曜ドラマ=ゴールデンに進出。視聴率は前2シリーズを上回った。
スリット、駄洒落歌などのネタ、そして「なぜベストを尽くさないのか」の初出回。 

『Troisième partieトロジェム・パルティー)』は、フランス語で『3つエピソード』という意味。
鬼束ちひろ主題歌を担当していたのは今作まで。 

の中身は

TRICK 新作スペシャル

2005年11月13日放送。1話完結の約2時間ドラマ
2006年6月には、『まだまだ新作スペシャル』として再放送された。シリーズ第5作。

これ以降はハイビジョン製作作品となる。
間最高視聴率は24.7%シリーズ最高の視聴率と反を得た。

の中身は。なお、今作から割れ方が変わる。

TRICK 新作スペシャル2

2010年5月15日放送。1話完結の2時間ドラマシリーズ第7作。

『霊バトルロイヤル』の直前の出来事とされており、同作品を宣伝する描写が多い。
矢部微妙ロマンスったりしたが、「髪の毛」が重要アイテムなのでどうしようもなかった。

の中身は、ひとまわり小さな。今作も割れ方が違う。

TRICK 新作スペシャル3

2014年1月12日放送。1話完結の2時間ドラマシリーズ第9作。

『TRICK劇場版 ラストステージ』の直前の出来事とされている。
ドラマも最後である。また霊者があまり出ない。

の中身は山田上田人形。この作品も割れ方が違う。


劇場版


TRICK 劇場版

2002年11月9日開。シリーズ第3作。

初の劇場版であり、深夜時代の2シリーズを受けた完結作として製作されていた。
行収入は初登場1位を獲得した。

前原一輝演じる石原刑事が正式に本編に出演したのは今作が最後である。

の中身は

TRICK 劇場版2

『これで最後 かも』

2006年6月10日開。
2007年には、『トリック祭り』としてテレビで放映され、視聴率19を記録した。

シリーズ第6作。「←出口 ブラジル→」などのネタはこの時。

完結編の色が強く、出演者や監督も「最後」ということをアピールしていた。
実際、奈緒子のアパート矢部がいろいろと大変なことになった。

の中身は、縁起でもない事をぬかすヒヨコ

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル

10周年を記念して製作された劇場版第3弾。
2010年5月8日開。
シリーズ第8作にあたり、完結作と言っていたがそんなことはなかった。

山田上田の迷コンビが復活。
佐藤健松平健夏帆などのゲスト俳優を数多く迎え、シリーズの集大成として製作する。
例によって怪しい村が舞台となり、霊者を名乗る怪しい人物(奈緒子含む)がバトルロイヤルを繰り広げる。 

の中身は、立に成長した

TRICK劇場版 ラストステージ

2014年1月11日開。
シリーズ第10作、今度こそ完結編(と思われる)第4弾。
初の海外での撮影となった。

成り行きで霊者と対峙することになるのはいつものことだが、
映画ラストファンならばグッとくるものであることには違いないだろう。

尚、映画主題歌には初代ドラマ主題歌だった鬼束ちひろの「月光」が使用される。
この曲も含めてまさに完結作にふさわしいラストとなっている。

今作のの中身は山田上田本人。 ネタバレにつき要反転


番外作品


金曜ナイトドラマ 『警部補 矢部謙三』

矢部刑事主人公に据えて製作された、スピンオフシリーズ
2010年4月9日5月14日放映。全6話。

初期のシリーズ作品と同じく、『金曜ナイトドラマでの放送(同でのシリーズ放映は8年振り)。
矢部を演じる生瀬にとって、初の連続ドラマ演となる。まあどうせ仲間やら阿部やらを全員集めるいからたんだろうけど、触れてはいけない。
貫地谷しほり演じる木美鈴木浩介フクナガ演じる桜木健一警視庁公安部庶務係コンビが中心となり、難事件の解きに挑み、最終的に矢部が事件を解決に導いていく。
基本的に物語の中心は、どちらかというとこの2人である。 

矢部の部下の秋葉原菊池を始めとするTRICKの面々も次々に登場しており、最終話では矢部の右腕として活躍した石原達也一夜限りの復活を遂げる(演じた前原一輝は既に俳優引退していたが、ファン木村ひさし監督の後押しを受けて一時的に復帰)。
また、幸か不幸か、監督堤幸彦ではない。

金曜ナイトドラマ 『警部補 矢部謙三2』

矢部謙三主人公に招聘し制作されたスピンオフ第二弾。
2013年7月5日8月30日放映。全8話。

木美桜木健一の庶務係コンビを外し、代わりに御手洗ちかお警視総監(大和田伸也)の天才少女御手洗未来畠山奈) を推理役に配置。未来から得た父親スキャンダルで警視総監を脅し昇進を企む矢部と、その矢部に戦々恐々としつつ難事件で陥れようと企む警視総監という展開がストーリーの基本。

矢部は相変わらず好き勝手やっているが、推理役が一人になったことから秋葉原未来コンビ相手に抜されており、前作に秋葉の活躍が多くなっている。


他メディア展開



TRICK DS版 ~隠し神の棲む館~



次へ»
最終更新日: 14/03/06 21:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ