ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


TRIP MACHINE


ヨミ: トリップマシーン
掲示板をミル!
38カキコ!

TRIP MACHINEとは、「Dance Dance Revolution」に収録されている楽曲及びその後継曲を引き継いだシリーズのことである。作曲NAOKIアーティスト名義はDE-SIRE。一部の曲はbeatmania IIDX移植されている。ダーク幻想的な楽曲が特徴的。

よく空耳に「」や「ガーディ」「ビーマニ好き」などがある。


TRIP MACHINE(初代)


アーティスト DE-SIRE
BPM 160
譜面難易度 BEGINNER BASIC DIFFICULT EXPERT CHALLENGE
シングル
(SP)
3 8 (6) 9 (7) 10 (8) -
ダブル
(DP)
- 9 (7) 10 (8) 10 (8) -

記念すべき初代TRIP MACHINE。初登場は1st IR ver.で、登場当時は「PARANOiA」と並ぶ初代のボス曲であった。当初はNORMALモードHARDモードの両モードの最終ステージで出現したが、2ndMIXではNORMALモード専用のボス曲扱いとなった。


TRIP MACHINE (X-Special)


アーティスト DE-SIRE
BPM 160
譜面難易度 BEGINNER BASIC DIFFICULT EXPERT CHALLENGE
シングル
(SP)
- - - - 11
ダブル
(DP)
- - - - 12

DDRXで「X-Special」のONE MORE EXTRA STAGE(1st)の「TRIP MACHINE(X-Special)」が登場した。元の譜面にはなかったフリーズアローや16分も登場する。フリーズアローが絡むことで、元よりもさらに交互に踏みづらく、嫌らしい配置になっている。


SP-TRIP MACHINE~JUNGLE MIX~


アーティスト DE-SIRE dj TAKA feat. DE-SIRE
BPM 160 168
譜面
難易度
Dance Dance Revolution beatmaniaIIDX
BEGINNER BASIC DIFFICULT EXPERT CHALLENGE NORMAL HYPER ANOTHER
シングル
(SP)
4 8 (6) 9 (7) 10 (8) - 3 4 4
ダブル
(DP)
- 8 (7) 9 (8) 10 (8) - 3 5 -

2nd Mixで登場。曲にはジャングルミュージックエッセンスが加わり、初登場時の背景画像には密林ゴリラが描かれていた。譜面原曲を少し難しくしたような譜面NORMALモードで最終ステージ直前の判定がSSの時のみ出現。なお初代・当代ともに言えることとして、当初は出現頻度の少なさと裏拍の応酬に不慣れな初期DDRプレイヤーを苦しめたが、矢印オブジェ数自体はたいして多くない譜面のため、2ndMIX Link verで全曲選択モードが登場し曲調を覚えられてからは較的容易にクリアされる楽曲の一つへと変わっていった。

beatmaniaIIDX 2nd styleにてdj TAKA編曲版の「SP-TRIP MACHINE (for beatmania II)が登場した。こちらは原曲アレンジを加え、ややBPMも速くなっており、段位認定のSP4級においてHYPER譜面DJ TROOPERSからLincleまで3曲を務めていた。(後述)


SP-TRIP MACHINE 〜JUNGLE MIX〜 (X-Special)


アーティスト DE-SIRE
BPM 160
譜面難易度 BEGINNER BASIC DIFFICULT EXPERT CHALLENGE
シングル
(SP)
- - - - 11
ダブル
(DP)
- - - - 12

DDRXで「X-Special」のEXTRA STAGE(2nd)の「SP-TRIP MACHINE~JUNGLE MIX~(X-Special)」が登場した。こちらもTRIP MACHINE(X-Special)のようにフリーズアローや交互に踏みづらい配置が特徴的になっている。


SP-TRIP MACIHNE 〜JUNGLE MIX〜 (SMM-Special)


アーティスト DE-SIRE
BPM 160
譜面難易度 BEGINNER BASIC DIFFICULT EXPERT CHALLENGE
シングル
(SP)
- - - - 13
ダブル
(DP)
- - - - 13

庭用DDRXの「ストリートマスターモード」で隠し曲として登場。SMM-SpecialSMMはストリートマスターモード頭文字
譜面自体は特筆すべき難所はないが、問題なのはAC最多であるCHAOS以上の停止回数である。
CHAOSのように、NOTEやRAINBOWオプション殺しの停止ではないが、それでも初見では厳しい。曲を知っていれば、対応できないことはないが…。


SP-TRIP MACHINE (for beatmania II)


dj TAKAによるリミックスbeatmania IIDX 2nd styleにて登場。
原曲より若干BPMが速くなっている他、原曲で用いられている音ネタがあったりなかったりする。
譜面レベルは全体的に抑えめで、譜面ごとの差異もあまりない。後述のEVOLUTIONのアーティスト名である、DE-JAVUは、こちらでリミックスを1度やっているから、という噂もある。

ちなみに当時この楽曲をリミックスすることになり、dj TAKANAOKIに楽曲のデータを送ってもらうよう頼んだところ、バラバラの音の素材だけが送ってこられたため、プロジェクトファイルも送ってくれるよう頼み込んだ、という逸話がある。
また、副題がfor beatmania IIとなっているのは、当初beatmania IIDXではなく、beatmania IIシリーズとして、小筐体を流にする予定だったものが、DX筐体であるIIDXの流通量が多くなったため、IIDXシリーズとなったことの名残。同2nd stylePUT YOUR FAITH IN ME(for beatmania II)も同様である。


TRIP MACHINE -luv mix-


アーティスト 2MB
BPM 160
譜面難易度 BEGINNER BASIC DIFFICULT EXPERT CHALLENGE
シングル
(SP)
3 9 (6) 10 (7) 12 (8) -
ダブル
(DP)
- 9 (7) 10 (8) 11 (9) -

庭用DDR 2ndReMixに収録。編曲2MB(U1-Asami)。

「Mammy, would you sing 'TRIP MACHINE'...?」という子供から始まり、狂ったように加工した子供の笑い、そして背景三輪に乗った子供玩具が倒れた画像からネグレクトテーマにしているのではないかと言われている。
ステップのほとんどが裏拍設置のため、リズムの取り方を間違えると即死となる。またSP MANIAC(EXPERT)は終盤にPARANOiA MAXを彷彿とさせる8分68連打のがあるなど、当時としてはかなり難易度の高い譜面であった。


TRIP MACHINE CLIMAX


アーティスト DE-SIRE
BPM 180
譜面難易度 BEGINNER BASIC DIFFICULT EXPERT CHALLENGE
シングル
(SP)
5 7 (5) 9 (7) 12 (9) -
ダブル
(DP)
- 7 (5) 9 (7) 12 (9) -

4th Mixで登場。BPMは「PARANOiA」と同じ180で、後述の「EVOLUTION」が登場するまではシリーズでは最速を誇っていた(PhoeniXIIDX版は例外)。原曲よりも手で、かつガバのようなんだキックが8分で鳴り続ける、悪さを増したハードコア系の曲調になっている。EXPERT譜面は裏拍よりも8分同時ステップの応酬が立つ「TRIP MACHINEらしい嫌らしさ」というより、PARANOiAシリーズのような体を削られる配置であり、難易度は同シリーズの中では難しい方に入る。これに対してBASIC・DIFFICULTはトリップ度の低さも含めて、較的素直な配置である。


TRIP MACHINE CLIMAX (X-Special)


アーティスト DE-SIRE
BPM 180
譜面難易度 BEGINNER BASIC DIFFICULT EXPERT CHALLENGE
シングル
(SP)
- - - - 14
ダブル
(DP)
- - - - 14

DDRXで「X-Special」のEXTRA STAGE(4th)の「TRIP MACHINE CLIMAX(X-Special)」が登場した。8分に同時が混じるようになっており、更に体方面に特化したような譜面になっている。


TRIP MACHINE survivor


アーティスト DE-SIRE
BPM 170
譜面難易度 BEGINNER BASIC DIFFICULT EXPERT CHALLENGE
シングル
(SP)
4 5 (5) 11 (8) 13 (9) -
ダブル
(DP)
- 6 (5) 11 (8) 12 (9) -

EXTREMEで登場した約2年振りの同シリーズ。同じ「survivor」の名がつく「PARANOiA survivor」とべると印大分薄いような…。

最初だけBPMが43とかなり遅いが、その後すぐにBPM170になる。最初でGOODやGREATを出すプレイヤーも多い。DIFFICULT・EXPERTとも同時押しは少ないものの、全体を通じて変拍子度が高いためタイミングが計りづらく、それなりに難度の高い譜面であるが、BASIC譜面は4分配置のみ・同時押しも左右のみという歴代のTRIP MACHINEシリーズの中では最も簡単なものであり、全然トリップしていない


TRIP MACHINE PhoeniX



次へ»
最終更新日: 19/05/17 17:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ