ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


x86


ヨミ: エックスハチロク
掲示板をミル!
8カキコ!

x86とは、Intelの開発したCPU、およびその他の互換CPU集合である。


概要


まず、一番最初のCPU8086である(1978年)。このCPUは1MBメモリを扱うことができた(いわゆる640KBの壁はこの1MBのうち上位384KBがグラフィックなどに利用されたから発生したもの)。80186(1982年)は8086に毛が生えた程度のものだったが、80286(1982年)では保護モード(要するになんかおかしなアクセスをしたらプロセッサが例外を出してプログラムの実行を阻止する)が導入された。とはいえまだ16ビット。32ビットになったのは80386(Intel386)(1985年)からである。しばしばi386という単が出てくるが、これはこのIntel 386から来ている。のちにIA-32と呼ばれる命体系の始まりである。そして、80486(Intel486)ではFPU(要するに小数の計算をする部分)が統合されたラインナップが出てきた。その後はPentium系が出てきて、その後も命が拡されていく。

ここまでの話を聞いていればわかると思うが、要するにx86の「86」というのはこの末尾の数字2桁のことである。ちなみにいうと、このx86を継承した64ビットCPUのことは「x86-64」とか「x64」とかいうのだが、このうち前者はx86の64ビット拡であることが一でわかる呼び方となっている。ただし、この64ビット拡を最初に考えたのはIntelではなくAMDである。


特徴


今回は32ビット時代の話に絞ることにする。また、FPUSIMDの話は省略することにする。

見ればわかる通り、レジスタの数が少ない。また、命長がバラバラなので命の解釈が少し大変である。何より「片方のオペランドは更新される」というのがプログラム上では厄介である。


生き残りの歴史


CPUアーキテクチャとして非常に古い特徴をそなえるx86は昔からダサい、ダサいと言われていて、新しいアーキテクチャが出るたびにとかくネタにされてきた。もちろんIntelとしてもこの状況をよしとしておらず、何度か新しいアーキテクチャへの刷新を試みている。というより、そもそも初代8086からし8ビット8080となるべく互換性が取れるように設計されたCPUであり、Intel的にも本命が完成するまでのつなぎのつもりで開発したものだった。

ところがIntelによる「x86キラー」は何故かことごとく開発失敗してしまう。

まず本来8080の次になるはずだったiAPX 432は大赤字を出して80286敗。そこそこの新機軸を持った80286が「単に高速な8086」として生き残る。

世間でRISCが流行り始めた際には、危機感を覚えたIntelもRISC系をいくつか開発しハイエンドを取りに行くのだがうまくいかず、製品ラインとして生き残っていない。

64ビット化はアーキテクチャ刷新の大チャンスであり、IA-64としてItaniumを投入するが、こちらもx86互換の性が悪かったことから乗り換えには失敗。挙げ句AMD導したx6464ビット時代の後継を持っていかれるという体たらくである。

こうして後継の開発には失敗したx86であるが、なんだかんだ言ってライバルアーキテクチャ駆逐している辺り、アーキテクチャの互換性が如何に大事かを知らしめている。x86はCPU界のシーラカンス的特徴を備えながら、Intel力技創意工夫によって今日を生き残っているのだ。


関連動画



■sm8618867[ニコ動]


関連商品


■az0133678970


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 14/02/15 12:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ