ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


V2ガンダム


ヨミ: ヴイツーガンダム
掲示板をミル!
212カキコ!

V2ガンダムとは、アニメ機動戦士Vガンダム』に登場するモビルスーツである。


概要


LM314V21
頭頂高 15.5m
重量 11.5t(本体) 15.9t(全備)
7,510kw
総推
>計測不能
サブ・スラスターのみ
>16,700kg×2
>4,770kg×7
装甲 ガンダリウム合スーパーセラ
ック複合材
推進 ミノフスキードライブ×2
搭乗者 ウッソ・エヴィン  他
兵装 頭部バルカン砲×2
ビームサーベル×2
ビームシールド×2
マルチルランチャー付ビーム
フル
ハードポイント

ヴィクトリーガンダムに続くリガ・ミリティア徴的なモビルスーツ

コア・ファイター(頭部~胸部)、トップリム(腕部、通称ハンガー)、ボトムリム(脚部、通称ブーツ)から成る三つのパーツが分離合体するのはヴィクトリーガンダムと同様だが、最も要な部位はミノフスキードライブを搭載したコア・ファイターである。

劇中では2機存在したが、内1機をオリファー・イノエの特攻により失い、以降はウッソ・エヴィンワンオフ機となった。
またウッソ機のコクピットにのみ、ハロを同乗させる設置台が設けられている。これは常に戦闘中ウッソサポートするナビゲーションシステムとして機し、それどころかパイロット人でもハロ側から機体制御や火器管制が可であり、緊急時のオートパイロットの役割も果たしていた。

ヴィクトリーガンダムとのパーツの互換性はない為、合体することは不可能だが、劇中ではウッソの機転によってヴィクトリーのパーツ遠隔操作して使用したこともある。

サイコミュ等は装備しておらず、厳密にはNT専用機ではないが、後述のミノフスキードライブユニットを備えた本機はその突出した機動性・運動性から実質的なNT専用機といっても差支えはいだろう。

ミノフスキードライブ(光の翼)

かつてサナリィにより建造されたF99レコードレイカーという機体に搭載されながらも、試作機が消失したためロストテクノロジーと化していた、ミノフスキードライブユニット内に生じる反発を利用して推を得る最新の推進装置)を採用しており、作中の他MSべても極めて高性な機体として描かれている。

事実、搭乗者のウッソ・エヴィンはそれまでのヴィクトリーガンダム搭乗時には度々パーツの交換を行っていたが、本機に搭乗して以降は被弾する場面が大幅に減ったことが、本機の性の高さを物語っている。
理論上ミノフスキードライブは亜光速まで加速可とされているが、その速度に機体及びパイロットが耐えられるかどうかは不明。

またミノフスキードライブは高出で展開することで、背面からVの字状に余剰エネルギーメガ粒子として放出する。この現は「」と呼ばれ、システムそのものを総じてこの呼称で呼ぶ場合もある。
は出の調整が出来、ビームサーベル等と同等のメガ粒子の場を発生させることから、ウッソはこれを用いて、戦艦の艦を両断する威撃や、それ自体を広げて後方の味方を守る大ビームシールドとして用いたりした。更に両腕のビームシールド発生器と連動させることも可で、自信を覆い隠すほどの防御に転用することも可

はしばしばはためいているシーンが見られるが、可動度的にはありえない映像表現であり、ミノフスキードライブが周囲に不安定な場を作って推進していることを表すメタファーだと思われる。


V2アサルトガンダム


V2ガンダムの火力と防御を強化するため、アサルトパーツを装備した強襲形態。左腕のメガビームシールドと機体各部に装備した対ビームリアティブアーマー、また肩部リアティブアーマーにはMS単機に装備される事自体が稀なIフィールドジェネレーターまで内蔵しており、高い防御を誇る。リアティブアーマーはIフィールドで偏向できない実体弾に対する防御も可で、水着お姉さん歩兵用のロケットランチャーにも正常に動作し、本体へのダメージ効化した。

武装には手持ち火器として戦艦を一撃で沈めるメガビームライフル、バリアビットを展開し巨大なビームシールドを形成してザンネックキャノンに耐えることの出来るメガビームシールド、更に部にはヴェスバー2門が追加されており、火力面でも強化が図られている。なお、ヴェスバーは本体から切り離して遠隔操作が可という設定もあるが、作中では描写されていない。

最後の出撃の際はこの形態でジャンヌダルクから発進した。その後リグ・コンティオのヴァリアブルメガランチャーの直撃をメガビームシールド(バリアビットは展開していない)で受け止めた際の爆発で、パーツが全てパージされていた。

ボンボン版においてもこの形態でクロノクルが駆るドッゴーラと死闘を繰り広げた。漫画を見るかぎりメガビームシールドのバリアビットはフィンファンネルのように全体を覆う立体的なバリアが展開できるようである。

アサルトパーツの中ではメガビームライフルメガビームシールドは先行して登場しており、通常のV2が使用していた。ザンネック等の高火力化が進むザンスカールの機体に対抗するために使用されていた。


V2バスターガンダム


V2ガンダムの長距離射撃を強化するため、背部にバスターパーツを装備した戦形態。
長所は圧倒的な高火力である。右肩に装着するメガビームキャノンが最大の特徴であり、戦艦ビームシールドをも貫通突破し艦隊を薙ぎ払う火力を誇る。
また左肩にはスプレービームポッドを装備しており、こちらは較的近距離MS等の敵機を対とした面制圧火器となる。この武装も強で、対ビームコーティングを施し戦艦にも耐えるタイヤ兵器アインラッドを突破して中のMSごとバラバラに破壊したり、ゲンガオゾのマルチルビームランチャーを相殺するなど非常に高火力である。この他、機体各部のハードポイントマイクロミサイルポッドを搭載している。

短所は、重量増による機動性低下である。加えて、メガビームキャノンの長い身は折り畳むことが出来ないという欠点を持つため、接近戦においては他形態よりも不利に働く。
戦争末期ザンスカール帝国はゲンガオゾやゴトラタンなど、大ユニットを分離・遠隔操作・再装着することで兵戦・撃戦が柔軟に切り替えられる試作MSを実戦投入していたが、バスターパーツはあくまで従来同様の装着強化武装であった。
この違いが如実に性差に現れたのがエンジェル・ハイロゥ宙域でのV2アサルトバスターvsゴトラタン戦であり、兵戦形態のゴトラタンを駆るカテジナは「重い武器は、モビルスーツには邪魔なんだと教えてやる!」というセリフと共に、く間にV2バスターパーツを破壊してしまった。

加えて、テスト抜きでいきなり実戦投入されたことも災いし、高い火力にも関わらず「ウッソは思ったほど船を落としていない」「技術者って、いつもいつもスペックばかり気にして、実戦の使い勝手は考えてくれないのよ」と味方に酷評されるなど、ポテンシャルの割には不遇な扱いに終わってしまった。十分なテスト期間が与えられれば、また違った戦果を生んでいたかもしれない。


V2アサルトバスターガンダム


V2ガンダムにアサルトパーツバスターパーツの両方を装備した形態。

V2アサルトの装甲とV2バスター火力を兼ね備えた、端的に言えば全部乗せラーメンの如き機体。スペック上は宇宙世紀史上最強クラスの機体だが、劇中ではアサルトバスターの全パーツ全に同時装着したわけではなく、メガビームライフルを装備していないなど一部欠けているパーツがあった。

戦場での換装によるいきなりの実戦投入であり、調整不足や各部位への過負荷が祟ったせいか、実を発揮しきる前に1回の戦闘バスターパーツを破壊されており、むしろ器用貧乏さが立つ描写であった。

なお、最終決戦仕様であるかのようにも見える形態だが、バスターパーツは破壊後再登場しなかったため、実際に本編の最終決戦において運用されたのはV2アサルトであった。


セカンドV


小説Vガンダムにおいて、V2ガンダムに代えてウッソが搭乗する機体。デザインはV2ガンダムと同様カトキハジメ
厳密にはヴィクトリーガンダムバリエーションになるが、作中での扱いはほぼV2に準じる。

V2と同様にミノフスキードライブを搭載するが、こちらはVガンダムコアファイターの推進システムをミノフスキードライブに置き換えたものであり、全新規設計の機体ではない。そのため本体の形状はVガンダムに近いものとなっている。

ミノフスキードライブの搭載に合わせてジェネレーターも高出の物に換装されており、メガビームキャノンやミノフスキーシールドといった大量のエネルギーを要する装備を使用可。装甲も強化されているが、それにより小回りが利かず、兵戦は低下している。加えて、最大推を発生させた場合には機体が分解する恐れがあるともられている。

なお基本的には「ガンダム」はつかない。(「セカンドV」だけの文字情報では何なのか伝わりにくいので、ストライクガンダムと同じような使い方で「ガンダム」がつけられたと思われるケースはある。)


ゲームにおけるV2ガンダム



スーパーロボット大戦シリーズ


第2次G(GB)、新、αα外伝(以上PS)、D(GBA)に登場。多くの場合、トップクラス運動性を持つユニットとして登場する。アサルトバスターアサルトバスターへの換装もあり、若干運動性低下はあるものの火力の都合上換装は必須といえる。原作で出番のなかったヴェスバーも使用可
第2次Gではシナリオ中盤で参戦する。フル改造することでV2アサルトバスターパワーアップする。

新では何故かアサルトパーツが装備されていなくてもIフィールドが付いているためこの頃のシステムではほぼ無敵と言って良いほどビームに耐性がある。換装機はなくシナリオで護衛のシャトルが守れたか否かでアサルトバスターに分岐する。終盤のザンスカール帝国との最終決戦の前のシナリオの終了時にジン・ジャハナム(本物、の置物じゃない方)が装備されてない方のパーツを持ってきてくれてアサルトバスターになる。

アサルトでは装甲が若干強化されMAP兵器メガビームライフルやEN消費ヴェスバー追加される。バスターではミサイルポッドビームスプレーポッドロングレンジキャノンメガビームキャノン)追加される。は8段階改造することによってMAP兵器版が追加される。正規パイロットウッソや幸運持ちのアムロならになりつつ敵を引き付けてMAP兵器をぶっ放すことができる(がMAP兵器を使うとPS番によってはフリーズする)。

余談だがアサルトバスターになるパワーアップ時の会話でウッソが(ノーマルV2が)Vダッシュべて火力がもの足りないといっている。V2アサルトバスターグラフィックは幻のフル装備仕様である(原作ではなかったメガビームライフルミサイルポッドがついている)。


次へ»
最終更新日: 19/04/05 18:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ