ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


VF-1


ヨミ: ブイエフワン
掲示板をミル!
12カキコ!

VF-1とは、超時空要塞マクロスに登場する架可変戦闘機である。
ペットネーム北欧神話戦女神ヴァルキュリア英語読みである「バルキリーValkyrie)」


概要


マクロスシリーズの作中において初めて本格的に量産が行われた可変戦闘機であり、それ故にペットネームであるバルキリーはしばしばマクロスシリーズ可変戦闘機全般をす言葉としても使われる。
なおVF-1の前にVF-0も量産が行われているが、こちらは試験機を急遽実戦投入した言わば先行量産型であり、生産数も約30機とそれ程多くはい。

デザイン河森正治が2年かけて練り上げたもの。なお機体デザイン実在米海軍戦闘機F-14トムキャットモデルにしているが、トムキャットからVF-1をデザインしたのではなく、デザイン初期のアニメチック戦闘機から、トムキャットデザインに近づけて行くという過程を経て完成している。名称上のモデル米国航空機メーカーノースアメリカン(現:ボーイング)が開発した試作音速戦略爆撃機XB-70称。ちなみに、劇場版超時空要塞マクロスにおいて、主人公一条輝部屋にはXB-70模型が飾られていたりする。

作中では統合軍の戦闘機として活躍。
一条輝ロイ・フォッカーマクシミリアン・ジーナス柿崎スカル小隊を始めとしたパイロットの活躍もあり、ゼントラーディとの第一次戦争において多大なる戦果を残した。

用性が高く発展・改造が行いやすいこともあり、様々なバリエーションが存在。
初期の量産型であるA型をはじめ、頭部ユニット良したJ指揮官専用機として使用されたSロイ・フォッカースペシャルもこの)などの他、訓練用のDや、劇場版では訓練機のVT-1、早期警戒管制機のVE-1なども存在する。

第一次戦争終結後も、統合軍において治安維持などに従事。
作中の年代で2015年に生産終了、2020年頃からは徐々にの座を後継機に譲り引退が進んだが、アップデートが行われ、2040年頃まで一部で実戦配備されていた例もある。

マクロスFでは、主人公らが通う高校屋上にVF-1Aが飛行可な状態で保存され飾られている他(なおカラーリング一条輝スカル11が元と思われる)、小説版では本機を民間用にデチューンしたVF-1Cという機体が早乙女アルト達の通うパイロット養成コース練習機として現役として使われていることが記されている。

続くマクロスΔではパイロット養成用の訓練機VF-1EXとして登場、作中3話で主人公ハヤテ・インメルマンミラージュ・ファリーナ・ジーナスが実際に操縦、ペイント弾での模擬戦とは言え3Dモデリングされての戦闘シーンも描かれた。


製品化について


玩具開発は今は亡きタカトクイスが担当。当時としては最高級のクオリティリアルさをもった玩具人気となった。タカトク滅亡後はバンダイが渡り、以降はそちらで復刻されることとなる。

――のちにこのバンダイへ渡り、様々な出来事が起こっていく。


米国でのデザイン流用


アメリカ玩具メーカー・ハズブロに協し、『THE TRANSFORMERSシリーズとして販売されることになる。諸々の権利上、内発売不可能だった玩具は今や幻の逸品とされている。
  →この辺の経緯は、スカイファイアーの記事にて詳しく述べられている。

さらに『超時空要塞マクロス』に『サザンクロス』と『モスピーダ』他を継ぎ接ぎして作られたアニメロボテック製作され、日本以外で放映された(ちなみにバルキリー周りは権利関係をクリアしてなかった関係でまあ色々あった。そして現在なんと実写映画企画進行中であるが・・・)。
 →ロボテックの記事も参照

米国FASA社の製作したアナログシミュレーションゲームバトルテックにもデザイン流用された。(しかしながらこれはバルキリーに限ったことではなく、複数の日本ロボットアニメからの流用)当然日本側とは着があって・・・。
 →バトルテックの記事も参照


関連動画



■sm4218769[ニコ動]


関連商品


■azB00DGN8AFK
■azB00C0NS0KW
■azB00C0NS0MU
■azB00DGN8AFU


関連項目



最終更新日: 16/04/29 06:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ