ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


WBSCプレミア12


ヨミ: ダブリュービーエスシープレミアジュウニ
掲示板をミル!
144カキコ!

WBSCプレミア12WBSC Premire 12)とは、野球世界一を決める際大会である。日本国内においては「世界野球」と呼称されることもある。


概要


4年に一度、ワールドベースボールクラシックWBC)の中間年に行われる新たな世界野球大会。当初は、野球連盟(IBAF)の財政難で、MLB機構から財政支援を(WBC野球世界選手権として認すること、IBAF催の際大会を止することを条件として)受けることになり、際大会が再編。そしてIBAF催の新たな大会として「IBAFプレミア12」が創設された。

オリンピックへの野球ソフトボールの競技復帰へ向け、IBAFとソフトボール連盟(ISF)の統合によって世界野球ソフトボール連盟(World Baseball Softball Confederation)が発足したことでWBSCプレミア12という名称になった。

2015年11月日本(開幕戦・準決勝・3位決定戦・決勝)と台湾(開幕戦以外の第1ラウンド・準々決勝)で第1回大会が開催される。第1回の参加日本アメリカキューバ台湾オランダ、ドミニカ、カナダ韓国プエルトリコベネズエライタリアメキシコの12ヶ。ただしMLB機構がオフシーズンでの催に否定的であることから、MLB選手(40)は出場しないことになっている。


WBCとの違い


WBCシードおよび予選を勝ち抜いた(第3回から)による16ヶによって本大会が行われるが、プレミア12は予選を行わず招待された12ヶによって争われる。招待U-12、U-15U-18、U-21、フルの全代表の際大会における成績を基にした「WBSC世界野球ランキング[外部]」から選出され、「全体の野球」を競う大会としてWBCとの差別化が図られている。

夏季オリンピックの前年に開催されるため、2019年の第2回大会は2020年東京オリンピック野球競技の予選を兼ねる。開催日本を除き、アジアオセアニア最上と北中南最上の2ヶが出場を獲得する。オリンピックを前提とした大会であるため、WBCのような柔軟な代表規定ではなく、オリンピック章に準じてその代表籍を保持していることが必須である。

投手の予告先発、投球制限はない。延長戦のタイブレークは10回から適用する。


各大会の方式



第1回(2015年)


前述の通り、参加日本アメリカキューバ台湾オランダ、ドミニカ、カナダ韓国プエルトリコベネズエライタリアメキシコの12ヶ

オープニングラウンドは12ヶを6ヶずつ2グループに分け、総当たりのリーグ戦を実施。各グループ4位までがノックアウトステージに進出し、8ヶでの決勝トーナメントという方式。

優勝韓国日本代表侍ジャパン)は準決勝で韓国に敗れ3位。大会MVP賢洙(韓国)。


第2回(2019年)


参加日本アメリカ韓国台湾キューバメキシコオーストラリアオランダベネズエラカナダプエルトリコ、ドミニカの12ヶ。前回出場ではイタリアが参加せず、オーストラリアが初出場。

オープニングラウンド(一次リーグ)は4ヶずつ3グループに分け、総当たりのリーグ戦を実施。各グループ2位までがスーパーラウンド(二次リーグ)に進出する。なお、オープニングラウンドで同一グループだったとはオープニングラウンドでの試合結果をスーパーラウンドに持ち越すので、スーパーラウンドでは別グループの4ヶとの試合のみ行われる。

スーパーラウンドの1位2位が決勝進出、3位と4位が3位決定戦に進出する。

優勝日本侍ジャパン)。準優勝韓国と3位のメキシコオリンピック出場権を獲得した。大会MVP鈴木誠也日本)。


大百科に記事のある出場選手一覧


ア行 カ行 サ行
タ行 ナ行 ハ行
マ行 ヤ行 ラ行
ワ行
  • ---

関連動画


募集中


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/11/18 21:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ