ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


WHOIS


ヨミ: フーイズ
掲示板をミル!
10カキコ!

WHOIS(フーイズ)とは、インターネット上でのドメイン名IPアドレスAS番号(自ネットワークを運用する組織に割り当てられる番号)の管理者情報IRR(BGP経路情報データベース)等インターネット上の資の管理情報検索するためのプロトコルデータベース検索を用い、TCPベースでやり取りする。もっと詳しいことWikipedia[外部]に委ねよう。

由来は、どうせ「です?」を表す、英語の「who is?」であろう(確定)。


概要


WHOISシステムは、システム管理者が、自分の管理下にないIPアドレスドメイン名の所有者及び管理者の確認や連絡をとるための、電話帳のような役割を果たすことを的として始まった。

クエリに対して返ってきたレスポンスデータの使われ方は、所有者の連絡先や住所の確認であり、スパムメールスパイウェアなど悪意のある用途を行う者への対処するために必要不可欠であろう。


要するに


ニコニコ大百科にわかりやすく言えば、
「ええい! このサーバ運営してるのは、じゃ!」
「このドメイン名を取得した野郎、どこのどいつじゃ!」
 

って、思った時に使う便利なツールです。

だが、個人ユーザーなんかは特に、自分の本名と住所をしてまで、ドメインを取りたくないって思うじゃん?


WHOIS名義代行サービス


そんな要望に応えるため、最近のドメイン販売業者は、ほとんどがWHOIS名義代行サービスをやっている。これを利用するとWHOISにはドメイン所有者ではなく名義代行サービス業者の連絡先が開される。

トップレベルドメインの方針よっては名義代行が禁止するものもある(最近話題になったのはインドの「.in」)。そう言ったトップレベルドメインは、どんなに価格が安価でも敬遠されるだろうが、よっぽど悪質な取得者居たとされる。 

かつての名義代行サービスは、有料オプションとしての提供であり、ボッタクリ価格のところもあった(今もあるらしい)。そんな時は、別途契約の私設私書名義にしたり、WHOIS情報が非開という方針の「.to」にすがるしかなかった。(※「私設私書の住所にGPSなんとか発信機とか送りつけられたらどうする」とかの話までは責任持てないが) 

現在無料での(←ここ重要)名義代行サービスが、当たり前のように浸透しているため、個人であっても手軽にドメインが取得できるようになり、ここ数年でドメイン取得者増加に繋がったと言われているが、その一方で悪質な運用する者も出てきているが、そんな時こそ名義代行者に申告することをおすすめする。

「お名前.com」を運営するGMO社は、ドメイン名取得料がボッタクリ価格だったが手のひら返しに格安とし、その裏では販売業者(ムームードメイン及び、VALUE DOMAIN)をぞくぞくと買収している背景にある。

名義代行サービスを利用せずに、自分名義でドメインを所有する者が、もしもネット炎上した場合は・・・「どうなることやら」って感じですよねぇ。→第一次ブログ連戦争2014年コピペブログ連続炎上騒動 ほか。 ファンレターの宛先かなぁ?


数少ないWHOIS情報非公開の方針である .to ドメイン


トンガ王ccTLD「.to」の取得料は、他とはべ割高どころか相当ボッタクリ価格であるが、前述とおりWHOIS情報そのものが基本的に非開とする数少ない方針である。

名義代行サービスの規約(悪質または序良俗に反する行為を行うと名義代行サービスを停止して所有者情報開する・・・とされていることが多い)に違反して所有者情報開されるなどといったトラブルが起こらないアドバンテージがあり、そのような点を考慮した適正価格である。

また「.to」は一部の卑など登録できない句が定されており、アダルトサイト開設やスパム行為を行う運用を厳しく禁じている方針でもあるため、悪質なユーザーを寄せ付けない価格と方針であると言える。

また、世界一短いドメイン「(英数1文字).to」取得者も存在し、日本人の取得者が居るらしい(今はどうかな?)。


日本においてのWHOIS


日本では、JPRSがドメイン名に関するレジストリ組織となり、WHOISも提供している。IPアドレスおよびAS番号に関するWHOISはJPNIC提供している。またJPNIC償のIRRであるJPIRRも提供している。


関連動画



■sm22877452[ニコ動]


関連項目



関連リンク



最終更新日: 14/11/23 01:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ