ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ZAT


ヨミ: ザット
掲示板をミル!
4カキコ!

ちゃんと命だけ持って帰って逃げるんだぞ

ZATとは、「ウルトラマンタロウ」に登場する防衛組織である。


概要はざっとこんなもんです


「Zariba-of-All-Terrestrial」の頭文字をとった名称である。「Zariba」とは東アフリカでみられる防護柵の事であり、「All-terestrial」は地上すべて≒地球という意味で「地球の防護柵」という意味になる。

本部はニューヨーク国連本部内にあり、世界各地に支部を置いている。

光太郎の所属する極東支部に限定していえば、かなりフリーダムな組織である。第二期ウルトラシリーズの防衛組織はMATTACMACが内部の対立やらなんやらで殺伐としている場面があったのに対して、そうした描写はあまり見られず、上司と部下が互いの身分をえて冗談を言い合う描写もあり、非常にアットホームな職場である。口の悪い人間はふざけあってると言うが、こうした冗談を言えるぐらいに組織内部には余裕があり、また各々の信頼関係が強固であることの左でもある。また職務に対しても多分にぶっ飛んだ(と思ってしまう)作戦は多いが、彼ら一人一人のは卓越しており、またウルトラマンタロウとも強い信頼関係を持っているために成功する率も高く、職務に対する姿勢も他の組織と何ら変わるところはない。

またTACと同じぐらいに「脱出!」が多いのが特徴であるが、これは隊員の命を第一に考えているからこその行動と推測される。それはこの記事冒頭の荒垣のセリフにも表れており、また怪獣との対峙も侵略の意思や悪意がないものに対しては出来うる範囲でその命を尊重する傾向が強い。

また一般市民からの認知度は高く、また交流の場を持つなどの根での活動も着実に行われている。また南原結婚を決意、そしてすぐさま結婚式をできるレベルの手厚い給与、あるいは福利厚生が用意されてると思われ、ZATの隊員ともなれば友人が鼻高々となるあたり、社会的な地位は高いとされている。

こうしたことからファンの間では理想の職場というも多い。北斗タロウはいいよなぁ」

極東支部は千代田区霞が関1丁1番1号にあり、現実におけるこの場所は皇居の南、日公園の西、検察庁や法務省東京庭裁判所のある地域になる。細長いシャフトのようなものの上に円盤のような基地があり、緊急時はこの部分が飛行することができる。


極東支部隊員


朝比奈隊長以下7名程度の少人数精鋭義であり、この他、通信担当など直接戦闘に参加しないメンバーを含めれば相当な数がいると思われる。なお、初期のメンバーのうち、隊長、副隊長森山以外は名字が東西南北でそろっている。

なお半年に1度は体テストの審があり、現場の隊員が対になっている。怪獣と直接対峙する仕事柄、体が資本というごくごく合理的な理由であるが、副隊長隊長といった管理職についてはメインなので免除となっている。

一部人物にスラッシュが入り、ウルトラ兄弟の名前が入っているのは3435話でウルトラ兄弟がその体を借りた際のものである。


関連人物


ZATの隊員ではないが、関連する人物を紹介する


メカニック


奇抜を絵にかいたようなものであるが、中身も相当ぶっ飛んでいる(特にスカイエール)


制服・武器


武器についてはだったもの、いは有名なものを上げてみた。


次へ»
最終更新日: 19/03/23 16:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ