ユリアン・ミンツについて語るスレ


1ななしのよっしん :2015/05/26(火) 12:13:23 ID: TZjD50V1iO
ついにユリアンの記事も出来たか…。

2ななしのよっしん :2015/05/27(水) 01:09:32 ID: 3SktenIR55
ヤン・ウェンリーが「ユリアンラインハルトのもとで元帥を務めることもできる」みたいに評してたよね。

3ななしのよっしん :2015/05/28(木) 14:51:13 ID: 4p9Jt7TVvQ
ほんまにシャルロットとくっつく物語もあったら…

うん、理ですなさすがに…

4ななしのよっしん :2015/05/30(土) 18:23:19 ID: feyQNMT40p
ユリアンバーミリオンの回戦において、ラインハルトの狙いを看破したことで、ヤンは素行動できた。ユリアンがいない場合、着状態のままで終わってしまっていたかもしれない。

5 ななしのよっしん :2015/06/01(月) 16:01:24 ID: zoHWH3xI+V
>>2
ヤンは人を見るもあるし判断も優れてるけど
そういうところは話半分に聞いておいたほうがいいというか、なんか信用できんw

6ななしのよっしん :2015/06/05(金) 01:01:02 ID: PDr18aWs/9
劇中ではキルヒアイスと同じ役割をしている。ただ、は向こうの方が上だけど。

7ななしのよっしん :2015/06/05(金) 13:41:08 ID: 1YluDYzK2G
キルヒアイスと同じ役割だったらさっさと死んで「理想化された相棒」にならなきゃいけなくなるような

8ななしのよっしん :2015/06/05(金) 19:03:38 ID: HMRRfLhf2I
ユリアンラインハルトに対抗できるまで成長する話にするなら本編が倍になるからやめたという話があったような
キルヒアイスは失敗する前に退場しちゃったから完璧超人に見えるよね。一応ラインハルトには及ばないような描写もあるけど

9ななしのよっしん :2015/06/07(日) 16:26:47 ID: 4p9Jt7TVvQ
キルヒアイスの場合、艦隊指揮官としては難局に当たらなかったのもそこら辺の印を補強してる気はする
苦しい場面を経験する前に退場しちゃったもんな

VSマクシミリアン(含む) 問題外
VSホーウッド 兵四倍で圧倒的有利
VSヤン 強敵だが上と同じで圧倒的有利
VSリッテンハイム 数こそあっちが有利だが指揮官カス

10ななしのよっしん :2015/06/13(土) 15:57:42 ID: pDqiU9jU7F
二人分食うような事はかったが、
二人(以上)分の面倒は見れる子だった。

何処かでキャゼルヌは、父親の事を知ってる
というのを読んだ気がするが・・・何処だか思い出せない・・・
何方かおぼえてないかな??
外伝”螺旋迷宮”の最初の方でアッシュビー提督忙殺疑惑についての資料持ってきた”ミンツ大尉”はおそらく父親なんだろうとは思うけど。

11ななしのよっしん :2015/06/14(日) 11:25:12 ID: 4p9Jt7TVvQ
それこそその部分じゃなかったっけ?
元部下なら庭事情の話くらい聞いててもおかしくないし

後はイゼルローン日記ユリアンが「トラバース法で孤児引き取る対者は既婚の軍人なのになんで独身のヤン提督んとこに自分がいくことになったんやろ」みたいに疑問に思ってる場面がちょっとあった気がする

12ななしのよっしん :2015/07/03(金) 12:55:55 ID: wKOkl1P6F0
自分はOVAから入った口だけど、原作だとユリアンはすごく重要なポジションなんだよというのは割と出ているけどOVA序盤だと、普通少年としての面が押し出されてて、ソコまで重要なキャラクターのようには(意図的に)見せてないんだよな。

まぁ一期EDとかで、何で最後がラインハルトユリアン?と疑問に思ったりもしたんだけど。

先人たちよりも年若く、才に置いてもその筋のトップからは一歩後れを取っていても、それでも帝国と和を結び(恐らく)ハイネセンの内政自治権を勝ち取れたのは先人たちから多くを学んできた賜物だと思う。(ブリュンヒルデに特攻しかけてラインハルトに直談判はヤンには理だw)

13Elsbridge :2015/07/05(日) 22:06:29 ID: 0J7F49boYL
>何処かでキャゼルヌは、父親の事を知ってる
>というのを読んだ気がするが・・・何処だか思い出せない・・・
>何方かおぼえてないかな??

それ、原かつみさんのコミック版ですね。『英雄たちの肖像』の文庫版1巻か2巻のどちらかの巻末におまけのお話で収録されている中でありました。確か、ユリアンがなぜ、ヤンの養子になったのか、という内容のなかでありました。

14ななしのよっしん :2015/07/18(土) 03:22:17 ID: k/YrtpGPS4
なにげに昇進速度ではキルヒアイスよりいよね
 

15ななしのよっしん :2015/08/03(月) 19:38:08 ID: d5l3pLtEtd
劇中の役割は4期edで描かれているね。
先人たちから受け取ったものを次世代へと繋げていくのが、ユリアンの担った役

16ななしのよっしん :2015/08/30(日) 12:09:35 ID: cQ2zM5MM1f
なんつーか、ユリアンだからこそ最後にバーラト系だけ自治区にするという、犠牲者が最も少ないと思われる解決策を選べたんだろうと思う。
もし、ユリアン項羽のように「があいつに取って代わってやる」というような人間だったらどうなったことか

17ななしのよっしん :2015/09/11(金) 11:31:49 ID: Banj2TmeZl
>>16

いい意味で悪い意味でも「良い子」だからな。
するヤンの「役に立ちたい」、自分が理由でヤンに「恥や迷惑はかけたくない」が合わさって、
ヤンの意思と理想を忠実に遂行する「代行者」である事に終始務めたんだと思う。

周りが良き理解者と、惜しみなく支えてくれる先達者に恵まれていたから良かったが、
もし、居なかったら、物凄い勢いで狂信者化してた気がするわ。

18ななしのよっしん :2015/10/07(水) 16:31:08 ID: kmMWi0rI+T
>>17
実際ヤンの敵討ちモードになったユリアンはかなり暴走気味だからな
「こいつらは殺されるだけのことをしたんだ!」→「もうも生きてませんよ」
「勘違いしないでほしいな……ヤン・ウェンリーだからだ」→問答用で射殺。

危うい部分とかヤンに依存してた部分とかもあったけど、なんとか成長してそこそこ成果を残せたってあたり、けっこう好きなキャラ

19 ななしのよっしん :2015/10/13(火) 11:32:28 ID: zoHWH3xI+V
>>16
ヤンが毎度毎度嫌と言うほど「いかにして独裁者が現れるのかとその危険性」を説いてきたから
自分がヤンの威を利用しようなんてそれこそヤンへの背信行為だろう

20ななしのよっしん :2015/10/24(土) 08:54:35 ID: 51oPiGJf7d
巨人高橋由伸の現状を見てユリアンを連想してしまった。親父関連で言うとヤンに近いけど。

21ななしのよっしん :2015/10/29(木) 22:19:53 ID: fpJJFs9Cez
原作終了時点だと、ユリアンってすごい世界が狭いんじゃないか?

学校仲間・不正規隊・帝国の、前線の高級士官。
この三者しか知らない。
不正規隊と帝国のお偉いはある意味同じ、誇り高く実義で爽やか、絶対に信頼できる。

人間が複雑なものだ、と知る機会はなかったんじゃないだろうか…

22ななしのよっしん :2015/11/02(月) 18:04:11 ID: AC6VpnMGH1
フェザーンの同盟側弁務官・駐在武官「せやな
騎士団「そらせやろ」
地球地球教信者「うんうん」
エルファシル首「わかる」

まあ大事な所で人に恵まれてるのは分かる
ヤンを養に持ったことは不運だったかもしれないがw
キャゼルヌ、ヤン艦隊のメンバー、コーネフ一同、ワーレンミュラーとここぞという時には恵まれてるな

23ななしのよっしん :2015/11/21(土) 19:45:01 ID: fpJJFs9Cez
ヤンは、フェザーン駐留は「経験積んで来い(意訳)」だったのに、肝心の人間としての経験はできずじまいで勲章だけ取ってきた。
地球教も、宗教に頼る人の弱さに触れるどころかただの麻薬だった。

ヤンは「経験を積んで視野の広い人になってほしい」と望んでるのに、ユリアンはひたすら手柄を稼いでばかり。

22の言うように、行き先がとことんどうしようもない人間ばかりで学びようもないんだよなあ。

24ななしのよっしん :2015/12/11(金) 19:31:43 ID: e4cG/NgEX3
>>9
VSホーウッド 兵四倍で圧倒的有利

ヤンと当たった時は緒戦じゃなく第二戦だから、
緒戦で各艦隊を退けた後帝国数艦隊が集結した兵だったと解釈するのが妥当じゃないかな。
帝国領侵攻作戦を迎撃したラインハルト軍の兵は、
敵同盟軍の7割ていどだったのだ。」っていう原作記述からしても。
(= ホーウッドとは1艦隊で戦っていた)
集まった艦隊は、想像するなら、ワーレンルッツ

>>21
アニメでも、原作外伝2巻読んでも、ヤンに嫌がらせや面倒かける
トリューニヒトとか色んなトラブル、イゼルローン内部ですら
不満や不安をぶつけてくる連中を見たり直接出くわしてはいるよ

25ななしのよっしん :2015/12/15(火) 20:54:56 ID: 4p9Jt7TVvQ
デグスビィマリネスクボリス・コーネフはよい意味で世界を広げてくれたと思うし
ヴィオラやヘンスローなんかも「こんなもいるんだ」って勉強になったって意味では出会ってよかったんじゃないだろうか

ただいつだかヤンが心配したように同世代の人間との縁にはほとんど恵まれなかったけれども

26ななしのよっしん :2015/12/25(金) 02:54:49 ID: BcueXIlYO0
トラバース法という名前に猛虎魂を感じたあの頃

27 ななしのよっしん :2015/12/25(金) 17:47:59 ID: zoHWH3xI+V
すごくい段階で軍属になるって決めてたから、言われてるとおり同世代的な経験に乏しいのは事実だけど
あの世界の同世代のほとんどが経験し得ない経験ばかり詰んで来て
知ってる世界が狭い」とは口が裂けても言えんと思うがな・・・
ヤン・ウェンリー的思考を基準としてしまう視野の狭さというのならわからなくもないが

28ななしのよっしん :2015/12/29(火) 11:50:25 ID: 44Wqxdzn4w
先日SWのep4見てて思ったんだけど、ユリアンってep4時代のルーク・スカイウォーカーに似て見えたんだよね。

……ミンツ大尉、どっかで生きてないかな。い装甲着た全身サイボーグか何かになってて。

29ななしのよっしん :2016/01/07(木) 21:24:58 ID: ZgSlbla/a5
あの世界の同世代のほとんどが経験し得ない経験ばかり積んできた」からこそ知ってる世界が狭いんじゃないかと。

一般的な同世代の経験ではなく、本来経験し得ない経験を基準に置いてしまうのだから。

30ななしのよっしん :2016/01/08(金) 10:27:28 ID: 44Wqxdzn4w
>>29
言わんとするところはわかる気がするし納得もできるけど、それを言うなら世界が狭いというより同世代や世間と常識がズレてる、ってことなんじゃないかな。

そういやユリアンって、中学卒業して軍属でイゼルローンに来てから、確か通学しないで通信教育だったんだよなあ。
そうなると、上官/部下や仲間というのと別の、同好の友人ってのは少なくなってそう。フライングボール部の同窓会やるよーってなっても呼びにくいだろうし。

#


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ