ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Windows NT


ヨミ: ウィンドウズエヌティー
掲示板をミル!
15カキコ!

Windows NTとは、Microsoft社が開発した業務用オペレティング・システム(OS)である。現在Windows OSは全てこのOSを基本としている(→WindowsNT系』の項を参照)。


概要


DEC社(現:ヒューレット・パッカード) から移籍したデヴィッド・カトラーを中心として、VMSの思想を受け継いだ構造を持っている。
Windows 1.0~Meに至るバージョンでは、MS-DOS、16ビット版、32ビット版それぞれのシステムが寄せ木細工のように組み合わさっているため、どこかのアプリケーションエラーが発生すると全体に波及し、フリーズに至りやすい弱点があった。
しかしWindows NTでは、中心部であるカーネル領域と、アプリケーション領域を分離して管理する構造になっているため、 アプリケーションエラーが発生してもシステムダウンしない丈夫な構造になっている。

OSとしての構造がしっかり作られている意味では、Windows NT 3.1が最初のOSとしてのWindowsといえる(Windows 1.0~3.1は、GUIメモリーを備えたラッパーという見方がされる)。

セキュリティ面においても、個人利用を体としていたWindows 1.0~MeではユーザIDパスワードの設定なしでも利用が可であったが、Windows NTでは、管理者(Administrator)を中心に、一部の利用制限がされたユーザーを階層的に管理し、それぞれにユーザIDパスワードを設定させる仕様となっており、第三者による不正利用を容易に行えないよう対策が施されている。
さらにNTドメインを採用することで、ドメインコントローラーから参加しているサーバークライアントユーザ管理を一括で行うことも可となっている(Windows 2000からActive Directoryに移行)。

また、元々32ビットOSとして作られている一方で、DOSWindows 3.xなどの16ビットOS向けアプリケーションとの互換性を保たせる意味でWoWというエミュレーターを搭載した。

ファイルシステムとしては、ユーザ管理情報ジャーナリング、暗号化にも対応したNTFSを採用、Windows 95発売当初のFAT16が2GBまでしか利用できなかったのに対して、NTFSでは理論上、16TBまでの利用が可となった。

その他の特徴として、新しいデバイスを積極的に活用しようとしなかった(=最新のデバイスが使えない)というのがある。つまり、どのOSよりも信頼性と安定性に優れているということである。最新の周辺機器はいろいろ不具合が多いことが多く、また企業でもあまり必要としないことが多い。ならばそのサポートを切ってしまおうと安定性を優先した結果、企業に大量に導入されることとなった。

だが、NTは既にサポートが終了している。いくら安定性に優れてていてもこれでは未知の脆弱性に対して防備だ。
サポートが終了したOSを外部ネットワークに接続して使用することは危険なので、単独での運用ではない場合は早急アップグレーをお勧めする。
それ以前に、現行のハードウェアではインストールすら不可能である。 

なお、NTにはいろいろバージョンが存在する。最初のバージョンは3.1で、最後のバージョンは4.0 SP6a。
Windows 2000は、当初NT 5.0として開発が進められたが、Beta3より現在の名称に変更された。ただしNTからの生であることを示すため、"Built on NT Technology"という表記がパッケージタイトル画面に付けられた。

また、XP以後のWindowsでは、内部バージョンとしてNTバージョンを引き継いでいる。Windows 8.1の内部バージョンは「NT 6.3」 となる(Windows 10ではNTバージョンも統一されてNT 10となっている)。


各バージョン



NT 3.1(1993年)


もともとはIBMと共同で開発していたOS/2バージョン3にあたる。
IBMとの確執によってWindows NTに名称変更、ヒットしていたWindows 3.1あやかって、バージョンも3.1とした。

インタフェースはWindows 3.xで採用されたプログラムマネージャを中心とするものとなった。

しかし、一般的なパソコンメモリー容量が4~8MBだった時代に、32MBえる容量を要し、さらにはCPUも高いものを要したため、対応できるパソコンワークステーションは少なく、普及には至らなかった。

NT 3.1ではx86版の他に、DEC Alpha版、MIPS版も発売された。


NT 3.5(1994年)


するメモリ容量を16MBまで引き下げ、システム全体のオーバーヘッドを抑えることでCPUなどの要を引き下げることで、ハイエンドパソコンでも十分動作するものになった。
また、FAT16でフォーマットされたHDDでもロングファイルネームが利用できるようになった。 

このバージョンから、クライアント向けのWorkStationと、サーバー向けのServerという2種類のエディションに分けられた。


NT 3.51(1995年)


Windows 95の発売により、一部のAPIの互換性を保つよう良された。
また、新たにPowerPC版も発売された。


NT 4.0(1996年) 


インターフェースとして、Windows 95同様のExplorerを採用した。これによってWindows 95並みの操作性を手にする(IE4.0以降のインストールにより、Active Desktopへと拡)。
また、グラフィックを向上させて体感速度の向上を図る一方、一部のセキュリティが脆弱になってしまった(これが是正されるのはWindows Vistaになってから)。

Windows 95との互換性が高められているものの、DirectXを使うアプリケーションとの互換性は低く、プラグアンド・プレイも対応しない。
それでもWindows 95の不安定な動作に辟易したパワーユーザーが、安定したNT 4.0に乗り換える事も少なくはなかった。 


使用不可能なデバイス・機能


その他これ以降に規格化された全てのデバイス・機が使用不可。


関連動画



■sm7174241[ニコ動]

■sm6147056[ニコ動]
■sm992803[ニコ動]
■sm2085510[ニコ動]


関連商品


■az1572313447
■az0789709902
■az0789711915
■az1572313439


関連コミュニティ


■co1100


関連項目



最終更新日: 18/01/18 22:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ