ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


VRChat


ヨミ: ブイアールチャット
掲示板をミル!
300カキコ!

VRChatとは、仮想間上で他者とコミュニケーションを取ることができる、VRネットワークサービスである。

SNSVR版というか、身もふたもない言い方をすれば、SecondLifeみたいなものである。


概要


アメリカ サンフランシスコに拠点を置く、VRChat Inc.が開発・運営している。ただし資本のほとんどは台湾HTC社であり、典的なベンチャー企業ベンチャーキャピタルの関係である。

2017年2月1日アーリーアクセス版がスタートSteamあるいは公式ページから、無料ダウンロードできる。

これゲームなの?という質問がしばしば見受けられるが、前述のようにコミュニケーションツールであり、極論すればチャットツールである。VRChat内でゲームをすることもできるが、それはあくまでオマケ的な存在。一応Steam上ではMMORPGに括られているが、あくまで便宜上のものなので、深い意味はない。

VRChatのここがすごい!

VRヘッドセットを用いたコミュニケーションサービスとしての自由度が高い。ぶっちゃけてしまえば何でも作れるしどこへでも行けてしまう。

使うアバターを自分で用意できる。MMDなどで作られた3Ðモデルを使うことができる。またOculus Quest対応のアップデートに伴い、デフォルトで選択できるアバターの数は飛躍的に増えた。

またVR内の間(ワールドと呼称される)も自分で用意できる。攻殻機動隊のミーティグルームを再現したものや、FF11サンドリア王国(南サンド)を再現したものなど、好みの間を使うことができる。むろん自分で用意できない人はアセットストアで販売されている素材で用意してもいいし、開発側がデフォルトで用意してあるものを使っても良い。

こういったアバターワールド製作に当てられるソフト無料・有料を問わず最適なファイルを出出来るのならば何でも良く、自での実装にはある程度の知識が要されるがネット上の解説ページ動画も最近では増えて来ている。

なおVRChatという名前ではあるが、VRモードだけではなくキーボードマウスで操作できるデスクトップモードでも楽しむ事が出来る。

VRChatのここが厳しい!

デスクトップモードではそこまで高いスペックを要されないものの、VRモードプレイする場合はパソコン周りは高機なものが必要となる。HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の用意は論のこと、自分の体の動きをVR上で再現するトラキング用機材も購入する場合はなると結構な出費になる。

VRChatに限らないが、海外ゲームゆえにインターフェイス日本語非対応(ワールド名やユーザー名は日本語表記可)。海外ユーザーが大多数となるため、共通英語である。ただし日本語を扱う海外ユーザーも一定数居るほか、日本人ユーザー同士でコミュニティを形成しやすいワールドも存在する。


始め方



インストールとVRChatアカウントの作成


Steam版とOculus版が存在するが、Steam版は様々なVRヘッドセットを利用すること(デスクトップモードも可)が出来るためそちらで説明する。

VRChatアカウントVRChat公式サイト[外部]にて右上の「Login」→次に出てくる「Register」→必要事項を記入して「Register Now」を押すことで登録が了する。 IDパスワードは忘れないように!

次にValveSteamを立ち上げ、VRChatを検索し"無料プレイ"のボタンを押してインストール。 


起動からチュートリアルまで


起動後、VRChatアカウントSteamアカウントかどちらでログインするかを聞かれるがSteamアカウントログインする。

VRChatアカウントログインしたあと、VRChatメニュー画面からSETTINGを開き、UPGRADE ACCOUNTを選択。

Generateを選択してトークンを生成後、Copyを選択してクリップボードコピー。(またはメモする。)

VRChat公式ページVRChatアカウントユーザーページログインSteam Linkを押す。 生成されたトークンを貼り付け、コレでアバターアップロードが出来る。


現状の問題点



著作権


現在ユーザーが使用しているモデルの多くは、アニメゲームオリジナルの、二次創作モデルである。モデル作者、あるいは権利保持者が使用許可を出している場合は良いが、そうでない場合はここが問題になってくる。

必要であればVRChat EULA[外部]の8.1項読みDMCA(デジタルミレニアム著作権法)を十分理解した上著作権の申し立てを行うこと。


マナー


現状はアーリーアクセスということもあり、規制に関しては緩い。ニコニコ動画Youtubeにタダ乗りしていた時代と言えばお分かりいただけるだろうか。良く言えば自由、悪く言えば無法地帯である。


モデルの利用について


VRChatはUnity読み込める3Dモデル以外はアップロードできず(その他いくつか制約がある)、基本的には自分で作った3Dモデル、あるいは権利者より利用許諾をもらった3Dモデルアップロードすることが前提となっている。

よって、一部でささやかれている「VRChatはMMDモデルのみを利用して楽しむゲームである」という言説は誤りである。

【VRchat公式規約】 
VRChat EULA [外部]の 7.User Contentアバターに関する規約になります。
1.アップロードしたアバター等のユーザコンテンツについては、ユーザーが全責任を負う事。
2.ユーザコンテンツをVRChatに投稿した時点で、投稿者はそれの所有者であるか、または正式なライセンス許可)を所持していることを認める(責任を持つ)ことになる。
3.第三者の著作権を侵・不正利用するようはコンテンツは禁止。

※おおまかにまとめると上記のようになりますが、原文にを通すようにしてください。

【必読】VRChatでアバターを利用する際の注意事項[外部]

また、当たり前であるが権利侵を犯しているモデルアップロードしたユーザーに対してVRChatと権利者から責任を取らされる可性は十分にあるため頭に入れておくこと。


参考


このサービスジャンル1985年ルーカスアーツ社が運営していた2DCGチャットサービス「ハビダット」を祖にする。日本ではそのライセンスを受けた富士通1990年FM-TOWNS向けに「富士通ハビダット」として開始したのが最初である。

その後各社による3DCG化(1994年WorldsChat)や創作1995年ActiveWorld)、代用貨幣トークン)の実装等など機強化実験実装を経てサービス内でもう一つの人生を歩むとのコンセプト下で偶然中国ドイツユーザーによるサービス内商取引が成功したことを経済誌が大きく取り上げたことで異常に盛り上がったサービスSecondLife2003年)である。当時BlogWeb2.0サービスの次はなにがくるかが話題であり、SecondLifeリリースタイミングがよかったこと(2000年代)もある。ただ未来感や新しさがあるものの時期々の感があり技術面も含め欠点が露呈、2010年を待たずにしてブームは収束した。

2016年にはヘッドマウンドディスプレイが個人でも購入できる価格帯になりVRが注を集め、それを利用したチャットサービスリリースされたが、その中でも話題性も含め完成度が高かったのがVRChat(2017年)であった。


見解はいろいろありますが、週刊アスキー臨時増刊SecondLife特集号(2007年)など周辺文献をもとに書いてみました。


公式サイト



関連サイト


VRchat 日本wiki[外部]


関連動画



■sm32454247[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/10/21 21:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ